« 3時間走 | Main | 素足にサンダル »

July 22, 2006

釧路へ

Photo_5

釧路湿原マラソンの参加案内が届きました。

大きな封筒で来たので、何が入っているのかと思ったら、釧路の観光案内と市場のパンフレットが同封されていました。
道外参加者だけへのサービスなのかな? それとも全員に送っているのかなぁ。

このマラソン大会に出ようと思ったのは、ひとりになる時間が欲しかったからでした。

2ヶ月ぐらい前だったか、なんだか毎日同じことの繰り返しに疲れてしまったのと、家事と仕事に忙殺されてつくづくすべてを投げ出したくなってしまって、どこか遠くに行きたいと思ってランナーズをひたすらめくったのです。

さすがに海外には行けないから、1泊2日で行ける所、飛行機のマイルを使って行きたいので、空港からのアクセスの良いところ、どうせならハーフ以上の距離で・・・という条件で当てはまったのが、「釧路湿原マラソン」でした。

30kmという距離もちょっとチャレンジングだし、この時期に涼しいところを走れるのも魅力的だし、しかも走るのは雄大な自然の中。
さっそくまずはホテルを確保し、マイレージで航空券が取れたらレースに申し込もう、と思って問い合わせたところ、航空券もすんなりOK。
レースのエントリーまで、すべてネットであっという間に済ませてしまいました。(便利な世の中!)

ダンナには事後報告。<(; ^ ー^)
こういうことにはわりと理解があるので(というより、ダンナもかなり好き勝手やっているので)、私の釧路行きはめでたく確定したのでした。

さすがに「現実逃避したいから」とは言えなかったけどね。
今はあの頃より切実にそう感じるわけではないのだけど、その分リラックスして楽しんでこれそうです。

オットとコドモにはちょっと悪いと思うけれど、1泊2日のつかの間の息抜きをしてきます。
きっと元気になって帰ってくるから、たまにはお父さんと仲良く一晩過ごして欲しいな。

もともと、ひとりで行動することが好きだったので、久しぶりのひとり旅はすごくワクワクします。
よく「寂しくない?」って聞かれるんだけど、いつの間にかひとりの時間を持つことがとても難しくなってしまったので、寂しいどころか私にとってはとても贅沢なことなのです。

行き帰りの飛行機の中で、ホテルの部屋で、そして湿原を走りながら自分は何を思うんだろう?

それが今からとても楽しみです。

|

« 3時間走 | Main | 素足にサンダル »

Comments

私も、友だちと騒ぐのも好きだけど、一人きりになるのも好きです。だからお互いに知らない道をjogで探索しようとしちゃうのかもしれないね。束の間の独身貴族、楽しんできてね。
そっか~、その手もありだよねって思った私です。(でも飛行機が苦手)

Posted by: とだひ | July 22, 2006 at 19:47

>とだひさん

走る時間はひとりになれる貴重な時間だね。
一人旅だったらダメって言われたかもしれないけど、走るって言う明確な目的があるから安心なのかもね!
飛行機は私も苦手だけど、背に腹は替えられない・・・。

Posted by: プラム | July 22, 2006 at 20:19

そっか~ぁ…エントリーしたのはそういうわけだったのね。
それにしてもすごいなぁって思う。
私は一人旅って苦手だし、ましてや知らない土地のレースにひとりで参加するなんて考えられないもの。
プラムさんってどんな方なのかなぁってますます興味津々(興味っていうのは失礼かな?)。
やっぱり来月仙台で会いたいなって思ったりします(予定があえばだけど)。
釧路ってどんな所か知らないし、レースもどんな感じなのかなぁ?
終わったらいろんなお話聞かせて下さいね。

Posted by: イノ | July 22, 2006 at 22:24

プラムさん

ひとりになれる時間って大切ですよね。妻であり、母であると同時に「プラムさん」という一人の人間ですしね。色んなことから解放されたいという気持ち、私もよくわかります。私も先日の関西出張ではひとりきりで遠くの町で過ごす時間を楽しみました。

今、調べてみたらレースは来週末なんですね。ドキドキ感も高まってきてますね、きっと。釧路遠征が実り多いものとなることを祈っています。

Posted by: 京丸 | July 23, 2006 at 14:33

>イノさん

私もイノさんに会いたいなぁ。
なんかすぐ打ち解けそう(笑)。
仙台には8月7~9日にいますが、イノさんはその頃東京かな?

私は東京に出てから何年か一人暮らしをしていたし、パリに1ヶ月ひとりで暮らしたこともあるので、ひとりでいることはわりと平気みたいです。
ただ、食事だけは味気ないのでどうしようかな~と思っているところなのです。

>京丸さん

マラソン大会というのは、本当にちょうどいい口実でした(笑)。
これならオットもコドモも納得してくれます。
これからもちょくちょくこの手で現実逃避の旅に出ちゃおうなんて思ってます。

釧路、お天気が良ければいいんですが。
楽しんできたいです。

Posted by: プラム | July 23, 2006 at 23:29

釧路まで現実逃避マラソン一人旅ですか。
なかなかいい企画ですね。
うちはまだ子どもはいないけど、ずっと家族で過ごしていたら、たまには一人になって息抜きがしたいって気持ちはわかりますよ。
ハーフでよければ、春には島根で「まつえレディースハーフマラソン」というのもありますので、ぜひ参加してみてください。
おいしいお蕎麦屋さんなら紹介しますよ(笑)。

Posted by: さいごうてるひこ | July 24, 2006 at 22:16

>さいごうさん

そのハーフマラソンは、女性オンリーの大会ですか?
レディースというからには、そうなんでしょうね。
島根というのは女性ランナーの多い地域なんでしょうか。
この辺ではそういう大会は聞かないので、すごく興味があります~。
機会があったら行きますよ、マジで。
そのときはおさちさんと応援よろしくお願いします。

Posted by: プラム | July 24, 2006 at 23:38

名前のとおり、女性のみの大会ですね(笑)。
地域性ってのは、あまり関係ないと思います。
田舎の大会の割には、結構有名な方も参加されてますよ。
私が学生のときは、確か有森裕子さんも参加されたことがあったような気がします。
↓一応こんな感じです。
http://www.city.matsue.shimane.jp/jumin/bunka/sports/h18_marason.htm
朝、バイトに行くのに寝過ごして、あわてて家を飛び出したら渋滞してて何事か?!って思ったらまつえレディースマラソンの交通規制だったという、思い出深い大会です(苦笑)。

Posted by: さいごうてるひこ | July 25, 2006 at 00:15

プラムさん、おはようございます。
jognoteへのリンクありがとうございました
私たちは団塊世代の中年ランナー夫婦です
来年はホノルルに行きたいと思っています
釧路にいらっしゃるとの事で楽しみにしています
楽走412チームで楽しく走っています
当日は競技場の2Fランニングコースに目印として幟を立てますので是非お越しください、では遠路ではありますが
気をつけておこしください。

Posted by: カッチ&トモ | July 25, 2006 at 08:56

>さいごうさん

おお、これは結構本格的な大会ですね。
写真の選手を見たらひとめで「う、これは違う」とわかりました。
やはり参加資格が陸連登録者のみとなっていたので、私のような梅ランナーには無縁の大会ですぅ^^;。
しかし「レディース」というネーミングはちょっと怖いものがありますね。(;^_^A アセアセ・・・


>カッチ&トモさん

来てくださってありがとうございます!
思い切ってリンクの依頼をさせていただきました。
大人数でのご参加、楽しそうですネ。
ちょっとでもご挨拶させていただけたら・・・と思っています。
私は5年前?ぐらいにホノルルを走りました。
ぜひご夫婦で走ってきてください!!

Posted by: プラム | July 25, 2006 at 14:38

なるほど理解できますよ
でも、「現実逃避」ではありませんよ
「自分確認」です。

私も一人旅が大好きで、学生時代には日本中ウロウロしてましたよ
仕事に忙殺されている頃も、レースを兼ねて旅をして
自分を取り戻していたものです

ただ旅をするだけでなく、旅先でレースを走るなんて
素晴らしいことです
キット 充実した旅になることでしょう

Posted by: 流星 | July 25, 2006 at 16:59

>流星さん

ああ、そうか。
「自分確認」なんですね。
そう言われると、すごくしっくりきます。
「自分を取り戻す」というのも、ぴったりです。

いろんな新しい出会いもありそうでわくわくしています。
背中を押してくださって、ありがとうございました。

Posted by: プラム | July 25, 2006 at 18:07

「まつえレディースマラソン」って、参加資格なんて女性であること以外無いと思ってたら、ハーフは陸連登録者などという資格が必要だったんですか。
よく東京国際女子マラソンとか大きな大会で、招待選手と一般参加選手っているけど、一般参加選手ってのは自分で申し込みをして自費で参加してる選手って意味だと思って誰でも参加できるもんだと思ってたんですが、ちゃんと陸連に登録してないと参加できないものなんですね。
初めて知りました。
10㎞での参加では、わざわざ島根まで行く価値無いですしね。
島根に行ったついでに参加するってのなら、ありかもしれませんが。

Posted by: さいごうてるひこ | July 26, 2006 at 22:15

>さいごうさん

そうなんです。
しかも、出場資格には過去の大会でハーフ1時間45分以内の記録を出していることとか、いろいろあると思いますよ。
結構厳しいものなのです。
でも何かの機会があったら、ぜひ10kmでも走ってみたいと思います♪

Posted by: プラム | July 27, 2006 at 10:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41644/11058444

Listed below are links to weblogs that reference 釧路へ:

« 3時間走 | Main | 素足にサンダル »