« May 2006 | Main | July 2006 »

June 29, 2006

200km

本当に久しぶりに月間200kmを越えました。

SDのHPに2003年からの月間走行距離をメモしているのですが、200kmを越えたのは03年の9月以来、2度め。

私にとってはなかなか達成できない距離なので、ホント嬉しいです。

JogNoteを始めて、いろいろな人と励ましあえるようになったのも大きかった。
沢山の人が雨でも走っていたり、早朝に起きて走っていたり、いろいろなランニングライフが垣間見えて、本当に楽しい。

少しずつ、小雨なら走っちゃおうとか、1日2回走っちゃおうとか、そいういう前向きな気持ちが積み重なっての200kmだったと思います。

それにしても、これだけ日々走っていると、毎日の体調の良し悪しが手に取るようにわかります。
本当に自分の身体とは仲良くなっていると思う。

それから気温や湿度にもとても敏感になりますね。


Photo

道端の草や花にも目を奪われます。

この間、雨の日に走った時に撮った紫陽花です。
紫陽花の見ごろは7月上旬までかな。


去年の9月、足の小指にヒビが入ってまるまる1ヶ月走れないことがあったのですが、こうしてまた走れるようになって本当によかった。

とりあえず、大きな故障もなく走れたことに感謝。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 22, 2006

距離に対する恐怖心

東京マラソンは、初日に6000人を超えるエントリーがあったらしい。
これはもしかして、W杯のチケットを手にするぐらいの倍率になったりして。
そんなことはないと思うけれど、早くも諦めムードになってきた。
当たらなかった時にモチベーションが下がらないように、他の大会も考えておかなくっちゃ。

私は2002年に一度だけホノルルを走ったきり、フルを走っていない。
走っていないというより、走れなくなっていると言った方がいいかも。

02年は走り始めてからまだ1年足らずだったので、途中で足が痙攣したり、疲労で走れなくなったりして5時間半以上かかってゴールをした。
結局足を痛めて、その後1ヶ月ぐらいは走れなかったり、故障しがちになったのも精神的に痛かった。

あれから早3年半。
もちろんゴールした時の感動は大きくて、すぐにでももう一度走りたいと思っていたのだけど。

どうしても距離に対する恐怖心が克服できずに、今日まで来てしまった感じ。
やっぱり、フルを走るとなるとそうとうの覚悟が必要で、いろいろなことを調整して、1回は30kmぐらい走っておかないと、などと考えてしまうのだ。

だから、ほいっと走れてしまう人が本当にうらやましい。
そこまで慎重にならなくても、と思うのだが、やっぱり性格なんだから仕方ない。

でも、徐々に長距離も克服できるようになってきて、今では20kmなら気負わずに走れるようになった。
これを25km、30kmと伸ばしていって、35kmぐらいまで走れる自信がつけば、もっと気軽にフルマラソンを走る気になるのかもしれない。

ということで、次のレースは7月末の釧路湿原マラソン30km。
この距離、ちょっとビビります~。
今のうちにせっせと走っておかなくちゃ。

なぜ釧路くんだりまで遠征するのかについては、また今度。^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 19, 2006

東京マラソン

ついに東京マラソンの受付が始まった。
先着順でないことはわかっていたけど、善は急げということで初日にエントリーをする。

初日にエントリーなんて初めてだ。
だいたい、いつも最終日ギリギリにエントリーしているので。
一体、初日にどれぐらいのエントリーが集まったのかなぁ。
そういう情報もHPに公開してもらえるといいんだけど。

ところで、ひとつ疑問に思ったことは、エントリー料の支払が後日になるということ。
これだと、複数のメールアドレスを使ったり、親戚の住所を使ったりして二重にエントリーしてしまう人も、いないとはいえないんじゃないか。

抽選に漏れたらもちろん返金はしてもらわないと困るけど、まず最初に身銭を切らないと、努力を怠ったり不埒な考えを持つ人も出てしまうんじゃないかなぁ・・・などとつい余計なことも考えてしまう。

コンサートのチケットのように、出走権を売買したり、そういうことが起こりませんように・・・。

ま、それはともかくもうエントリーしてしまったのだから、あとはコツコツ走るのみ。
抽選に漏れたら、別の大会に出るぐらいの気持ちでがんばるか~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 16, 2006

横田駅伝

朝、6時起床。
窓の外は曇り空、天気予報でも大崩れはないと言っていた。

ということで、雨の用意は折りたたみ傘だけで家を出る。
あとでこれがとんでもないことになるとも知らずに・・・。


今回の駅伝は、3年ぐらい前から一緒に出ようという話があったのが、お互いスケジュールが合わなかったり、友達が妊娠したりして(!)ずっと延び延びになっていたイベント。

今回もメンバー4人を集めるのが大変だったけれど、なんとか無事集まってついに実現の運びとなった。
年齢を平均してみたら30代になったので、「30代女子の部」でエントリー。平均年齢を上げている私としては、なんかウレシハズカシという感じ。

メンバーのYさんは娘さんがジュニアトライアスロンに出場しているし、Tさんはご主人がセミプロのトライアスリート、そして初めて大会に出場するKちゃんもトライアスロンを趣味としているオーストラリア人の彼がいる。

おお~やっぱり、みんな体育会系だ~。


Tさん、Kちゃんとオーストラリア人の彼、そして私の4人で電車を乗り継いで牛浜の駅まで行き、ここでYさんと合流した。

実は電車に乗ってほどなく雨が降り出し、牛浜ではすでに本降りの雨になっていた。

しまった~、雨の用意をほとんどしていないよ・・・。
しかも、荷物を減らすためにランニングシューズを履いてきちゃったし。


歩くこと15分、9時ごろに横田基地に到着。
相模原デポでのレースの時は、ゲートで長蛇の列ができていたけれど、ここは待たされずにすんなり入れた。(身分証明書の提示と荷物チェックはあったけれど)

中はとても広くて、晴れていたらさぞ気持ちよかっただろう。
しかし雨をしのぐ場所がなく、みな待機所になっている体育館に殺到。
中は足の踏み場もない状態で、しかも蒸し暑い~。

A_getting_ready_4


ところがここで、Yさんがお友達を発見!
ラッキーなことに、スペースを少し貸してもらえることになった。
ありがたや~。

女子更衣室も長蛇の列になっているので、隙を見て(?)パパッと着替える。
一応、お揃いのブルーのTシャツにしてみたら、なかなかいい感じである。

ここでやっとこ走る順番を決める。
私は第3走者ということになった。アンカーはフルを3時間半で走れるTさん。

雨は止む気配もなく、スタートとなった。
ちょっと遅れて見に行くと、なんとYさんが最前列に陣取っている!(o_ _)ノ彡☆
周りはランニング・ランパンの男性陣に囲まれ、にこやかに笑っているYさん。

いや~受けたー。
本当はヒンシュクかもしれないけど、駅伝だし、許されよね。

そして、ピストルの合図よりも2秒ぐらい早く(フライングだ)、Yさんはスタートして行った。

約33分後、第2走者のKちゃんに交代。
リレーゾーンは狭く、大混乱している。
信じられないことに、次の走者がいなくてタスキを持ったまま立ち尽くすランナーが何人もいる。
私が見ていた限り、5分ぐらい待たされていた人もいたので気の毒だ。


さて次は私の番なので、ちょっとだけアップをする。
コース脇にきれいなトラックがあり、アップするのにはぴったりだ。
雨は降っているけれど、涼しくてよかったと思うことにする。

Kちゃんは25分ぐらいで戻ってきた。
まだ走歴も浅いと言っていたのに、速い!
タスキを受け取って、走り出す。なんかいつもの大会よりずっとウキウキするっ!

G_rumikosan

走者がバラけてきて、コース上はガラガラ。
5kmなので、とりあえず最初から飛ばす。
最初はコースが狭かったけれど、だんだん景色が開けてきて、外国を走っているような感覚になった。
遠くに雨に煙った滑走路が見えてきた。
それがライトアップされていて、思わず見とれる。
昔よく聴いていたユーミンの曲のイメージ。それも荒井由実の。

しかし、後から振り返るとそんな感じなのだけど、実際にはだんだん息が上がってきて、タイムもじわじわ落ちて苦しいのなんの。
最初の1kmを勢い余って4分43秒で走ってしまい(←景色が広すぎてペース感覚が狂ってしまった)、2-3kmは5分9秒に落ち、多分4kmめはもっと落ちたと思う(ラップ押し忘れ)。
最後の1kmは余力を振り絞って、アンカーのTさんにタスキを渡す。
時計を見ると、25分9秒。
一応目標は達成していたけど、9秒と言うのはちょっと悔しいなぁ。
それにじりじりタイムが落ちてしまったのもふがいない。

でも仲間に迎えられて気分は最高~。
いつもひとりで大会に出ることが多いので、仲間がいるシアワセがこみあげた。

Tさんは22分ほどで戻ってきて、無事ゴール\(^o^)/


4人とも全身ずぶ濡れ、しかもシューズの中も水がちゃぽちゃぽ状態。
雨はますます強くなり、慌てて非難した体育館の中はますます湿気と熱気で不快指数200%という感じだった。

私は替えの靴下もシューズも持ってきてなくて、このまま帰るハメに・・・。(T▽T;)
やっぱり、シューズは履いてくるべきではありません。
着てきた服も濡れてしまったので、参加賞の赤いTシャツを着て帰ることにした。


終わってからは当然打上げ!
まずは基地内で売っていたハンバーガーを食べ(激ウマ!)、友達はお土産にケーキを買っていた。(半額になっていたよ~)

そこから拝島までまたまた濡れながら歩き、ネパールキッチンと言うレストランでナン&カレーを食べながらずーっとおしゃべり。
雨なのにこんなに楽しいんだから、きっと晴れていたら最高だっただろうなぁ~。

横田基地は相模原デポに比べて景色も良く、米軍さんたちもとてもフレンドリーですっかり気に入ってしまった。
こんな広々としたところで毎日走れたらさぞ気持ちいいだろう。

後日、結果を見たら我がチームは25チーム中12位でありました。
タイムは1時間44分35秒。
タスキの中にチップが入っていたので、個人別のタイムはナシ。

ちなみにこのタイムでOver40'sになると12チーム中9位に落ちちゃう。
やっぱり女性は年を取るごとに強くなるのが証明されましたね。^^;

| | Comments (13) | TrackBack (0)

June 09, 2006

初めての駅伝

6月に入ってからはなぜか雨に降られず、1日休んだだけで毎日せっせと走れた。

JOG NOTEを始めたのが意外にもモチベーションアップになっていて、毎日棒グラフを眺めて「ふふ」なんてほくそえんだりして。
まるで日々、貯金がたまっていくみたい。

だけど、いよいよ明日は1日雨マークで、梅雨入りは必至といったところ。
週末はレースだし、明日は休もうかと思っていたので、天のお恵みかな。

今度のレースは初めての駅伝で、女性4人でチームを作った。
ひとり5kmずつ走る。
駅伝も初めてなら、5kmという短いレースも初めて。

一体何分で走れるかわからないけれど、25分台を目標にした。
何年かかるかわからないけど、10km50分切りたいという「夢」があるので、できれば25分を切りたいけれど、今の私にはまだムリだろうな。
酸欠で金魚のように口パクパクになりそうだ。

それより、いつもひとりで走っているので、4人でたすきを繋ぐということがとても楽しみ。
私が一番年上で他のみんなは若いから、4人の年齢の平均が30代になり、「30代女子の部」で出場ということになった。
なんか照れるね~。

いろいろ楽しみが多いんだけど、参加案内のハガキを見たらアルコールの持ち込みは禁止で、販売もないんだって。
なーんだ、ゴールしたらビールで乾杯しようと思っていたのに~。
相模原デポはアルコールばんばん売ってたのにね。
こうなったら、外に出て乾杯するしかないか。

今のところ、お天気は大丈夫そう。
でも、あまり暑くなりませんように。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 02, 2006

水無月

今日から6月。

6月になったらJOG NOTEに日々の記録をつけることにしていたので、1日になるのがちょっと待ち遠しかった。

なんとなく1日から始めたいというのは、やっぱりA型だからなのかな?
さっそくコメントを頂いて、やる気がアップする。

もうすぐ梅雨入りするんだろうけど、今日は爽やかな青空。
5月は雨ばかりだったので、なんとなく梅雨明けを連想してしまう。
でも、これからが本格的に雨が降って、しかも蒸し暑くなるんだから、いやだな~。

雨ばかり降るのに6月が水無月とはこれいかに・・・。


ところで、今日は走り始めから右足首と足底が痛かった。
2kmぐらい走ったところで徐々に痛みは引いてきたけれど、走っていてどこかが痛いというのは久しぶりなので、ちょっと心配。

走り終わってからアイシングをして、念のため湿布をしておいた。

11日が駅伝なので、あまり無理をしないようにしよう。
走れなくなると、他の3人に迷惑がかかってしまうので。

5月は私にしては多い157kmを走ったので、いろいろガタが来ているのかもしれない。
150km程度で故障するなんて情けないけど、その辺は自分の身体と折り合いをつけながら、故障しないように走らなくてはと思う。

しばらく体調不良で休んでいたダンナも、昨日ようやくお医者さんからOKをもらって、トレーニングを再開した。
次は自転車のレースに出るというので、一緒に走るのはしばらく先かな。

これでやっと私も気兼ねなく走りにいける。(笑)
やっぱり、運動できなくなるのが一番ストレスなんだよね。
悶々としているダンナを見て、つくづく思った。

明日はゆっくり走ってみよう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »