« 今年初の月例湘南 | Main | 境川とカモメ »

January 07, 2008

2度目の鍼治療

昨日、砂浜に足を取られながら走ったせいか、足首が痛い。
それもジンジンと、10分に1回ぐらい電気が走ったような痛みがやってくる。
これは・・・膝に続く第2の故障?!

ああーなんかあっちこっちが痛くて、今年は暗いランニングライフの幕開けだ。
1ヶ月前ぐらいに突然勃発した右肩痛も、依然と治る気配もなく痛み続けている。
右膝痛も健在だ。
どこか明るい兆しはないものか!

そうだ、今日は2回目の針治療の日であった。
こうなったら、痛いところに鍼をどんどん打ってもらって、痛みを一網打尽にしてもらおう。

そう思っていそいそと治療院に出かける。
そこは、スポーツトレーナーの鍼灸師さんのいる、新宿の鍼灸院だ。
右肩と、右膝と、右足首が痛いです、と先生に告げると、おもむろに鍼治療が始まる。
今日は膝からだ。
膝のお皿の周り、そこは骨じゃないですか??というところに、容赦なく鍼が打たれる。

ぎゃ~~!

「先生、今日はなんか痛いんですけど・・」
「今日は2回目なので、ちょっと深めに打ってみました」

な、なんですと・・・。

鍼を打つだけなら、チクッとするぐらいなのだが、そこをグリグリ~と回す時に電流が走ったような痛みがある。
うぎゃ~とか、ぎょえ~とかもだえつつも、口には出さないで耐える。
痛みに弱い人には鍼はお勧めできないなと思った。

足首は、脛の辺りから筋肉が硬くなっていたようだ。
足首は、絶叫に近い痛みがあったが、心の中で叫んだだけでなんとかやり過ごす。

約1時間にわたる治療が終わり、先生から走るときの姿勢についてのアドバイスなどをもらう。
先生いわく、故障している箇所を意識して走ると、いつの間にかそこを支点にして走ってしまうそうだ。
そうすると、故障している箇所に負担がかかり、どんどん痛みが増してしまうとこのこと。
痛いところはあまり意識してはいけないそうなのだ。

終わった後は、痛くて痛くて、歩けないほどだった。
これがうわさに聞く「鍼返し」というものなのだろうか?
もしかして、神経を刺激して、寝た子を起こしてしまったのではないのだろうか?

そんな不安を抱えつつ、足の様子を見ていると、夕方には刺すような痛みも消えて、肩などは明らかに痛みが軽くなってきた。
足首はまだ痛いけど、昨日の定期的に襲う電流の痛みはなくなっている。

やっぱり鍼って効くんだろうな~(←少し疑っていた私)。
それにしても、ランニングというのはお金のかからないスポーツだと思っていたが、大間違いだ。
1回に千円札がバラバラと飛んでいってしまうのは痛いけれど、藁にもすがる思いで来週の予約を取ってしまった。

このまま突っ走って、次は霊感商法に引っかからないように注意しなければ・・・。

|

« 今年初の月例湘南 | Main | 境川とカモメ »

Comments

親戚のおばさんに鍼灸師がいた(すでに引退)にもかかわらず、
私は、鍼未体験です。

痛い箇所を意識しない、というのは大事だと思う。
去年のフロストバイトの時、内転筋を痛めていてDNSも頭にあったの。
走り始めは、大丈夫かなーと意識集中しちゃって、痛みもあったけど
後半、履き慣れないアシックスのシューズが脚に合わない事の方に
気持ちが行ってしまったら、脚の痛みは遠のきました。
ま、その程度の故障だったってことなんだけど。

早く、痛みがなくなり、気持ちよく走れるようになるといいね。
変なものに引っかからず(笑)、無理せずの完全復帰、お祈りしてます。

Posted by: はるま | January 08, 2008 at 09:17

>はるまさん

ありがとうございます。
一夜明けて、鍼そのものの痛みは消えていました。
今日はぽっかぽか陽気だから、あとで走って感触を確かめてみようかな~。
そういえば、フロストの時は脚を痛めていたんですよね。
はるまさんの故障らしきものは、その時ぐらいしか記憶にありません。
私も故障しにくい身体に作り変えたいです。

Posted by: みなみ | January 08, 2008 at 12:07

鍼治療、お疲れさまでした。話を聞くだけでも痛いよ(涙)。でも来週も頑張ってね。

私が時々通う鍼灸はそんなに痛くないなあ。きっと鍼の太さなんかが違うのかもね。鍼が効く時って即効で効くから驚きでしょう。そういえば私の行きつけの鍼灸院は便秘や風邪も治しちゃうんですよ。いやー東洋医学恐るべし。みなみさんも不調が一気に治るといいね!

それにしてもランニングはお金のかからないスポーツ「じゃない」という説には諸手を上げて賛成です!アヤシイものに引っかかり時には一声かけてください。全力でとめるから(笑)。

Posted by: 京丸 | January 08, 2008 at 12:43

鍼って、2度しかやったことないけど、その痛みってのは、刺したときの痛みなの?
電気通した時のグワングワンと筋肉注射のような痛みが怖くて、踏み込めずにいるのです。実はカイロの先生から鍼も勧められたのですが。。どうしよう。

Posted by: さまりす | January 08, 2008 at 23:17

鍼なんて、とてもとてもとても無理です。
それなら痛いの、我慢しちゃう。
ランニングってお金かかるよね。エントリー費だってバカにならないし、安い月例湘南だって、私は交通費800円さらにかかるし。
それにそれだけで終わらず、飲んで食べて~っだもんね。
うちのとーちゃんが、ランニングをできる人は余裕のある人だっていう。
その意見には賛成しがたいけど、でも周りを見ると、それなりの生活レベルの人が多い気もしたりしています。
痛いところがあるのはいやだよね。気が付くと、治っていたってなるといいね。

Posted by: とだひ | January 09, 2008 at 16:08

>京丸さん

京丸さんも鍼経験者なのですね。
そんなに痛くなかったということは、あまり悪くなかったって言うことだと思います。
harryさんが言うには、前回痛かった箇所が、次回にはそんなに痛くなくなっているらしいのです。
筋肉がほぐれるからなのかなぁ~。
東洋医学のことはよく分からないけど、その神秘性がまた良かったりして。
霊感商法には気をつけます(笑)←実際には私、この類のものには絶対引っかかりません!

>さまりすさん

鍼を刺した時はそんなに痛くないんですが、それを深く刺してグリ~っと刺激されると、絶叫の痛みが走ります。
電気なんて恐ろしくてとてもとても・・・。
その鍼灸院では電気治療はやっていないみたいですけどね。
でも、鍼は私には効きましたよ~。

>とだひさん

とだひさんはダメですか~(笑)
でもやっぱりじわじわと良くなっているのがわかるので、私はガマンしてもうしばらく通ってみようと思います。
多分、筋肉が硬くなっているから痛いんだと思うんだよね。
でも肩凝りとか頭痛とかにも良く効くらしいから、私には合っているみたい。

マラソンをやっている人は、確かに余裕のある人が多いかもね~。
時間にも余裕がないとできないスポーツだよね。

Posted by: みなみ | January 09, 2008 at 22:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年初の月例湘南 | Main | 境川とカモメ »