« 友に会いに、熊本へ。 | Main | 行ってきます »

July 21, 2007

故障して考えたこと。

故障はある日突然やってくる。

とはいうものの、原因もなく故障するわけはないのだから、やっぱりなるべくして体のあちこちが痛くなるのだろう。
調子よく走り続けているときは、「そろそろ休まなければ・・・」「ちょっと走り過ぎかも・・・」と思いながらも、痛いところがないとついつい「最近強くなったなぁ~」などと自分を過信する。
そしてある日、ついにその「痛み」がやってきて、「しまった!」と思うのだが、それも後の祭り。

ひとすじに距離を延ばすことに生きがいを感じていると、時々こういう憂き目に遭うのであった。
それで反省するかと言われると・・・多分反省はしても、学習はしない。
痛みが引いたところで、おそるおそる走り出し、治ったような治らないような・・・を繰り返し、結局は長期休養に追い込まれるのが第2段階ではないだろうか。

今私は、その第2段階の一歩手前にさしかかっている。

月曜日のペースラン以降、股関節に生じた違和感が翌日には痛みに発展した。
これぞ経験者から見たら、まったく絵にかいたような展開である。
その後、整形を受診し、毎朝足の具合をチェックしては一喜一憂。
それでも少しずつ良くなっているのを感じるので、さていつから走ろうかと虎視眈々としているところなのだ。

いい加減、距離を延ばすことに快感を得たり、休まないことに優越感を感じるランニングライフを何とかしなくてはと思っている。
しかし、この年になると人から「馬鹿げている」と言われることにある種のヨロコビを感じるのも事実なのだ。
若い頃ならともかく、いい年になってくると馬鹿な事をやろうと思ってもなかなかできるものではない。
自分で自分を「バカだなー」と笑いながらその道を突っ走っていくのは、実はものすごい幸せなことでもあると感じるのだ。

真のバカを目指すのなら、痛みが取れたところで猛然と練習を再開し、来週末の釧路で目標タイムクリアを狙って走らなければならない。
しかし、一方でちょっとおりこうさんの自分が「そんなことしたら、どうなっているかわかってるよね。」と囁くのである。

ああーつまりは、来週の釧路をどうするのか迷っているのだった。
釧路じゃなかったら・・・30kmじゃなかったら・・・DNSしても惜しくないんだけどなぁ。

さすがの私も、痛みがあるうちは走りたくないので、かれこれ5日まともに走っていない。
日常生活では全然痛くないので、もう治ったかなと思ってしまうのだが、階段を下りるときだけ左足の付け根に鈍い痛みを感じるのだ。
レントゲンの結果、骨には異常がなかったから、おそらく靭帯の炎症でしょうと医者からは言われた。

さてどうしたものか・・・・。

それにしても、ランニングバカというのは、どうしてこうも学習能力がないんだろうか。
昨日、「金スマ」でQちゃんの物語を見たときも、次元は違うが同じような馬鹿っぷりを感じた。

しかし一方で、5日も休むと休むことにだんだん罪悪感を持たなくなる。
休日の朝に目が覚めて、「もうひと眠り」と二度寝することも自由だし、普段おろそかにしてきた家の掃除を思う存分することもできる。
それなりに充実した休日を過ごすと、普段自分がどれだけランニングにエネルギーを奪い取られているかがわかる。

多分私は、走っていなかったらわりと平凡な日々を送り、家の中をきちんと整え、料理にも腕を振るって、それはそれで家族には喜ばれただろうし、自分の中でもそこそこ満足した毎日を送っていたに違いない。
だけど、ランニングにハマって、どんどん道を踏みはずし、他のランナーからもたしなめられるような生活を送ってもなお、不思議と満足できないのである。
そこに、私が走るのをやめられない不可解な魔力がある。

さて、この相反する気持ちに板ばさみにされながら、私はどちらへ流れていくのだろう・・・。

釧路まで、あと1週間。

|

« 友に会いに、熊本へ。 | Main | 行ってきます »