« はだの丹沢水無川マラソン | Main | 今年もよろしくお願いします。 »

December 15, 2006

30kmLSD

東京マラソンまであと2ヶ月あまり。
そろそろ30km以上のロングをやらなければと思っていた。

カレンダーをめくると、あれこれ予定があって、10日か16日しか走れそうにない。
12月はただでさえ忙しいのに、レースを2回も入れてしまったので、かなり自分の首を絞めている。

それでも今月1度は30kmを踏みたいと思い、10日に決行することにした。
さて、どこを走ろうか。
私は周回コースは苦手で、つらくなったら途中でやめてしまいそうだ。
行って来いのコースは同じ景色を2度見るのが飽きる。

最初は境川をどんどん下って江ノ島まで走り、電車で帰ってこようかと思ったのだが、
そうなると着替えを持って走らないといけない。
あれこれ考えていると、先週さなえちゃんから「行きを電車にするといいよ」と教えてもらい、なるほど!
と目からウロコ。

遠くまで行けば嫌でも走って帰らないといけないし、どんどん家に近づいていると思うと気持ちも楽そうだ。
江ノ島を起点にしようかと思ったが、道順が不安だったので、すぐに境川に出られる藤沢からスタートすることにした。

藤沢駅を9時30分にスタート。
地図を見ると、すぐ近くに境川が流れている。
ところが、走ってみると踏み切りを渡るのに大きく迂回しなくてはいけなかったり、行けると思った川沿いの通路が行き止まりだったり。
ランニングが軌道に乗るまで、30分以上右往左往してしまった。

ようやく国道1号を超え、ここからは0.5kmごとにキロ表示があるサイクリングロードが始まる。
ラフマニノフを聞きながら、淡々と走る。
なんか壮大な気分。
キロ表示があるところで時計を確認すると、毎回間違いなく3分17秒、6分35秒という数字が見える。
普段ならだんだんペースが上がってくるのに、判で押したように同じラップタイム。

道路を渡るごとにあるアップダウンと、平坦に見えて微妙に上っているのが意外にも堪えているのかもしれない。
なんといっても、上流に向かって走っているのだから。
気持ちよくスピードに乗れるような足の軽さは、結局1度も感じられなかった。
それどころか、道にバンクがついていて、右足首が時々痛む。
しょうがないので、途中で止まってストレッチをしたり、河の両端を交互に走ったりして様子を見た。

246号に出るまで、のどかな田園風景が続く。
高い建物がないので、空も広くて気持ちいい。
日陰に入ると冷えるけれど、背中から太陽の光を浴びて、ぽかぽかして暖かかった。

246号を超えると、やっと知っているコースに出た。
ここまでですでに2時間30分を超え、お腹もだいぶ空いてきた。
持ってきたゼリーは絞って飲み干してしまったし、何か甘いものを持って来ればよかったと後悔。
自動販売機でお茶を1本買った。

やっと家の近くまできたところで、3時間15分が経過。
どうやら30kmは走れたみたいだ。
本当だったら、ここからあと5kmぐらい走る予定にしていたのだけど、さすがにもう空腹に耐えられずギブアップ。
コンビニで買って走るという手もあったけど、家に帰ったら掃除もご飯作りも待っている。
誰かがゴハン作ってくれるというのなら行くけど、主婦はその後の余力も残しておかないと大変なのだ。

家を出てから約4時半の旅が終了。
足が重い!
今度は上流から下ってきて、その違いを確かめてみたいほど、身体にズンと疲労が残るLSDだった。
次回は・・・1月かな?

|

« はだの丹沢水無川マラソン | Main | 今年もよろしくお願いします。 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 30kmLSD:

« はだの丹沢水無川マラソン | Main | 今年もよろしくお願いします。 »