« やんばるの森 | Main | 平日真昼間の皇居ラン »

April 07, 2008

高水山トレイルラン

昨日は「青梅高水山トレイルラン」の15kmの部に参加してきた。
この大会は、去年に引き続き2度め。
去年も参加者が多かったけれど、今年はさらに増えていたようだ。それもそのはず、昨今のトレイルブームはものすごい(らしい)。
そのブームに乗っていると言えなくもない私だが、しかし今回は1度試走もして、階段トレーニングや自転車でしっかりと脚作りをしてきた(つもりだ)。

この日は気持ちよく晴れた絶好のトレイル日和。
まずは恒例のエアロビで筋肉に刺激を入れておく。ちょっと疲れるけど、このエアロビは準備運動にはもってこいだと思う。

35kmのスタートはものすごい人で、下から眺めていても全員通過するまでかなり時間がかかったようだ。
15kmは去年よりも少し人数が減ったかな?
だいたい真ん中あたりに並んででスタートした。
持ち物は、ウエストバッグにアミノバリュー1本とパワージェル1個(結局飲まなかったけど)。

前日、jognoteの仲間とお花見オフをしたのだが、その疲れが重たく残っていて、なんとなく走る意欲が湧いて来ない・・・。
でも走り出したら少しずつ身体の調子も良くなってきて、ゆっくりだけど歩かずにどんどん歩を進めることができた。
苦手な下り坂も、モントレイルのシューズのお陰でしっかりと止まってくれるので、去年よりずっとうまく走れている。
周りを見ると、15kmの人は普通のラン用シューズが多かった。私も去年はそうだったのだけど、シューズの違いは思ったよりも大きい。
これだけでこんなに安心して坂を下れるなんてビックリした。
舗装路の長い下りがあるので心配だったけど、そこも案外普通に走れた。
給水所でお塩と黒砂糖を頂き、コース脇の民家の方が山で取れた夏みかん?を配っていたので1切れ頂く。酸味が疲れた身体に染み渡る。

鎖場の手前では大渋滞してしまい、約10分足止めされてしまった。
その間に心拍数も落ち着いて、前にいたご夫婦の写真を撮ってあげたり、しばし和やかな時間を過ごす。
急な上りをロープを使って上ると、35kmとの分岐があっていよいよ残り5kmぐらい。

見覚えのある道に戻ってくると、最後はオフロードながらしっかりと走れる道幅になり、ここが頑張りどころと必死に走る。
しかし、今日は下り坂を頑張ってしまったので、ちょっと膝が不安な感じ。
2週間後のかすみがうらのことも心配なので、少しスピードを緩める。
それでも去年より7分速い2時間4分でゴールできた。
足止めされた時間もあったから、実質2時間は切れていたかな?

ゴールではnanalottaさんが待っていてくれて、ちょっとお話できたのが嬉しかった。
走る前は不安だったけど、しっかり走れたことで達成感もひとしお。
久しぶりに全力を出し切った気分だった。Photo_2 (写真はnanaさん撮影)

正直言って山のレースは危険が伴うし、後ろから猛スピードで抜かれるのは恐怖なので、もうトレイルレースに出るのはやめようと思っていた。
でも高水山は35kmのトップに抜かれることもなかったので(私がゴールしてすぐにトップがゴールしていたけれど)、あまり後ろを気にせずに走ることができた。
2年連続で走ってコースも把握できたし、気持ちよく走れたのでこのレースならまた来年出てもいいかな?

私にとってトレイルはあくまでもクロストレーニングの一環。
でも、山は大好きなのでこれからも楽しんで走って行きたい。
レースは吟味して、これはというものだけ出場してみようかなと思っている。

余談:本日(翌日)はなんと筋肉痛がなかった!去年は3日ぐらい階段を下りるのが大変だったのに。どうやら脚作りの効果はあったようで嬉しかった。

|

« やんばるの森 | Main | 平日真昼間の皇居ラン »