« 東京マラソン | Main | 200km »

June 22, 2006

距離に対する恐怖心

東京マラソンは、初日に6000人を超えるエントリーがあったらしい。
これはもしかして、W杯のチケットを手にするぐらいの倍率になったりして。
そんなことはないと思うけれど、早くも諦めムードになってきた。
当たらなかった時にモチベーションが下がらないように、他の大会も考えておかなくっちゃ。

私は2002年に一度だけホノルルを走ったきり、フルを走っていない。
走っていないというより、走れなくなっていると言った方がいいかも。

02年は走り始めてからまだ1年足らずだったので、途中で足が痙攣したり、疲労で走れなくなったりして5時間半以上かかってゴールをした。
結局足を痛めて、その後1ヶ月ぐらいは走れなかったり、故障しがちになったのも精神的に痛かった。

あれから早3年半。
もちろんゴールした時の感動は大きくて、すぐにでももう一度走りたいと思っていたのだけど。

どうしても距離に対する恐怖心が克服できずに、今日まで来てしまった感じ。
やっぱり、フルを走るとなるとそうとうの覚悟が必要で、いろいろなことを調整して、1回は30kmぐらい走っておかないと、などと考えてしまうのだ。

だから、ほいっと走れてしまう人が本当にうらやましい。
そこまで慎重にならなくても、と思うのだが、やっぱり性格なんだから仕方ない。

でも、徐々に長距離も克服できるようになってきて、今では20kmなら気負わずに走れるようになった。
これを25km、30kmと伸ばしていって、35kmぐらいまで走れる自信がつけば、もっと気軽にフルマラソンを走る気になるのかもしれない。

ということで、次のレースは7月末の釧路湿原マラソン30km。
この距離、ちょっとビビります~。
今のうちにせっせと走っておかなくちゃ。

なぜ釧路くんだりまで遠征するのかについては、また今度。^^;

|

« 東京マラソン | Main | 200km »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 距離に対する恐怖心:

« 東京マラソン | Main | 200km »