« みんな同じ。 | Main | 東京マラソン回顧録 »

February 22, 2007

東京マラソンを終えて。

東京マラソンが終わった。

あれから4日しか経っていないのに、一気に春が来たような陽気の中を歩くと、あの雨と寒さの中を走ったことがなんだか遠い昔のような気もしてしまう。

私にとっては2002年のホノルル以来の人生2度目のマラソンだった。
初マラソンは5時間43分もかかってのゴール。
その後、2週間は走ることができないほどのダメージが体に残った。

ゴールをしたのは嬉しかったが、またフルマラソンを走る気にはなれなかった。
距離に対する恐怖心が芽生えてしまい、30kmまでなら走れるのだが、フルを走るとなると途端に怖気づいてしまい、何度かエントリーしてはDNSしてしまうということを繰り返してしまった。

初フルから4年が経ってしまい、もうフルに出ることはないかな、と自分の中でなんとなく思っていた時に東京マラソンの開催が決定。
迷わず初日に申し込みをすると、何ヶ月かして当選メールが届いた。

ものすごい競争率の中、当選して得られた出走権だ。
これは絶対に走らないわけにはいかない。
それから着々と準備をして、距離に対する恐怖心も少しずつ克服し、私の中で東京マラソンに対する思い入れがどんどん大きくなっていった。
しかし、それがどんなに価値があるメールだったかは、レースを走ってみて初めて気づくことになる。

詳しい完走記は別に記すとして、フルがこんなに楽しく短いものだとは想像もしなかった。
ホノルルでは泣かなかったのに、東京マラソンでは何度も涙がこみ上げてきた。

「ありがとう」って何回言っただろう。
「がんばれ」って何回言ってもらっただろう。
今まで走ってきてよかった、この大会を走れてよかった、どうか沿道の人たちに少しでも走る楽しさが伝わりますように、感動を残せますように。
そう思いながらずっと沿道の近くを走っていた。
東京国際女子マラソンで、高橋尚子がずっと沿道すれすれを走っていた理由が、よくわかる気がした。

4時間30分の長いようで短かった旅。
自分なりの走りができたことにも満足できたし、ますます走ることが好きになった。
走れる自分が誇らしく、痛めた足をもいとおしかった。

今ひとつ決めていること。
それは、もし来年落選してしまったとしても、必ず沿道からランナーに声援を送りたいということだ。
この日受けた感動を、ひとりでも多くのランナーに味わって欲しいと心から思っている。

東京マラソン前の1週間、「みなみ風」に信じられないぐらい沢山の人が訪れてくださった。
アクセス数を見て、本当に驚いた。
それだけ沢山の関心が東京マラソンに集まっていたのだと思うと、素直に嬉しい。

私の詳しいレースの様子は、今少しずつまとめているところなのだが、本当に書くことが沢山ありすぎてまとまらない。
こんなに語れるレースに出られたなんて、本当に幸せものだ。。。

|

« みんな同じ。 | Main | 東京マラソン回顧録 »

Comments

はじめまして!
私は抽選で落ちてしまい、テレビ観戦でした。
みなみ風さんを始め、多くの皆さんの感動のコメントを見るたび
自分の練習不足も棚にあげ、出たかったなぁ~という気持ちで
いっぱいになります。
来年こそは抽選に勝ち抜いて出場したいものです。
もし、落ちてもボランティアに申し込むつもりです。

Posted by: よーちゃん | February 22, 2007 at 21:03

皆さんの完走記拝見するたびに、感極まっちゃいます。
それほど東京マラソンのインパクトは凄かったんですね!
そんなレースに同じランナーとして体験できたことは嬉しいことですよね!
次回のフルは別海ですか?
不安が解消されるまでしっかり休んでくださいね。

Posted by: さなえちゃん | February 22, 2007 at 22:05

東京はテレビで何回も見ました。
私も本当に走りたくなりました。抽選は厳しいですが
申し込みします。みなみさん東京に当選したら
宜しくお願いします。
釧路・別海待っていますよ。

Posted by: カッチ | February 23, 2007 at 08:01

すごいね、東京マラソン。
落選して、走れなくてテレビの前にいた私にさえ、
たくさんの感動がありました。
ランナーの皆さん、本当に素敵でしたよ。
これで絶対走りたいと思った人、増えたと思います。
楽しんで走ってくれてありがとうって、
そんな気持ちだよ、落選したほうも♪

Posted by: とだひ | February 23, 2007 at 19:55

みなみさん。
初めてお邪魔します。
これだけ多くの人に感動を与える東京マラソン・・・凄いの一言です。
初めての大会なのに、こんなに多くの人が応援に集まるなんて、当初考えていませんでした・・・。
これをきっかけに、走りに興味を持つ人が増えてくれると嬉しいですね。(^_^)

Posted by: ぽり雄 | February 23, 2007 at 21:02

終わったね~。

茫然自失状態の京丸です。心地よい疲れと感激の中で、応援の声が耳の奥の遠くでこだましているような感じ。夢のような1日、素晴らしい大会でした。

みなみさん、ありがとう。感謝してます。これからもよろしくね(これじゃ何だか謎だけど、今こういう心境なの。きっと伝わるわよね)。

Posted by: 京丸 | February 24, 2007 at 11:12

こんばんわ。海実子でございます。
東京マラソンから1週間が経ちますが、感動が薄れませんね。
たぶん、みんな同じです。
丁度一週間前のこの時間、私は相方の荷物を一緒に準備していました。
ウエアにゼッケンをつけたり(ランナップ使用)、靴の履き方を再確認させたり、ポケットにミニタオルを入れるように教えたり。
朝になったら雨が上がっていることを願いながら、私のたった一度のフルマラソン経験を相方に伝授していました。
アレから1週間。早いものですね。
雨に濡れて、もみくちゃにされたゼッケンも、寒さから多少なりとも守ってくれたポンチョも、今ココにありますが捨てる気にはなれません。
こういうものひとつひとつが、そしてみなさんのブログの記事と書き込みが、みんなの心の中にしみこんで、かけがえのない思い出となるんだと思います。
走る側、応援する側、皆で共通の思い出が作れましたね。
きっと一生、このことは語り続けていけるでしょうね。

これ以上の思い出は、なかなか作れないかもしれませんが、これからも皆で走る思い出を作りましょう。
来年も、その次も、東京以外でも。
来年、もし抽選にはずれてしまったら・・・応援の極意をご伝授いたしますよ(笑)。

Posted by: 海実子 | February 24, 2007 at 22:31

こんばんは、みなみさんのブログ&皆さんのコメント読んでたら、
またウルウル来てしまいました。
素敵な大会でしたね。走るツボにはまった私、長く走って行けたらと思います。
今後もよろしくお願い致します。

Posted by: ふっきぃ | February 25, 2007 at 21:59

たくさんコメントを頂いていたのに、お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

>よーちゃんさん

ようこそお出でくださいました。
残念ながら抽選で落ちてしまったのですね。
今年落ちてしまった人は、来年優先で当選できるといいのにと思います。ニューヨークシティマラソンは4回連続で落ちてしまうと、翌年は自動的に当選になるらしいです。
そういうシステムが東京マラソンにも欲しいですね。


>さなえちゃん

次のフルは秋の予定です。
空いてる別海か、十分準備してつくばか・・・迷うところです。
次に走るときは少し冒険して?4時間15分辺りを狙ってみたいです。

>かっちさん

来年、東京にお越しの際はアフターはお任せ下さい(笑)。
奥様と一緒に走れるといいですね!
でもホノルルでも十分楽しめると思います~。

Posted by: みなみ | March 02, 2007 at 19:50

>とだひさん

来年は競争率上がりそうだよね~。
でも今年落選した人は優先的に走れるといいなと思ってます。
とだひさんにはぜひ来年この感動を味わって欲しいです!

>ぽり雄さん

来てくださってありがとうございます!
ぽり雄さんのように沿道で盛り上げてくださったことが、東京マラソンの大成功につながったのだと思います。
来年はぜひ走ってくださいね。
私はダメなら応援に回りますので!

>京丸さん

うん、しかと受け取ったよ~。
あの金曜日から東京マラソンは始まったのだよね。
会えて本当に嬉しかったです。
私もいっぱい元気をもらいました。
またすぐにでも会いたいな~!


>海実子さん

すでに2週間が経過しましたが^^;、まだ感動に浸っているって私・・・いい加減いしないといけないかな~。
あの時、海実子さんが私を見つけて「あー!!がんばってー!!」って叫んでくれた声、今でも耳の奥に残っています。
来年はどうなるかわからないけど、私も応援の極意を伝授してもらいたいな!
その時は精一杯声援を送らせていただきます。

>ふっきぃさん

今回はいろんな人との出会いも果たしましたが、ふっきぃさんに会えたこともとっても嬉しい思い出です。
イノちゃんとのコンビ、すごーく楽しくて、私も近くに住んでいたらよかったなぁ~と思いました。
またどこかの大会で一緒に走りましょうね!

Posted by: みなみ | March 02, 2007 at 19:56

This weakness is already recognized by the development team, according to Bettencourt, and there is a build already under way to remedy it. The reasonable rates for getting subscribers for youtube can be around a $10 for 2000 subscribers or $50 for as much as 15000 subscribers. If you create engaging and informative content, customers are much more likely to develop an affinity for your product.

Posted by: buy instagram followers | October 27, 2014 at 06:06

Hi would you mind stating which blog platform you're using? I'm going to start my own blog soon but I'm having a difficult time making a decision between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal. The reason I ask is because your layout seems different then most blogs and I'm looking for something unique. P.S Apologies for getting off-topic but I had to ask!

Posted by: Best dating sites | December 19, 2014 at 03:00

Thanks for finally talking about >東京マラソンを終えて。: みなみ風

Posted by: best Dating Sites | January 12, 2015 at 13:31

Great items from you, man. I've take into accout your stuff prior to and you're simply too great. I actually like what you've acquired here, certainly like what you're saying and the way in which you are saying it. You're making it entertaining and you still take care of to stay it wise. I can not wait to learn much more from you. That is really a tremendous web site.

Posted by: payday loans no credit check | February 09, 2015 at 15:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« みんな同じ。 | Main | 東京マラソン回顧録 »