« フロストバイトロードレース | Main | ようやく一段落 »

January 28, 2008

うーむ

昨日はどこへも出かけず、家の片づけをしながら大阪国際女子マラソンをテレビで見ていた。

レースの注目は福士選手。
どことなくとぼけたキャラクターは好き嫌いが分かれるところだと思うけど、まだ25歳だったのか。
もうちょっと上かと思っていた。

福士選手はスタートからどんどん飛ばす。
後ろの集団をあっという間に離して、独走状態。
走りが・・・マラソンではないかも?
ハーフマラソンを見ているような感じ。

こういう展開になって、ゴールまで逃げ切った選手を私は見たことがない。
テレビのコメントも、「さぁ、どこまで持つでしょうか・・・」という雰囲気になっていたし。

とはいえ、あそこまで失速してしまうなんて思わなかった。
最後はロードで何度も転びながら、ゴール前のトラックでも3回も転倒しながら、一応「完走」ということにはなった。
感動的なシーンなのかもしれないけど、私は泣けなかったなぁ。
だって箱根駅伝じゃあるまいし、倒れた時点でリタイアさせてもよかったんじゃないか。
福士選手は、1万メートルやハーフの日本記録を持った「金の卵」なのに、あそこまでダメージを受けさせて大丈夫なの?

新聞で読んだけれど、マラソンに転向してまだ1ヶ月。
練習で走った距離も30kmが最高だったらしい。
Qちゃんはこの時期、毎日60km走りこんでいるって「トクダネ」で言ってたし、レースに出るのが早かったんじゃないかなぁ。
大体、こういう走りをしちゃイカーンって、周りからのアドバイスはなかったんだろうか?

私はあんなに痛々しい福士選手の姿は見たくなかった。
最後に無理して笑っていたけど、どうせなら大泣きして欲しかった。
北京オリンピックでは、1万メートルでいい記録を出して欲しい。
マラソン転向はそれからでもいいんじゃないかな?

「やっぱりマラソンは恐ろしい」っていう感想を持った人が多かったけれど、市民ランナーの方がよっぽどマラソンの走り方を心得ているよね。
やっぱりマラソンは経験がものを言うスポーツなんだと思った。

|

« フロストバイトロードレース | Main | ようやく一段落 »

Comments

その日、30キロ手前の福士選手の独走状態を見たあとで出かけたので、夜、ニュースを聞いて驚きました。まさかあんなになるとは。今年の箱根もですが、一流の選手でもあんなことになるなんて、これからフルに初挑戦しようというシロウトはビビります^^;。ニュースに映っていた福士選手のお母様。わが子のあんなつらそうな姿見たい親はいないだろうと思うと、胸が痛みました。

Posted by: つー | January 29, 2008 at 08:10

>つーさん

福士選手は1ヶ月しかマラソンのトレーニングをしてこなかったそうなので、完全な練習不足だと思いますよ~。
これからフルを走るランナーはあれを見てびびっちゃうと思いますが、市民ランナーのペースとは完全に別世界なので、あれは忘れちゃっていいと思います。
これからあと2週間ちょっと、緊張して風邪も引きやすくなると思うので、ストレスなく過ごしてくださいね~。(いや、私もです)

Posted by: みなみ | January 29, 2008 at 14:42

私は録画してたのを夜、見ましたが
最初の様子と最後の違いを見て愕然としました。
やっぱし、練習せんとあかんのですよね。
ま、彼女のキャラなんでしょうけど、
妙にサバサバしてたのが、現代っこやなぁ~と感じた次第。
(完全におっちゃんモードです)

Posted by: よーちゃん | January 29, 2008 at 21:01

>よーちゃん

そうでした、彼女は現代っ子なのですよね。
現代っ子という言葉自体、通じるのかどうかわからないけど(笑)、私よりも20歳近く若いんだものね~。
ゴールして泣くわけないかー、と今思いました。あはは~。

Posted by: みなみ | January 29, 2008 at 22:18

福士選手が、未経験の距離を、それもレースとして走ることが簡単なことだ、とは思ってなかったと思うんですよね。オリンピック年というのが幸か不幸か重なってしまって、準備不十分で出ざるを得なかったんじゃないでしょうか。
話題となって喜んだ誰かもいたでしょうが、本当に自分の思う道を選んで、そこで輝いて欲しいと思います。

Posted by: さまりす | January 29, 2008 at 23:11

私はね、彼女がマスコミに踊らされたとか、全然思わない。彼女はマラソンが走ってみたかったし、彼女は彼女の走り方で試してみたかったんだと思うよ。
マラソンはかくあるべきだというやり方は、当然知っていたはず。
でもあえて、彼女のやり方で走ってみたかったんじゃないかな。
それで、ヘロヘロになった自分がどうなるのか見てみたかった。
あの笑顔は無理したものではないし、本人が楽しんでいたからできたのだと思うよ。
だからこそ、招待選手をけって、一般参加したのだと思う。マスコミが騒ぐほど、福士選手本人はマラソンでオリンピックに行こうとか思っていたとは思えないんだよね。
たぶん行けたらラッキーぐらい。
ただからだのダメージは心配だ。
本業の1万メートルに支障ありませんように。

Posted by: とだひ | January 30, 2008 at 08:42

>さまりすさん

本当にそうですね。
彼女の真に迫ったインタビューなどを読んだことがないので、私はあくまでもテレビを通じてみた福士選手の印象しかないので、誤解も多々あると思うんですが。
私は1万メートルを走る福士選手が好きだなぁ。かっこいい。
でもマラソンの素質もありそうですね。もしかすると、すごいランナーになるかも!

>とだひさん

なんか最後は、あれれれー脚がこんなになっちゃうんだ!っていう事実に笑っているのかな、とか思ったんですが。。
楽しそうにはあんまり見えなかったけど、楽しく走れていたのなら救われます。
北京が終わってから、またじっくり時間をかけてマラソンへの転向を図ったら、すごいスピードランナーに成長するような気がします。

Posted by: みなみ | January 30, 2008 at 11:32

Incredible! This blog looks exactly like my old one! It's on a entirely different subject but it has pretty much the same page layout and design. Wonderful choice of colors!

Posted by: minecraft.net | September 16, 2014 at 20:51

Outstanding story there. What occurred after? Take care!

Posted by: best dating sites | January 06, 2015 at 13:30

Hey there! I've been reading your blog for a long time now and finally got the bravery to go ahead and give you a shout out from Kingwood Tx! Just wanted to tell you keep up the good work!

Posted by: match.com | February 09, 2015 at 12:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フロストバイトロードレース | Main | ようやく一段落 »