« 横田駅伝 | Main | 距離に対する恐怖心 »

June 19, 2006

東京マラソン

ついに東京マラソンの受付が始まった。
先着順でないことはわかっていたけど、善は急げということで初日にエントリーをする。

初日にエントリーなんて初めてだ。
だいたい、いつも最終日ギリギリにエントリーしているので。
一体、初日にどれぐらいのエントリーが集まったのかなぁ。
そういう情報もHPに公開してもらえるといいんだけど。

ところで、ひとつ疑問に思ったことは、エントリー料の支払が後日になるということ。
これだと、複数のメールアドレスを使ったり、親戚の住所を使ったりして二重にエントリーしてしまう人も、いないとはいえないんじゃないか。

抽選に漏れたらもちろん返金はしてもらわないと困るけど、まず最初に身銭を切らないと、努力を怠ったり不埒な考えを持つ人も出てしまうんじゃないかなぁ・・・などとつい余計なことも考えてしまう。

コンサートのチケットのように、出走権を売買したり、そういうことが起こりませんように・・・。

ま、それはともかくもうエントリーしてしまったのだから、あとはコツコツ走るのみ。
抽選に漏れたら、別の大会に出るぐらいの気持ちでがんばるか~。

|

« 横田駅伝 | Main | 距離に対する恐怖心 »

Comments

東京マラソンのお陰で今日の午前中の力を吸い取られてしまった京丸です。脱力~。

NYCマラソンでは、エントリ時に徴収されたのです。9ドル、当選しても落選しても返金なし。この9ドルを高いという人もいたけれど、私は3月に申し込んで抽選の5月までモチベーションを高められたから高くないと思いました。で、抽選に当たったら否応なくエントリフィーがカード決済される仕組み。二重で申し込んだりしたら本人の負担が増えるだけなのです。こちらの方が合理的ですよね。

東京マラソンでは、多重申込する人もいるかもしれないし(名前が同じだとはねられるけど)、当選しても出走しない(お金を払わない)人もいるかもしれない。3万人と思って蓋を開けてみたら少なかったということもありえますよね。

と、今はちょっと不満があるですが、私もどうやらエントリされているみたいなので(笑)、目標に向かって頑張ります。大会で会えるといいですね!

Posted by: 京丸 | June 19, 2006 at 11:55

無事受け付けされていたんですね。
よかったよかった。

そうですか、NYCマラソンは9ドルという『手付金』が必要なんですね。
最初、9ドルがエントリーフィーなのかと思いました。安!って。^^;

東京マラソンは何から何まで初めてのことだから、いろいろ想像もつかない混乱が起こりそう。
でも歴史に残る大会には違いないから、本当に走れたらいいなと思ってます。

東京で会いましょうね~(^^)。

Posted by: プラム | June 19, 2006 at 13:12

イノです。おはようございます!
リンク・・・もちろんお願いします。
私の方も近いうちにリンク貼らせていただきます(そんなに難しいわけでもないのにのんびり屋なので少し遅くなるかも~ぉ)。

ここ数ヶ月、なぜかやる気がおこらなくてダメダメちゃんの私。
走るのも本当は嫌だし(笑)、お菓子作りもしたい気持ちはあるけれど、ちょっと面倒だったり(前は毎日2~3種類作っていたのに。お菓子のカテゴリーをご覧いただければわかりますよ)。
夕べやっとチーズケーキを焼きました(始めるのが遅くて焼き上がりを待つために夜更かし・・・笑)。
うまくできたかどうかは微妙・・・。
続けて作っている時はまあまあの出来なんだけどね。
レシピは少しだけ楽天の方のブログに載せているので、よかったらそちらも見て下さいね☆

Posted by: yuck_heart | June 21, 2006 at 06:21

イノさん、ようこそいらっしゃいました。
リンク、さっそく張らせていただきます♪

毎日2~3種類もお菓子を作れるなんてすごいなぁ。
食べるお手伝いならできるんですが。^^;
私もテキパキといろいろなことをこなせる方ではないので、お菓子もかなり気合を入れないと作りません。

レーズン入りのパウンドケーキが食べたくて、材料は買ってあるんですけど、なかなか取り掛かれなくて。
週末にでも作りたいなぁ。

Posted by: プラム | June 21, 2006 at 14:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41644/10591029

Listed below are links to weblogs that reference 東京マラソン:

« 横田駅伝 | Main | 距離に対する恐怖心 »