« ゆっくり走る。 | Main | 九休 »

September 10, 2006

小野路マラニック

仕事が忙しくて、精神的に追い詰められた日々が続いていましたが、今日は午前中の時間をブロックしてロングランを敢行しました。

最近、寝起きが悪くて6時過ぎに起きるのがやっとでしたが、前の日に地図を見たりいろいろコースを考えていたせいか、今朝は5時半過ぎにぱっと目が覚める。
今日は東京周辺ランニングコースガイドの15番コース、野津田公園周辺を走ることに。

自宅から走っていくと、それだけでかなりの距離になってしまうので、今日は行きはバスを利用。
すぐ近くのバス停から始発の7時のバスに乗って、終点の野津田車庫まで約20分。
最初から最後まで乗客は私一人で、完全貸切でした。(笑)

というわけで、7時20分行動開始。
まずはここから急な坂を上って、野津田公園まで上がっていく。
ここは4月に走った武相マラソンのスタート地点の陸上競技場がある。スタート前にこんなきつい坂を上がるなんて、と思った記憶があるけれど、コースもそれはそれはタフな坂道の連続で大変だった。
しかし、その時初めて多摩丘陵の美しさに魅せられたんだっけ。

ここからようやくジョグスタート。
いいお天気なんだけど、ちょっと暑過ぎる。日陰に入っても、あまり涼しくない。
なだらかな下り坂を下りて鎌倉街道を左折、のはずだったのだけど、早くも1本道を間違えて小野神社に続く道を曲がってしまう。
しばらく走ったところで気がついて、ショートカットの道を通って別所交差点へ。
ここから先は、いよいよ牧歌的な小野路の山道に入る。

もう車も人の姿さえもなくなり、ここが本当に東京都?と思うような風景。
畑にはこの辺の名産のサトイモが、大きな葉っぱを繁らせていたり、桑畑が広がっていてきっとまだ蚕を飼っている農家が残っているんだろうなと思う。

とまぁ、風景は心癒されるものがあったが、アップダウンのきついコースと、照りつける日差しに息は上がるし、汗はどんどん吹き出るし、かなり苦しい。
それに今日は体調があまりよくない気もする。

無事、恵泉女学園大学まで出たものの、今度はその先の道でまたミスコース。
浅間神社方面に出るつもりが、気がついたらまた小野路のバス通りを野津田方面に戻ってしまっている。

何度も人に聞いてみるが、イマイチよくわからない。
それっぽい農道に入ってみるも、どうも自信が持てなくて引き返してしまったり。
仕方ないので、一度野津田高校まで戻り、そこから逆に入ってみることにした。

入り口は多分間違っていなかったと思う。
ところが、しばらく行くと道が何度も分岐していて、地図にも載っていない道が現れる。
何度か適当に道を選んでいくうちに、山道がどんどん険しくなり、おまけにアブがぶんぶん飛んできて、足をたくさん刺されてしまった。

こんなところで迷ったら、ちょっとやそっとでは見つけてもらえないだろう。
と思ったら、急に怖くなる。
携帯も持ってないし、アブに刺されるぐらいならいいけど、スズメバチに襲われでもしたら大変だ。
で、結局引き返すことに。

注意深く分岐点を選んで、元の場所に戻れた時は本当にほっとした。
結局ここからは車通りの多い道を走る羽目になってしまったのだが、何とか境川CRに出ることが出て、私の小野路マラニックはヘロヘロのうちに終了したのでした。

家に帰り着いたのがちょうど10時。
ということは、行動時間は2時間40分だ。
途中、1回コンビニで休憩したので2時間30分として、一体何キロ走っただろう・・・?
最後の境川で計測してみた時は、それでもキロ6分で走っていたのでびっくりしたのだが(感覚的には7分ぐらいだったのに)、山道では歩いたりしたところも多々あるので、キロ7分半ぐらいか。
ということで、20キロぐらい走ったのかなぁ。

でも実はもうじき、こんな計算もしなくてよくなる。
例のGPSウォッチ、買ってしまいました。(もう売り切れていますね、汗)
9月下旬に届くと言うことなので待ち遠しいです。
これでマラニックもいっそう楽しくなること、間違いなし?

*お知らせ*

この度、ハンドルネームを「プラム」から「みなみ」に変更しました。
親しんでいただいた名前を変えるのは心苦しいのですが、実際にお会いした時に「プラムさん」と呼ばれるのはかなり恥ずかしく、これからもっとそういう機会も増えそうなので、呼ばれても違和感のない名前に変えさせていただきます。こんなことなら、最初にもっと考えておくんだったな。ということで、これからもよろしくお願いします。

|

« ゆっくり走る。 | Main | 九休 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小野路マラニック:

« ゆっくり走る。 | Main | 九休 »