« 小野路マラニック | Main | カラダを動かすもの »

September 22, 2006

九休

走るのを、9日間も休んでしまった。

毎年、この時期は大きな仕事を抱えていて、確かに走る量は少なくなった。
でも、走るのを9日間も休んだのは初めてだと思う。

最初は、時間の制約があって走れなくなった。
開き直って、山を越えた後に走ろうと思った。
しかし、仕事の山を越えた後は、疲労で走れなくなった。

それでも、2日もたてば回復すると思っていた。
日曜にその仕事が終わり、月曜日は完全ダウン、火曜日には走れるかと思っていたのに、結局火曜も水曜も休んでしまった。

こうなると恐ろしいもので、また明日も休もうかなどと思ってしまう。
なんとなく、疲れが取れていない。
走りたいと思わない。
身体の疲れというよりも、精神的に走れなくなってしまっていた。

でも、カレンダーを見て、もう明日で10日目だと思ったら急に目が覚めた。
そうだ、走らなくては!と思った。

久しぶりにジョギングシューズを履いて外に出ると、金木犀の香りに気がついた。
いつの間にか、私の一番好きな季節になろうとしている。
この時期は、どんどん季節が移り変わる。

走り始めると、時々すれ違う女性ランナーが反対側から走ってきた。
すれ違いざまに交わす挨拶に加えて、彼女はふと右手を上げて、私に手を振ってくれた。

それだけで急に足が軽くなる。
ものすごく元気になった。
そうだった、私は走ることで元気になれるんだった。
そんなことを忘れるほど、大変な日々を過ごしていた。(大げさだけど)

平日はたった30分しかないけれど、この時間を大切にしたいなと改めて感じた、九休明けの朝でした。

|

« 小野路マラニック | Main | カラダを動かすもの »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 九休:

« 小野路マラニック | Main | カラダを動かすもの »