« 行ってきます | Main | 釧路湿原マラソンあれこれ »

August 06, 2007

第35回釧路湿原マラソン

7月29日。昨年に引き続き、今年もまた釧路湿原マラソンを走ることができた。
土曜日は雨が降ったり止んだりしていた釧路も、日曜日は朝から気持ちのよい青空が広がっていた。
朝の天気予報では、予想最高気温は20度。
真夏の東京では考えられない、気持ちのよい夏のレース日和となりそうだ。

ウェアは迷った末、上は半袖Tシャツ、下はCW-Xのロングタイツで走ることにした。
タイツは暑いかな・・・と思ったのだが、足に不安があるときはやはりこれが一番。

ホテルの食堂は、朝食をとるランナーたちでいっぱいだった。
バイキング形式なので、他の人は何を食べているのかな?と覗いてみると、皆さんトレイに食べ物を乗せるだけ乗せて、朝からすごいボリューム。
私はあまり胃袋が大きくないようで、とても真似できないのだが、こうしてみるとスタミナの元はやっぱり食事かなと思えてくる。

会場の陸上競技場へは、主催者が用意してくれたシャトルバスで移動した。
受付を済ませ、釧路楽走会のみなさんが待機している場所にお邪魔する。
とても和気あいあいとした雰囲気の中、ゆっくりと準備を済ませ、jognoteのそよ風さんと一緒にトラックを2周した。

すっかりリラックスしてスタート地点へ行くと、30kmを走るのはこれだけ?という人数しか並んでいない。
前の方に並んでいたカナダさんに呼んでもらったけれど、今日はのんびり行こうと決めていたので、後ろの方へ移動。

9時半に号砲が鳴ってスタートした。
人数が少ないので、15秒ほどであっという間にスタート地点を通過。
去年も走っているので、コースは大体頭に入っている。
しばらくは、市街地の広い車道を走り、川を渡って湿原に入るという具合。

後方に並んだお陰で、周りのペースも早くなく、私ものんびりと走り始めた。
とにかく淡々と、20kmまでは足の様子を見ようと心に決めていた。
本当はサブ4ペースで行けるところまで行ってみたかったのだけど、足が完治したのかどうか今ひとつ確信が持てないので致し方ない。

3kmほど走ると、周りも大分ばらけてきた。
前方にはおしゃべりをしながら、楽しげに走っている若いカップルのランナーがいた。
見るとはなしに見ていると、走りがとてもきれいで安定している。
特に男性の方は、走力があるのに彼女に付き合ってゆっくり走っているのが一目瞭然だった。

ペースもキロ6分ぐらいでちょうどいい。
私もしばらくはこのカップルについて走ることにした。

コースは一部未舗装路を通り、釧路川を渡っていよいよ湿原のど真ん中へ。
風が強くて半袖では寒いぐらいだったが、これだけ涼しいと呼吸がとても楽で、快適快適と思っているうちに10kmを通過。
59分だったので、ほぼ去年と同じペースだ。

湿原に入ってからは日差しを遮るものがないので、少し暑く感じたが、爽やかに吹く風で汗がどんどん乾いていく。

「ここから5kmの直線」という看板があった。

ずっと遠くまで点々とランナーが走っているのが見える。両側に広がる湿原の森は、地平線まで深く広がっているのがすごい。
カップルさんたちは、ずっとおしゃべりしながら走っている。景色の話、ランニングの話。
気がつくと、私の周りには4~5人の集団ができていた。

私の後方にふたりいるのが見えた。
ひとりは女性ランナーで、ハアハアという呼吸の音が少し苦しそう。
もうひとりは音もなく走っている壮年のランナー。
みんな、カップルさんたちをペースメーカーにしているのがわかった。

レース中、こんなに固まって走る経験がなかったので、不思議な感覚に襲われた。
いつまでも一緒に走っていたいような連帯感が湧き上がってきて、幸福な気持ちに満たされる感じ。
まさにランナーズハイ状態だったのだと思う。

15km地点で折り返し、あっという間に半分が過ぎた。
足の調子は悪くない。
本当はもう少しペースを上げて走ってみたかった。
カップルさんたちに接近しすぎることもあったので、慌てて距離を置いたりしていたのだ。

カップルさんたちも全然疲れているようには見えなかったので、そのうちペースアップするのではと思っていたのだが、素晴らしく一定のペースで走っていて、20kmは1時間58分で通過。

残り10km。
ここまでびっくりするぐらい、ダメージも疲れもなく走ってきてしまった。
このままいけば、最後まで気持ちよく走って完走できるだろう。
でも、最後の10kmぐらいは苦しい思いをしなければ。
ここまで楽してしまったけれど、やっぱり秋に繋がる何かを持ち帰りたい。

そう思ったので、ここでギアを入れ替えてペースアップすることにした。
カップルさんたちに挨拶しようかと思ったのだが、最後に追いつかれるような気がしたので、心の中でお礼を言って前に出た。

風景が早く流れ出すと、次から次へと前のランナーの背中が迫ってきた。
心拍数もどんどん上がってくる。
それでも面白いようにランナーを抜けるので、気持ちがいいことこの上ない。。
エイドステーションでは待ちに待ったスイカをもらう。
最高においしい!

自分の弾む息の音を聞きながら、前のランナーの背中だけを追いかけた。
30人ぐらい抜かしただろうか?
残り3kmあたりから、さすがに苦しくなってくる。
故障していた左足をかばっていたのか、右大腿部が痛くなってきた。

やっと陸上競技場が見えた。
ラストのトラックでまた二人をかわしてゴール。
グロスタイム2時間53分10秒、手元の時計では2時間52分54秒だった。
ラストの10kmは約55分で走れたらしい。
去年のタイムより12分短縮できた!

冷たい麦茶を何杯も飲み、あのカップルさんたちがゴールするのを待った。
きっちりとペースを守ったらしく、3時間ぴったりにゴールゲートをくぐるのが見えた。
少し経って落ち着いた頃に、「途中までペースメーカーにさせてもらって・・・ありがとうございました」と声をかけてみると、すぐにわかったらしくて、「いえいえ、速かったですね~」と最高の笑顔で返してくれた。
実は内心、うっとおしいヤツと思われていたんじゃないかと心配していたので、お礼が言えてほっとした。

レース後は、カナダさんの計らいで楽走会の皆さんの焼肉パーティーに呼んでいただいた。
初対面のじろーさんのご実家でシャワーまで貸していただき、殻付きの牡蠣や時鮭、秋刀魚、ラム肉という正統派北海道BBQを堪能してしまった。

レース後の打上げってどうしてこんなに楽しいんだろう。
レースで完走できた喜びは当然だけど、ここまで頑張ってきたことのご褒美がレースだからなのかも。

それにしても夏の北海道は最高。
1泊2日で家を空けるのは容易ではないけれど、また来年も釧路に来れるようにがんばろう。

|

« 行ってきます | Main | 釧路湿原マラソンあれこれ »

Comments

お、お、お! アップされてる~
お待ちしてましたよー。釧路湿原マラソンの完走記。
故障しないのが1番だけど、今になってみれば、ちょうど良い時期に
不調に見舞われたのかとも思えますね。
直前だったら走れなかったわけですから。
レース前の休養が十分だったからこそ、
楽しく30kmを走りきれたのだと思います。
こういうお話を聞いてしまうと、「走るのやめた!」 と言いつつ、
「釧路行きたーい。」 なんて心が揺らぎます。

Posted by: はるま | August 06, 2007 at 17:16

私も釧路の話を今か今かとお待ちしてました~。みなみさんのレースの話はいつも幸せそうで、伺っている私も幸せな気分をおすそ分けしていただいてるような気分になれます。ほんとにありがとう。走る喜びがいっぱい伝わってきました。

充分に休んだお陰で心配していた故障が勃発することもなく、それどころか良い結果が生まれてよかったね!

#はるまさん、走るのやめたの!? いかんよ、いかんよー。やめないで~。

Posted by: 京丸 | August 06, 2007 at 18:16

あ、あ、あ~っ!待ってました~。私も待ってました~。
楽しく走れたようで、よかったですね。
脚のほうもバッチリですね。
みなみさんは、「なんで走ってるんだろう?」って思うことがあるっておっしゃるけど、こういう幸せを感じる事を知っているから、走り続けているんではないですか?
幸せ~って感じられたら、私ももっと走るようになれるかな?

レース後の打ち上げ、東京じゃなかなかBBQって訳にはいきませんけれど、北海道だといいネタ使ってやるんですね~。
もう、それだけでも、参加したくなる大会ですね。
お疲れ様でした。

Posted by: 海実子 | August 06, 2007 at 20:50

>はるまさん

すみませーん、お待たせしました!
本当に、レースの前に1週間ぐらい休養した方が、本番で力が出せるような気がしました。
これぞ怪我の功名ですね。
釧路、この時期に行くと涼しくて走力がアップしたかのような錯覚をしてしまいますよ~。
走るのやめても、今までどおりレースには出てください!はるまさん。
来年ご一緒しましょう。^^

>京丸さん

いやー、私も早くアップしなきゃと思いながらあっという間に1週間経ってしまいました。
うん、今回のレースは20kmまでが本当に不思議な体験というか、こんなに楽なレースでいいのかな?って思ってしまうほど気持ちいい走りができました。
怪我で走れないかも・・・なんて心配していたけど、本当に走ってよかったです。
背中を押してくれてありがとう。
日曜日の朝のメールもとっても嬉しかったよ~!

>海実子さん

すみませ~ん、いつもながら更新が遅くて(^_^;)。
レース前はいつも楽しみというよりは「何でエントリーしたんだろう~」と思ってしまうほど度胸がなくて、だからこそ完走できた時の喜びは人一倍あるのかもしれません。
今でも何で走っているのかわかりませんが・・・ひとつレースが終わるたびに走っていてよかったな~と思ってしまいます。

レース後のBBQは、地元の方たちだけあって本当においしい素材を用意されていました。
これもjognoteがつないでくれたご縁です。
夕方にはどんどん気温が下がって、ぶるぶる震えるぐらいでした。


Posted by: みなみ | August 06, 2007 at 21:31

素敵な文章だなぁと感激。
走るって、レースって、みなみさんて素敵ですね☆

釧路行きたくなっちゃいました。

さっきまで地元のシンドイ大会出ようかどうか迷ってたけれど?
頑張ってみようかな。
ありがとうございます。

Posted by: ふっきぃ。 | August 07, 2007 at 01:39

釧路参戦ご苦労さまでした。十分に実力を発揮でき、身体の調子も復活したようでなによりでした。
また、なにより楽しい大会と思って頂いただけで私たちは本当によかった~と胸をなで下ろしました。
終了後のジンギスカンパーティーは本当においしかったですね。先日札幌での道マラ試走会でじろーさんと話していたらあの日に用意した牡蠣は60個だったそうです。食べましたね~!!
また来年も待っています。
それと別海も待ってますよ~!!

Posted by: カナダ | August 07, 2007 at 08:11

お疲れ様でした。
そして、すてきなレースレポートありがとうございます!
足の調子も良かったようでなによりです。
このレポートを読んでいると、みなみさん含め、
ランナーの皆さんの幸せそうな顔が浮かんでくるようです。
(まだ一度もお会いしたことないんですけどね)
自分は最近さぼり気味なんで、8月はちょっと心を入替えて
がんばってみようかな、と考えています。
と、いいながら実は今週はナイター観戦3試合です。(苦笑)

Posted by: よーちゃん | August 07, 2007 at 08:36

みなみさん、はじめまして。
私も釧路湿原マラソン、出てました。
釧路に行くって決めたあと、みなみさんの去年のレースの記事を見つけて、
それ以来、ずっと読み逃げしてました。スミマセン。
レース当日「みなみさん、いらしてるのかな?」と(勝手に)そわそわしてましたが
もしかしたら、折り返しから20km地点まで、みなみさんたちに引っ張ってもらっていたみたいです。
ハアハアという女性と壮年の男性に混じって走ってました。

みなみさん、ゼッケンの下1桁が5の方ではないですか?
もしそうなら途中、近づきすぎてごめんなさい。
レースが終わった後、謝らなければと思っていたのですが、
20km地点で脱落してしまった私はレース後、○○○5番を探すことができず、
ずっと気になってました。今更ですが、本当にごめんなさいでした。

Posted by: むみ | August 07, 2007 at 09:48

>ふっきぃ。さん

大会にエントリーされたんですね!
私はいつも、エントリーはわくわくして申し込むくせに、直前になって「どうしてエントリーしたんだろう~」と後悔、そして走り終わったときは「走ってよかった!」と思う、この繰り返しです。
釧路はお天気に恵まれれば最高に気持ちが良いです。
来年、もしよかったらご一緒しませんか?^^

>カナダさん

今年の遠征はカナダさんたちのお陰で本当に思い出深い、楽しい大会になりました。
みなさん、楽しい方たちばかりで、近かったら私もぜひ練習会に参加させてもらうのに~。
牡蠣、60個もあったんですね!
1個の大きさもびっくりするほどだったし、本当に美味しかったです。

>よーちゃん

いえいえ、こちらこそ読んでいただいてありがとうございました。
よーちゃんのブログはいつも笑顔の画像がいっぱいで、見ているこちらもシアワセになります。
一度演奏を聴きに行きたいです~。
マラソン大会でお会いできるのと、どちらが早いかな?
楽しみです。

>むみさん

ようこそお出でくださいました!
あの時一緒に走っていたなんて!
その下一ケタ5番は、間違いなく私です。
でも、背後から接近されていたことは全然気がつかなかったですよ~。
だから全然気にしなくて大丈夫です。
去年は私も30kmがとてもつらかったです。
でも今年は何とか最後まで楽しく走れたので、むみさんもまたぜひ釧路を走ってみてくださいね。

Posted by: みなみ | August 07, 2007 at 12:29

みなみさん、こんにちは!
釧路楽しめて良かったですね。
一緒に打ち上げ楽しみたかったです。
来年も釧路に来てくださいね、一緒に走りましょう
別海も、おもてなし最高ですよ!ぜひいらしてください。
そちらには東京当たるといけるのですが?

Posted by: カッチ | August 07, 2007 at 17:38

お疲れさまでした。

風がさわやかで、東京より空が青いのかな。
楽しめた上、記録更新できて良かったですね。
その後のBBQ、う~ん、羨ましい(笑)

Posted by: くーたろう | August 07, 2007 at 23:06

>カッチさん

今年はカッチさんがいらっしゃらなくて残念でした。
来年もきっと行けると思いますので、楽しみにしています。
別海は中標津空港にJALが飛んでいないので、釧路からどれぐらいかな~と思っています。
いつもJALのマイレージを使っているので・・・。
東京、当りますように!

>くーたろうさん

風と空の色は、東京とはまったく異なるものでした。
すごく気持ちよかったですよ。
涼しいだけで、あんなに楽に走れるものなのですね~。
大発見でした。

Posted by: みなみ | August 08, 2007 at 21:03

みなみさん!釧路でお会いできて嬉しかったです♪
そして、レースをとても楽しんでいただけて、とても嬉しいです(^^)

当日の朝、一緒にアップランにお付き合いいただきありがとうございました♪また、どこかの大会でお会い出来る日を楽しみにしていますね(^^)

Posted by: そよ風 | August 08, 2007 at 23:16

>そよ風さん

あの時、一緒にトラックを回りながらお話させてもらって、気持ちが本当にリラックスできました。
楽しかったです。
そよ風さんはこれからどんどん速く走れる方だと思うので、これからのご活躍が楽しみです。
またどこかの大会でお会いした時はよろしくお願いします!

Posted by: みなみ | August 09, 2007 at 10:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 行ってきます | Main | 釧路湿原マラソンあれこれ »