« January 2008 | Main | March 2008 »

February 17, 2008

完走しました!

素晴らしい天気と応援の中、無事に完走できました。

タイムはグロスで4時間26分、ネットで4時間18分でした。自己ベスト更新できて満足です。

でも、もうちょっとだけ頑張れたかな~という気持ちも・・・。応援を力にして、もっと思い切って走ればよかったかななんて思ったりするのは、ゴールした後だからかな。なんとラストの1kmが本日のベストタイムでした。

今日は沿道に立っているはずの知り合いの場所を頭に叩き込んでおいたので、一生懸命探しながら走りました。いない場所では、沿道の人たちに手を振ったり。

そのかいあって、たくさんの人から応援をもらえて、そのたびにすごく元気になりました。応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

| | Comments (14)

February 16, 2008

行ってきます!

今日は娘の誕生日。
前々からわかっていたことなので、マラソンの準備は金曜日のうちにほとんど整えて、今日はプレゼントやケーキを買いに行ったり、余裕を持って早い時間から料理を作った。
明日は打ち上げがあって、帰りが遅くなるので、明日の晩ご飯の準備も。(カレーだけど^^;)

そんなことをしている間も、いろいろな人から「頑張って~!」というメールが届く。
jognoteやmixiの友達からも、たくさんの応援メッセージ。
明日は沿道にも大勢の友達が待っていてくれる。

ああ、なんて幸せなんだろう。

こんなにたくさんの人に応援してもらって、そしてきっと明日は去年以上にたくさんの人たちに沿道から送られて、42.195kmを走ることができるんだ。

なんだか今からじーんとしてしまう。
本当は、その何倍もお返しをしたい気持ち。
でもそれは今はできないから、明日は見ている人たちも楽しくなるような、そんな「楽しそうに走っている」自分をみんなに見てもらえるように、辛くても辛そうな顔をしないで走れるようにと心に決めた。
そして最後は笑顔でゴール。

42.195kmの旅に出かけてきます。

| | Comments (5)

February 15, 2008

受付に行ってきた

今日、東京マラソンの受付にビッグサイトまで行ってきた。

うっかり、携帯を家に忘れてしまって、気が付いたのが家を出てから30分後・・・。
携帯がないとわかると途端に落ち着かなくなって、情けないことに動揺すらしてしまった。
ちょっと携帯に依存し過ぎだわ。
というわけで、画像が撮れなくて残念。

先週の3連休は、息子のピアノの発表会から始って、仙台日帰り、最終日は娘とその友達の友チョコ作りの手伝いと、なんだかくたくただった。
おまけにお腹の調子が悪くなり、もしかして風邪?と嫌な予感がした。
火曜日は雨で、水曜日は強風。
テンションもまったく上がらず、走ったのは5日間で1回だけ。
去年の今頃に比べると、まったく緊張感に欠けていた。

でも木曜、金曜と週末に近づくにつれ、やっと東京マラソンが現実味を帯びてきた。
気持ちも盛り上がってきた。
風邪もどうやら大丈夫そう。
いいお天気が続いたので、本番用ウェアを着て走ってみる。
スタートの整列時と走り出しは寒そうだけど、日差しがある分、薄着でも何とかなりそうだ。

そして今日、いよいよ受付へ。

受付はすんなり終わり、エキスポ会場へ入るとかなりの人でごった返している。
ウェアも山のように販売していて、そこらじゅうでトレッドミルで走っている人がいたり。
去年に比べると出展数も増えて、何が入っているかわからない袋を次々と渡される。

人込みは苦手なのでお店はさらっと見て、会場で落ち合った京丸さんとしばしお茶をしながら、お互いのことを報告し合った。
あちこち、気になるところを上げたらキリがないけれど、ここまで来たら肩の力を抜いて楽しもう、という結論に達したところでビッグサイトを後にした。

私にとっては4度目のフルマラソン。
ここにきて、うーむ困ったなという心配事もないわけではないのだけど、NAHAマラソンも28kmで膝の激痛に襲われながらも何とか完走できたし、なんとか4時間20分以内でゴールしたい。

そして、やっぱり心から楽しまなければね。
応援してくれる人、ボランティアをしてくれている人に感謝の気持ちを込めて、走りたくても走れなかった何万人のランナーの分まで楽しんで走ろう。

東京マラソン関係の記事を、去年のものからすべて「東京マラソン」というカテゴリーにまとめてみた。
これを読むと、去年のことを思い出して少しだけ胸が熱くなる。

今年も、すべての人にとって思い出深い一日になりますように。

| | Comments (4)

February 10, 2008

仙台にて

仙台にて
仙台に行ってきた。

昨日の積雪が心配だったけど、思ったよりも暖かくて雪はほとんどなかった。

ちょうど1年前、東京マラソンの直前に他界した叔父の一周忌。あれからもう1年が経ってしまった。去年の東京マラソンの完走メダルは叔父の祭壇に飾ってある。ゴールしたら直接渡そうと思っていたのに それはかなわなかった。

今回無事に完走メダルをもらえたら、今度は自分のために飾っておこうかな。きっと叔父も喜んでくれるはず。

母方の親戚と会うのはいつも楽しみで、来週マラソンを走るというとみんなから賞賛と激励を頂いてしまった。
本当は仙台国際ハーフを走るよと言ってみんなを喜ばせたいところだったけど、今年も基準タイムクリアならずお預けに。地元で開催される、近くで遠いレースである。

せっかくなので実家に寄って行きたかったけど、甥っ子がなんとインフルエンザで大変だと言うので今回は寄らずにとんぼ帰り。
夕日に輝く吾妻小富士を遠くに眺めながら東京に向かっているところだ。

さぁ、東京マラソンまでいよいよ一週間。

| | Comments (6)

February 09, 2008

ニュースを見て

66歳の法華津 寛さんが過去最年長で北京オリンピック出場を果たしたというニュースに、昨日から釘付けだ。

馬術というスポーツの特性なのか、テレビを通して拝見する法華津さんはとても66歳には見えないし、凛とした気品が感じられるお方だ。

どうしてこの年齢までオリンピック出場を目指していたのか?という質問に対して、法華津さんは、
「この年になっても、僅かながらまだ上達しているからです。」
というようなことをおっしゃっていた。

うーん、カッコイイ。
上達しているのは、やっぱり常に上を目指して練習してきたからではないだろうか?
人は誰でも、記録が頭打ちになったり、できていたことができなくなると年齢のせいにしてしまいがちだが、本当はそれを言い訳にして上を目指すことを諦めるからなんだろうな。

私もすぐに「もう今から速くなるなんて無理かも・・・」と思ってしまうのだけど、そういう気持ちが自分の可能性に蓋をしてしまうんだろうな。

日本ではあまり馬術は注目されてこなかったけれど、北京オリンピックの中継では法華津さんの競技をじっくり見ることができるかもしれない。
今からとても楽しみだ。

| | Comments (4)

February 07, 2008

ヨガでリラックス

朝起きてみたら、昨日あんなに痛かった「鍼返し」の痛みがきれいさっぱり消えていた。
う~ん、東洋医学の神秘だな。
あの痛みはなんだったんだろう?

とりあえず今日はまだ走るのはやめて、ウォーキングで様子を見ることにした。
そうだ、久しぶりにヨガでも行ってみようと思い立った。

ここ2週間ばかりヨガに行っていなかったのは、右肩の痛み(=四十肩)がヨガの後にひどくなってしまったせい。
でも今日は昨日の鍼のお陰か、痛みも軽いので大丈夫かもしれない。
それに、肩の痛みにはもうすっかり慣れてしまった。
もう自分の一部と言う感じ。
人間の適応能力ってすごいなーと思う。

ヨガは高温(35度ぐらい)・多湿(50%ぐらい)のスタジオで行われる。
1時間、この環境でポーズを取っていると、汗がどんどん流れて身体が芯から温まる。
終わって外に出ても、身体がホカホカしてコートも要らないほどだ。

そういえば、今年は寒い冬になっているけれど、全然ホカロンを使わなくても済んでいるのは、冷え性体質ではなくなったからなのだろうか?
家の中でも素足で歩けるし、前のようにジーンズの下にタイツを履く必要を感じない。
その分、ラーメンを食べたりするとすぐ汗をかくのにはちょっと困るけどね。

ヨガで気持ちはすっきりしたけれど、身体はまだどーんと重い感じ。
ちょうど今、疲労がピークなのかもしれない。

天気予報を見ていたら、土日はまた雪になるらしい。
週末になると雪が降るというこのサイクル・・・どうか今週で終わりになりますように。
3連休のうち、1日ちゃんと走れればいいかな。

さて、明日は少し走ってみよう。

| | Comments (5)

February 06, 2008

再び、鍼治療

昨日の30km走のダメージは思ったほどではなく、筋肉痛も皆無だった。
でもちょっとだけアキレス腱と膝に違和感。
これが痛みに発展しないようにと、今日は鍼治療に行って来た。

毎回痛い思いをしているのに、鍼もこれで5回めだ。
よく通ったな~。
一瞬の痛みは歯の神経の治療に匹敵するものがあるけれど、それでも膝や足首が治るのなら耐えられるってもんだ。

治療が始まって、昨日30km走ったこと、アキレス腱と膝の裏側に変な張りを感じること、相変わらず右肩は痛いことを伝えると、さっそく膝の裏側にトントンと鍼が打たれていく。
そこから段々下がって、ふくらはぎ、アキレス腱と移動。
痛みに必死で耐えていたら、足が攣りそうになってしまった。

どうも、アキレス腱ではなくヒラメ筋がかなり張っているらしい。
ヒラメ筋か~。
10分ほど温めてもらって、1度立ち上がるとふくらはぎに激痛!
まるで突然ひどい筋肉痛が噴出したような感じ。

「先生~痛いですぅ・・・」
「そうですか~。もう少し打っておきましょうか」
「はい・・・・゚・(ノД`;)・゚・」

いつもは右足だけなのだけど、今回は左足にも鍼を打ってくれた。
2日ぐらいは痛いと思うので、ウォーキングで様子を見てくださいとのこと。
この先生は、私のような素人ランナーの「あっちが痛い、こっちが痛い」という言葉にもちゃんと耳を傾けてくれて、いつも必ず「何とか間に合わせましょう」という心強い言葉をかけてくれる。
ちゃんとプレーヤーの心理も理解してくれているのだと思う。

治療が終わった後はヨタヨタと歩くのが精一杯で、却って悪くなってしまったような不安な気持ちになるのだが、この痛みが数日で取れればきっといい状態になるはず。

マラソンが終わった週の金曜日にもう1度予約を取った。
先生に結果の報告を兼ねて、足のケアをしてもらうつもりだ。

外に出るとまた雪が降っていた。
今年は雪の多い冬になりそうだなぁ。

| | Comments (5)

February 05, 2008

おまじない30km

日曜日の神奈川マラソンが吹っ飛んでしまって、最後の走り込みの予定が狂ってしまった。
本当は、「ハーフを走って夕方さらに10km」または「ハーフを走った翌日にゆっくり20km」のどちらかを実行しようと目論んでいたのだけど。

東京マラソンまで2週間を切ってしまい、ロングランをするタイムリミットもじわじわと迫っている。
サイクリングロードがしばらく雪で走れなくなるんじゃないかと心配だったけれど、月曜日に走ってみた感じでは大丈夫そうだったので、本日火曜にロングランを決行することにした。

天気は晴れ、最高気温の予報は10度。風もなく、絶好のラン日和だ。
ちょっと暑いかなと思ったけれど、東京マラソンで着る予定のウェアを選び、ボトルにアミノバリューと補給食にパワーバーを2袋持って、本番のシミュレーションを兼ねて走ることにした。

家を午前10時に出る。
境川沿いを、のんびりと下流に向かって走り始めた。
しばらく行くと、保育園児らしきチビッコたちがわらわらと向こうから走ってくる。
どうやら、公園をゴールにしたミニマラソン大会をやっているらしい。

一生懸命走る子や、保母さんに手を引かれながら泣いている子もいる。
「がんばれ~!」と声をかけながら走っていたら、ふと鼻の奥がつーんとしてきた。
年を取ると涙腺が弱くなって困るな、まったく。

ところどころに、日曜日に降った雪がまだ白く残っているのが目に楽しい。
崩れかけた雪だるまの残骸もあちこちに。
東急田園都市線の高架を空いた下り電車が流れていく。
平日のこんな時間に走らせてもらえるなんて、本当に贅沢で幸せ者だなと思った。
それでも、ちらほらとランナーとはすれ違う。
こちら側に走りに来ると、必ずすれ違う女性ランナーさんは、いつもマスクをして片方の腕に小さなバッグを引っ掛けているのだけど、走りにくくないのかな?

とにかく長い距離を走るときは、退屈との戦い。
i-podからは、娘が入れてくれた最新のヒット曲から、私が入れた懐かしの名曲(笑)まで、ランダムにいろいろな曲が流れてくる。
次はどの曲が流れるか、曲と曲の合間が一瞬の楽しみだ。

10km走ったところで、折り返すことにする。
おっと、ここでパワーバーを食べてみよう。
いろんな人がおいしい!と言っていた梅味を開けて、口の中に流し込む。
ううーこれは水なしでは飲めないな。ドリンクで何とかお腹の中に納めた。

量が少ない割りに、お腹にしっかりと溜まる感じがしてなかなか良い感じ。
あまりたくさん食べられない私には合っているかもしれない。
20km地点でふたたびレモンライム味を食べてみたが、これも悪くはなかった。
東京ではこれを持って走ることに決定する。

15km地点でトイレ休憩。
朝から紅茶とコーヒーを飲んだのは失敗だった。
朝はどうしてもコーヒーが飲みたくなるけれど、マラソン当日だけは我慢だな。

20kmでちょっと膝がきしんできたので、ゆっくりとストレッチ。
疲労も感じるけれど、もう少しがんばろう。
自分の中にスタミナの器みたないなのがあって、こうして長く走ることでその器が大きくなっていくイメージ?
そんなことを考えてみたり、かと思うと突然銀座や浅草や豊洲の風景がフラッシュバックしてきたり、なんだか脳みそも疲れてきたみたい。

20kmから先は、脚のあちこちが痛くなっては消え、ヘロヘロになったかと思うと復調したり、なんだかよくわからないままに、とにかく走っている感じだった。
時々ストレッチもしたけれど、歩かずに3時間が経過。
ちょうど29km走って家の近くに戻ってきたので、最後の1kmは脚の様子を見ながら早歩きをして30kmの旅は終わった。

家を出てからは3時間半が経過していた。お腹空いたー。

フルの前の30km走は、私にとっては安心してスタートラインに立つためのおまじないのようなもの。
こんなギリギリに走ってしまって、故障するんじゃないかとか不安もあったけれど、とにかくやれるだけのことはやったという満足感が持てたので、あとは野となれ山となれだ。

これで残りの日々は心穏やかに、のんびりと調整できそう。
とはいえ、週末の3連休はランとは関係ない予定がいろいろ入っていて忙しくなるので、風邪を引かないように要注意かな。
この冬、まだ一度も風邪を引いていないので(密かな自慢)、どうかこのまま当日を迎えられますように。

| | Comments (580)

February 03, 2008

東京マラソン試走

今日は大雪のために、神奈川マラソンは中止。
朝起きた時、一面雪景色だったので即座に「や~めた」と思ったのだけど、ラン仲間の中には「もしかして走れるかも?」と思って会場に出かけた人も。
ランナーって本当にMだなぁ~とつくづく思ってしまった(笑)。

今日は暇になってしまったので、ちょっと前の話になるけれど、東京マラソンの試走をした時の話など。

先週の土曜日の話なのだが、東京マラソンを走る私とharryさん、サポート部隊のブランさん、トモちゃんの4人で、コースの試走をすることになった。

東京マラソンのクライマックスはやはり佃大橋からの残り7km。
ここまでいかに脚を温存できているかで、記録も大幅に変わってくると思う。
ということで、今回は築地にあるharryさんのマンションをスタート地点にして、銀座~浅草~築地~ビッグサイトまでの後半部分を走ることにした。

土曜日の朝10時とあって、銀座はまだ人も少なくてすんなりと通過。
東京マラソンの幕がたなびいていて、なんとなく気分が盛り上がる。Dvc00018
浅草までの道のりは、結構曲がり角が多く、harryさんのナビゲートがあってとても助かった。
時々、試走をしているらしきランナーとすれ違う。

雷門はコーナーを曲がると突然目の前に現れた。Dvc00014
遠くからは見えないので、あっもう雷門か、と思う。
いつもながら観光客が溢れかえっている場所だ。

復路は隅田川テラスを走りたいなと思って、harryさんにお願いしてみた。
大きな川を眺めながら走るのはとても気持ちがいい。Dvc00011
ところが、隅田川テラスは所々工事をしていたり水門があったりで、行ってみたら行き止まりという箇所が2つもあった。
右往左往しながらまた元の通りに戻ってきたら、今度はなんとマンションの火事現場に遭遇。Dvc00010
すごい煙だった。怪我人がいなければよいのだけど。

もう一度テラスに降りて、佃大橋まで走った。
ここからは再びマラソンコースに出る。
海が見える大きな橋の上は、ものすごい風と寒さで汗が一気に冷えてしまった。
この風は残っていた最後の体力をもぎ取っていくような感じ。

豊洲は沿道の応援も多くて、重くなった脚もふと軽くなるところだ。
ジャスコの交差点を右折してからは、急に応援も少なくなり、周りも殺風景な感じになる。
最後の最後に、陸橋の緩い上り坂を越えたらもうゴールはすぐそこ。
何度もコーナーを曲がるので、ゴールが見えないもどかしさはあるけれど、橋を4つ越えることを覚悟しておけば気持ちが切れずに済むかも。

ここまで約21km。
ここから晴海大橋の長い坂を上って、無事築地に戻ることができた。Dvc00007
所要時間は信号待ちなども入れて3時間10分ぐらい。
harryさんによると、26km走ったみたいだ。

やはり試走をすると、マラソン全体の組み立てもイメージしやすくなると思う。
今回は2回目なので、去年以上に東京を走ることを楽しんで、タイムもちょっと高め目標の4時間15分ぐらいを狙いたい。

この後、ぺこぺこに空いたお腹を抱えて、ラーメンジプシーになった4人の顛末は、harryさんのブログでお楽しみ下さい(笑)。

| | Comments (20)

February 01, 2008

1月のまとめ

1月が終わった。
もう1年の12分の1が終わっちゃったのか。

それはさておき、1月を振り返ってみると目標の200kmを大きく上回って、走行距離は232kmになった。
20km以上のロングランが5回。
大会は10km、5km、ハーフと3回出走。
鍼の治療に3回通ったおかげで、膝や足首の痛みも大分良くなった。
特筆すべきは休肝日が8日もあったこと。
jognoteで休肝日同盟を結成してみんなで頑張ったのだが、それが効果抜群だった。

しかし、1月は時間もお金もたっぷりランニングにかけたという感じがする。
ちなみに、ざっといくらぐらいお金をかけたかを計算してみた。
大会のエントリーフィーが3大会で7800円。
鍼の治療代が18000円。
アスリートクラブでインソールとシューズを購入したので、それが約20000円。
これにバーゲンで買ってしまったウェアや大会の交通費、打ち上げで払ったお金なんかを入れると、6万近くになりそう。

ちょっとイチ主婦の趣味としてはお金がかかりすぎているな~(汗)。
マラソンはお金のかかるスポーツだと、最近思うようにしている。
日々のジョギングだけならお金もかからないんだけどねー。

さて今日から2月に入った。
東京マラソンまであと2週間あまり。

まだ30km走をしていないのでどうしようかと思っているのだけど、先週の日曜に東京マラソンの試走をして、3時間以上の行動で約26.5km走っているので、まぁこれでもういいかなという気もしている。
12月に一度フルマラソンも走っているし・・・?
これって少しは身体に残っているものなのかなぁ。

まだペースをどうするかを決めかねているのだけど、サブ4は今年の秋のフルマラソンの目標にすることにしたので、できればキロ6分を切るペースで走ってみたいな。
いっときは、写真を撮りながらのファンランにしようかなと思っていたのだが、やはり走るからには自己ベスト更新を目指して走らなくてはと思い直した。

週末は神奈川マラソンのハーフで最後の調整。
なんか雨模様で残念だけど、好きなコースなので楽しく走れますように。

| | Comments (9)

« January 2008 | Main | March 2008 »