« グリーンリボン・ランニングフェスティバル | Main | 目指せサブ4! »

September 30, 2007

皇居レディース駅伝

jognoteの中に「お母さんランナーの部屋」というコミュニティがある。

文字通り、子供のいる忙しいお母さんランナーの憩いの場なのであるが、どっこい、ここのお母さんたちはみなスーパー凄腕の母さんたちばかりである。
いや、凄腕ではなく、凄脚か。

なにしろ、東京国際女子マラソンの出場資格を持つ女性がゴロゴロしている。
皆クラブチームに所属している訳でもなく、日々の忙しい時間をやりくりしながらコツコツと走っている人たちばかりだ。
中には、朝3時とか4時に起きて、家族が起きる前に30km走ってしまうなんていう人もいるのである。

なのに、誰も「大変だ」とか「時間がない」などと愚痴をこぼしたりしないのがもっと凄い。
世の男性ランナーにぜひ聞かせてあげたいものである。

そんな「お母さんランナーの部屋」は、いつしか「おかん部屋」という愛称で親しまれるようになった。
今年の5月には、初めてメンバーが一堂に会して(もちろん遠方で来られなかった人もいたのだが)、千葉・青葉の森リレーマラソンに出場し、見事女子部門1位になったばかりでなく、42.195kmをサブ3でタスキを繋いだという偉業を達成したのであった。

そして9月24日。
おかん部屋第2戦となる「皇居レディース駅伝」に出場する日がやってきた。

この日は、おかん部屋だけで結成した1チームと、メンバーがそれぞれで結成したチームで出場した。
私はおかん部屋だけのチームの中に入れてもらった。
プログラムを見てみると、女子部門だけで20チーム近く出ている。
チーム名を見てみると、「○○レディース」とか「○○クラブ」とか、本格的なものばかりで、「爆走おかん部屋」というチーム名が完全に浮いている。

お揃いのランニング・ランパンで闊歩する女性チームを尻目に、我々は全員ランスカで臨む。
完全にファンランチームに写ったことであろう。

しかし、それだけで終わらないのがおかん部屋のすごいところである。

1走にはチーム1の俊足の持ち主のきなこさんを投入。
毎日昼休みに皇居を1周してしまうばかりか、朝も夜も走るので気が付くと500kmとか走ってしまうお母さんである。
なな、なんと19分で戻ってきた~。

2走は先週も一緒に走ってくれたマイタケさん。
今日も息子君という頼もしい応援団を連れてのレースである。
朝から極度に緊張している様子だったのに、いざ走り出すとそれをプラスに持って行ってしまうのがすごい。
きっちりと23分台で戻ってきた。

3走はいよいよ私の番だ。
皇居は何度も走っているけど、タスキをかけて走ることになろうとは思わなかった。
緊張で体が妙にふわふわする。
はとバスから降りた外国人観光客がやんやの声援を送ってくれた。
上り坂に差し掛かる前に、もう呼吸がアップアップになってしまう。
千鳥が淵公園の前を通過して、ようやく下り坂に入る。
ここからスパートをかけたいのに、苦手な下り坂でどんどん抜かされてしまう。
ああーもどかしい。
桜田門がやっと見えてくると、そこにはきなこさんと娘が大声で声援を送ってくれていた。
最後の力を振り絞って、タスキを渡す。
時計を見たら、24分43秒。やったー、初めて25分を切ることができた。

アンカーはおかん部屋の主宰者、あふさん。
テニスで鍛えた俊足の持ち主で、マラソンの資質はまだ計り知れない感じがするランナーだ。
いったいどれぐらいで戻ってくるだろう?と思ったら、なんと22分台で戻ってきてしまった!
凄い、凄すぎる!

こうして、1時間30分で皇居4周のタスキリレーが終了した。
まずはお互いの健闘をたたえ合う。

しばらく、大勢のjognote仲間と一緒にレースの余韻を楽しんだが、それぞれ忙しい主婦の身なので、打ち上げもできずに解散することに。
その場では結果が分からなかったが、帰りの電車でなんと女性部門5位に入賞したよーというメールが入った。

私が足を引っ張ったにもかかわらず、5位に入賞できるなんて良かったー。
そこでほっとして、電車の中で爆睡。
気が付いたら、降りる駅を2つも乗り越してしまう羽目に・・・。

後日、賞品に味海苔が届いた。
なんで海苔なのかはよくわからないけど、使えないものをもらうよりは嬉しいかな。(笑)

孤独なマラソン競技の中で、唯一のチームプレイが楽しめるのが駅伝という競技。
プレッシャーがかかるのは確かだけど、何より一緒に走る仲間がいるのが最高に幸せだ。

|

« グリーンリボン・ランニングフェスティバル | Main | 目指せサブ4! »

Comments

「おかん部屋」のプロフィールを理解していなかった私にとっては、とても楽しく読めました。
時には吹きだしたりして(笑)。
何より楽しく、お互いを励ましあえる仲間達なんですね~。
今度、jognoteで覗かせていただこうと思います。

そうそう、大事なことを書き忘れるところでした。
5位入賞、おめでとうございます。

Posted by: 海実子 | September 30, 2007 at 21:08

>海実子さん

「おかん部屋」を覗きに来てくださってありがとうございます♪
もーどんどん覗いちゃって下さいね。
ここと「走丸・走子の部屋」は私のほっと出来る憩いの場です。
なーちゃんはおかん部屋のメンバーたちと結構交流しているので、そのうち海実子さんのこともお引き合わせできると思います。

どんどん輪が広がっていくのは楽しいですね!

Posted by: みなみ | September 30, 2007 at 22:29

みなみさん、こんばんは。
楽しかった思い出をこんな風に丁寧に書いてもらうと、あー本当にみんなで走れて良かったなって、
じんわりと温かい気持が戻ってきました。

何かにめげたらおかん部屋。私にとっては「かけこみ寺」のようにありがたい存在です。

夫には説明するのも面倒で、結局、駅伝の話は伝えられなかったんだけど、
もし、子ども達が「行かないで」って言ったら、行けなかったと思います。

かわいいお嬢さんと一緒にみなみさんの帰りを待てたこと、
キットいつまでも忘れないと思います。

Posted by: きなこ | October 02, 2007 at 01:07

おはよーーー。イヤーーーーほんとに楽しくって。おまけまで付いてきて!(^^)!

このコミュ作れてよかったね。みなみさん始め皆さんに会えたのは奇跡だわーー。

おかん部屋作った私、偉いぞ!!!!。!(^^)!

Posted by: あふ | October 02, 2007 at 08:41

ブログネタ一挙放出お疲れさまでした! 大変楽しく読みましたー。どこにコメントしようか散々悩んだんだけど、

>>誰も「大変だ」とか「時間がない」などと愚痴をこぼしたりしないのがもっと凄い。

という部分にすっかり心打たれたので、こちらにしました。

走ることの魅力のひとつは、こんな風に素晴らしい人に出会えることだよね。確かに好きでやっていることだけど、実際に走っている時はしんどいわけだし、時間の捻出も難しい。自分が決めたことをきちんとこなして、努力を積み上げることの素晴らしさを仲間が教えてくれる。こんな素晴らしい趣味は他にないぞと思うわけです。ふう、いい話をありがとう。みなみさん。

Posted by: 京丸 | October 02, 2007 at 08:55

あっ、私も書き忘れるところでした。

「5位、入賞おめでとう!!!」

Posted by: 京丸 | October 02, 2007 at 08:56

>きなこさん

つたない文章なんですが、こうして記録に残しておくことで「ああ、あの時は楽しかったな~」と思い出してもらえたら嬉しいです。
おかん部屋のみんなで作る思い出が、ちょっとずつ増えていくといいねー。
お子さん達、お腹空かせて待っていたんじゃないかなって心配してました。
娘は大好きなきなこさんに会えて、とっても喜んでいましたよー。

>あふちゃん

そうだー偉いぞあふちゃん!
そんな私は、確か3人目のメンバーだったと思うんだよね~。
今やずいぶん人数も増えて、盛況になって何より♪
私の夢は、おかん部屋大忘年会です。実現して欲しいな~。

>京丸さん

なんか4時間ぐらい集中してブログを更新してしまいました^^;。
気まぐれでゴメン・・・これでまたぱったりと途絶えないようにしないとね。

走ることはつくづく女性に向いているんじゃないかなーって思います。女の人はひとたび走り始めると、みな途中で放り出したりしないで、こつこつと積み上げて行くんだよねー。
いろんな人のランニングライフを垣間見ることは、私の楽しみでもあります。
本当にすごい人って、実は普通の人たちだったりするのよねー。

Posted by: みなみ | October 02, 2007 at 11:23

素敵なメンバーで、すごい記録の入賞おめでと~。
きなこさんのコメント読んでも、みんな、時間をやりくりして参加しているのね。
だから「おかん部屋」なんだね~。

Posted by: とだひ | October 03, 2007 at 00:03

>とだひさん

忙しい母はみんな、本当に時間のやりくりを上手にして走っているよね。
すごく刺激受けてます~。
とだひさんもそんな一人。りっぱな「走るおかん」の鑑です!

Posted by: みなみ | October 04, 2007 at 20:59

超亀レスですみません。
その節は、お疲れ様でした。
おかんの活躍、世の男性ランナー、耳の痛い話である。。。

Posted by: さまりす | October 20, 2007 at 14:06

>さまりすさん

私も早くオフ会を最後まで参加できる身になりたいものです。
おかんたちは門限が厳しくて・・・(泣)。
今度カラオケ行きましょー!

Posted by: みなみ | October 21, 2007 at 21:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グリーンリボン・ランニングフェスティバル | Main | 目指せサブ4! »