« フロストバイトロードレース | Main | ようやく一段落 »

January 28, 2008

うーむ

昨日はどこへも出かけず、家の片づけをしながら大阪国際女子マラソンをテレビで見ていた。

レースの注目は福士選手。
どことなくとぼけたキャラクターは好き嫌いが分かれるところだと思うけど、まだ25歳だったのか。
もうちょっと上かと思っていた。

福士選手はスタートからどんどん飛ばす。
後ろの集団をあっという間に離して、独走状態。
走りが・・・マラソンではないかも?
ハーフマラソンを見ているような感じ。

こういう展開になって、ゴールまで逃げ切った選手を私は見たことがない。
テレビのコメントも、「さぁ、どこまで持つでしょうか・・・」という雰囲気になっていたし。

とはいえ、あそこまで失速してしまうなんて思わなかった。
最後はロードで何度も転びながら、ゴール前のトラックでも3回も転倒しながら、一応「完走」ということにはなった。
感動的なシーンなのかもしれないけど、私は泣けなかったなぁ。
だって箱根駅伝じゃあるまいし、倒れた時点でリタイアさせてもよかったんじゃないか。
福士選手は、1万メートルやハーフの日本記録を持った「金の卵」なのに、あそこまでダメージを受けさせて大丈夫なの?

新聞で読んだけれど、マラソンに転向してまだ1ヶ月。
練習で走った距離も30kmが最高だったらしい。
Qちゃんはこの時期、毎日60km走りこんでいるって「トクダネ」で言ってたし、レースに出るのが早かったんじゃないかなぁ。
大体、こういう走りをしちゃイカーンって、周りからのアドバイスはなかったんだろうか?

私はあんなに痛々しい福士選手の姿は見たくなかった。
最後に無理して笑っていたけど、どうせなら大泣きして欲しかった。
北京オリンピックでは、1万メートルでいい記録を出して欲しい。
マラソン転向はそれからでもいいんじゃないかな?

「やっぱりマラソンは恐ろしい」っていう感想を持った人が多かったけれど、市民ランナーの方がよっぽどマラソンの走り方を心得ているよね。
やっぱりマラソンは経験がものを言うスポーツなんだと思った。

|

« フロストバイトロードレース | Main | ようやく一段落 »