« 共走 | Main | レースシーズン到来 »

October 13, 2006

病は気から?

今週に入ってから、なんとなく体が変。
ひとことで言うと、息苦しいのです。
時々、深く息を吸いたくなって、気がつくと深呼吸してしまう。(走っていなくても)

でも走れないわけじゃなくて、別段苦しくもなく走れてしまう。
ただ、なんとなくいつもよりは呼吸が気になる感じ。

呼吸なんて、今まで意識したことがなかったのに、気になるとどんどん気になってしまうのです。
息しなきゃ、と思って深呼吸してしまう。

なんだろー、思い当たることと言えば貧血?
しばらく検査もしていないから、検査した方がいいだろうな。
そう思うと、いてもたってもいられなくなり、仕事がひと段落ついた午後に病院に行ってみました。

お医者さんに症状を聞かれ、レントゲン、血液検査、心電図、肺活量と一通りの検査をすることに。
なんと、すべて今日中に結果がわかるとこのこと。
ドキドキしながら検査を受けて、先生の説明を聞く段になりました。

まずはレントゲンは一点の曇りもなく正常。
血液はヘモグロビン値が12.7で、女性の最低正常値11.3をらくらくクリア。(貧血の疑い消える。)
肺活量は3500mlと、同じ年齢の女性の平均の122%。
心電図も異常なし。

ということで、どこも悪いところはありませんでした。
っていうか、どれもすごくいい数字。(笑)

となると、この息苦しさは精神的なものから来るものだそうです。
最近の忙しい毎日のせいなのか、なんなのかよくわからないのだけど、とにかくストレス性のものの疑いが大きいということ。
それから、年齢的に更年期にさしかかっているので、体調の変化もあるのでしょうとのこと。(うえーん。)

ジョギングはあまりスピードを追及せず、健康のために続けてください、と言われました。
まずはひと安心だけど、ストレス性といわれるとそれはそれで嫌だなぁ。

走っていれば幸せな私ですが、ちょっとした体調の悪さがますますストレスを呼んでしまったのかもしれません。
週末は走りたいままに走り、アロママッサージにでも行ってリラックスしようかな。
そして来週末は元気に福岡に行けますように。

いろいろとご心配くださった皆さん、ありがとうございました。

|

« 共走 | Main | レースシーズン到来 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 病は気から?:

« 共走 | Main | レースシーズン到来 »