« May 2008 | Main | July 2008 »

June 28, 2008

骨伝導ヘッドホン

骨伝導ヘッドホンが届いた!

Photo

左側がいつも使っているヘッドホンで、右側が骨伝導式のヘッドホン。
ちょっと大きいけれど、重さは35gなのでとても軽いです。

さっそく使ってみた。
普通耳に当てる部分を、こめかみを挟むような感じで装着する。ちょっと挟む力が強すぎるような感じ。娘でも「きつい~」って言っていたので、締め付けが嫌いな人には気になると思う。私はすぐに慣れたので大丈夫かな。

そしてi-podのplayボタンを押してみると・・・むむ?音量が小さい。
確かにちゃんと聞こえてくるけれど、最大ボリュームにしてようやく普通の音量と言う感じ。でもなんとなく遠くから音楽が聞こえてくる感じもする。当然かもしれないけど、耳から直接聞くのよりは薄っぺらな感じだった。モノラルというわけではなくて、ちゃんとステレオで聞こえては来るのだけど。ヘッドホンが振動する感じはほとんどわからなかった。

と、少し音質に不満はあったけれど、最大の利点である「周囲の音が聞こえる」こと。
これは本当に便利。今までのヘッドホンにはない不思議な感覚だ。試しに自転車に乗って使ってみたけれど、車の音も良く聞こえるし、安全面では普通のヘッドホンの比ではないと思う。

もちろん、音楽に集中しすぎると他の音は聞こえなくなるので、テレビの音を聞いたり人と話をする時は音量を絞らないと難しい。これは人間の脳の問題かな(笑)。
自転車やランの時に近づいてくる車や自転車の音を拾うぐらいは全然問題ないと思う。誰かに名前を呼ばれて気が付かないっていうこともなさそう。

その他に気が付いたことは・・・

・ヘッドホンの後ろの部分が大きくて私の頭にフィットしないので、首を横に振ったときにパッドの部分がずれてしまう。

・シャカシャカという音漏れが大きいので、電車の中等では不向き。

・防水仕様なのがgood。丸洗いもできるらしい。

総合的には買ってよかったと思える商品だった。多分、いろんな場面で便利に使えると思う。
私が使うのは自転車に乗るとき限定になるかな~。時々はランの時にも使ってみよう。

*京丸さんや海実子さんが言っていた耳の穴の形に合うヘッドホンがないお悩みは、もちろんこれで解決できると思うけれど、クリアで高品質の音を求めるのならちょっとお勧めできないかもしれません。それならば、大きな電気量販店に行くと今はありとあらゆる形のヘッドホンが壁一面にディスプレイされてますから、かならずや耳に合うものが見つかると思いますよ。
あと自分の耳型を取って特注で作ってくれるなんて言う商品もあるそうです(高いみたいだけど)

【追記・ランの時に使ってみた】

思ったより良かったです。

ヘッドホンのずれ等は気にならず。後ろから走ってくる人の足音、自転車のベル、車が近づく音、鳥の鳴き声までよく聞こえて、音楽がBGMになって溶け込んでいた。周囲の音が聞こえるのは、こんなに安心だったとは意外なほどだった。これからは安全も考えて、ランのときも骨伝導を使おうと思った。

| | Comments (167)

June 25, 2008

また衝動買い

数年前から日本のミュージック事情にかなり詳しくなった。

それもこれも、娘が毎週TSUTAYAから新作のCDを借りてきてはiTunesに落としておいてくれるので、それをi-podに取り込んで聞くようになったからである。

だから、私のi-podには新旧織り交ぜてありとあらゆる音楽が混在している。
80'sのフォークやニューミュージック(死語)だったり、クラシックだったり、最新のJ-popだったり。
娘がジャニーズとかのアイドル好きじゃなくて、ちゃんとしたミュージシャンが好きな子でよかった~。

今日は娘が大ファンのaikoのコンサートがある。aikoのライブは初めてだから楽しみ!チケットを取るのに苦労したよ。でもこうして一緒に行ってくれるのもあと1~2年かなぁ。ちょっと寂しい。

それに今日は私が最近お気に入りのGReeeNの2ndアルバムの発売日。
ウォーキングがてら、買いに行かなくては。

そうそう、J-wave LIVEのチケットも手に入れたんだった。迷った末に2日目にしたんだけど、あとで出演ミュージシャンが追加発表されたら、初日の方がよかったみたい。
2日目に絢香と大塚愛が出るからそっちにしたんだけど、初日はmihimaruGT、Crystal Kay、木村カエラ、Superfly、コブクロだって。娘の好きなミュージシャンばかり。失敗したー。

私の友達は音楽を聞く時間がないから、i-podには興味がないって言ってたけど、走ったり歩いたりしている時間が私の音楽タイム。
でも残念ながら、自転車に乗っているときはヘッドホンができないので音楽は聞けない。

と思ったら、こんなものを発見してしまって、ついポチっと購入してしまった!

骨伝導ヘッドホン

うう~高かったのに、また衝動買い。

でもこれなら、自転車に乗っている時でも耳がふさがれないので音楽が楽しめそう。
ランの時だって、耳をふさがないほうがより安全に走れるだろうし。

早く届かないかな~。楽しみ。

| | Comments (13)

June 24, 2008

無題

左の腿に違和感を感じて、これは故障したかな~と思ってから、早2週間。
正直言って、こんなに長い故障になるとは思わなかった。

今までは、鍼で治療したり、カイロに行ったりすればなんとか走れる状態になっていたのに、今回はかれこれ2週間、症状にまったく変化がない。
良くなっている兆しが感じられないのだ。

仕方なく、走るのを休む毎日。
一番戸惑っているのは、走らないことが日常的になりつつあることだ。

いつの間にか、走るはずの時間に他の用事が入り込んできている。
家事だったり、今まで手がつけられないでいたことだったり。
それはそれで、プラスに考えることもできるのだけど、だんだん走ることが非日常的に思えてしまう。

そして、走らない毎日を心と身体が受け止め始めていて、走り出そうと言う気持ちにならなくなってきてしまった。
つまり、走らなくても平気になってきてしまったのだ。たった2週間で。

その時間は、読書や映画にすりかわったり、自転車やヨガなどで汗を流すことにすりかわったりして、走れない日々を埋めようとしている。
人間て本当によくできているんだ・・・。

そうこうするうちに、魂を揺さぶられる本に出会ったりする。

走らないと時間がたくさんあるので、娘とTSUTAYAに行ってマンガを借りたりしていたのだが、ふと目に留まって手に取った「モリのアサガオ」と言う作品には、正直打ちのめされてしまった。
刑務所の看守である主人公が、死刑囚と死刑執行の間に悩む様子が描かれている作品なのだけど、一気に読み終えた後は、夜の寝つきが悪くなるほど衝撃を受けてしまった。

自分が走れないことで悩んでいることなんて、とてもちっぽけに思えてしまった。

自分にとって、走ることって何だろう?
どうして、毎日ランニングシューズを履いて、走らなくてはと思ってしまうんだろう。

このまま、走るのをやめたらどうなるんだろう。
いつか、走れない日が来てしまったら、どうするんだろう。

多分私は、「ランナーズブルー」の真っ只中にいるのだと思う。
じたばたしない方がいいのかな?
それとも、無理にでも走ってみたほうがいいのかな?
なんでもっと気楽に考えられないんだろう?

このまま、走らない選択をすることも、ありなんじゃないかと思える毎日だ。

外は雨。ランニングとの蜜月が終わりそうな予感。

***

この日記を書いたのは実はおととい。この日記はアップするのはやめようかと思っていた。

2日経って、今日は鍼の治療に行き、先生に「大分ほぐれたから、少し走ってみてください」と言われて、ほんの3kmだけだけど、歩いたり走ったりしてみた。

脚はまだ違和感があったけれど、前よりは好転しているように感じられた。風が気持ちよくて、身体が軽かった。

走ることをやめるのは、案外簡単なことだなと思った。続けることの方が、やっぱり難しい。好きでやっていると思っていたけど、こんなにあっさりもうやめてもいいや、と思えるなんて、私とランニングの関係はまだまだ危ういものなんだ。

レースに出れば常に結果が数字になって現れるから、それがランニングを楽しくもつまらなくもしている要素になっていると思う。それに囚われるのはやめようと思っても、私にはそれはまだできないみたい。

こんな風に自問自答することがこの先、何度も何度もあるんだろうな。

| | Comments (12)

June 18, 2008

休肝日、途中経過

京丸さんが休肝日ネタを書いていたので、私も便乗して。

今年の初めに「休肝日80日」の目標を掲げた私。さてその後、どうなったかと言うと・・・。

1月  8日
2月 15日
3月 10日
4月 13日
5月 14日
6月  7日(今のところ)

ということで、なんとここまでの休肝日は67日!おお、もうすぐ目標達成ではないか。これで後半は飲み放題?!

2月と4月はフルマラソン前に断酒したので休肝日が稼げたし、5月は前代未聞の6日連続白星も達成した。もしかすると、このまま飲まなくても平気な人になっちゃうんじゃないかなんて本気で思ったものだ。

ところが。

私も京丸さんと同じく6月に入ってからは、かなり休肝日が苦しくなってきた。なんと言ってもこの季節、冷たいビールがおいし過ぎる。
冷蔵庫には冷えたビールとご丁寧に冷やしたグラスまで入っている。入れなきゃいいものを、ね。「飲もうか飲むまいか」を禅問答のように繰り返し、「別にいいじゃん、飲んだって。去年までは毎日飲んでたんだし」とか、「いやいや、そんな甘いささやきに負けてどうする。ここは我慢だ、我慢!」などとゼーハーしながらご飯を作っているのである。(私は作りながら飲んじゃう派。キッチンドランカーとは違いますので念のため)

最近では「健康のため」とかそういう理由ではなく、ただ誘惑に勝てるか?負けるか?というゲームみたいな感覚になってきた。だから、今日は飲んでよし!という日には前よりもがぶ飲みするようになってしまった。これでははっきり言って意味ないと思うんだけど(汗)。

そんなわけで、上半期も終わるところで年間目標を上方修正することにする。
こうなったら、年間目標を京丸さんと同じ120日にするぞー。

夏の夕方の闘いはまだまだ続く。がんばろーね、京丸さん!

| | Comments (6)

June 16, 2008

ランニングとの関わり方

ランをお休みして早1週間。
先週の金曜日に走ってみたら、まだ全然良くなっていなかったので、もうしばらく様子を見ることにした。

どこがどう悪いというわけではないのだけど、着地時に左足の腿や膝が痛むのだ。
私がストーカー的にランニングを偏愛し続けてしまった結果なので、この際しばらくランとは距離を置いて、ちょっとほかの事に目を向けてみることにした。

まぁ私も、ランニングばかりやっていると見せかけて、結構他にも趣味はあったりする。

まずはガーデニング。

春に仕込んでおいた寄せ植えや野菜の苗がすっかり成長して、キュウリやなすやミニトマトが収穫できるようになった。Photo_2 Photo_3 土いじりをしていると、それこそ時間を忘れて没頭してしまう。ホームセンターに行って苗を選ぶのも幸せなひと時だ。もしも我が家に庭があったら、私は走らないで一日中庭仕事をやっていたかもしれない。

でも土いじりを長時間やっていると腰が痛くなるので、最近サボっていたヨガにも行った。

普段は1時間のショートコースを受けるのだけど、せっかくなので初級パワーヨガや90分のレギュラーコースにチャレンジしてみた。パワーヨガはちょっと面白かった。しっかり運動した気持ちになれる。このスタジオは室温も湿度も熱帯雨林並みのホットヨガなので、水を飲んだだけ汗になって出てくるという感じで、終わると気分もスッキリ、爽快。

しかし、ヨガだと有酸素運動にはならないので、自転車にも乗ってみた。

1時間半で約30キロ走ることができるけれど、なんとなく物足りない。自転車にとって30キロというのは、ランにすると5キロぐらいしかないんじゃないだろうか?
多少のアップダウンのあるところを選んで走ってみても、下りでは休めるし、平地では心拍もほとんど上がらない。
それなのに、歩行者や車に注意して走らなくてはならないので、常に神経を張り巡らせなくてはいけないから、走り終わるとどっと疲れる感じがする。まだ乗り慣れていないせいもあると思うけど。ランみたいに音楽を聞きながらぼーっとトランス状態に入るというわけにはいかないみたいだ(当たり前か)。

他にも趣味というほどではないかもしれないけど、映画を見たり読書をしたりネットショッピングをしたり、時間があれば暇つぶしにはことかかない。一応仕事も細々とやってるし(笑)

ランニングは残念ながら一生続けられる趣味ではないし、こうやって時には離れざるを得ない時期もあるから、走れなくなってバーンアウトするということにはならないようにしたい。

前にとだひさんと海実子さんと走りながら、もし(年をとって)走れなくなったら何をする?という話題になった。
「みなみちゃんは自転車でしょう」って言われたけど、ちょっと違う気がした。
しばらく考えて出した答は自分でも意外な「山歩き」だった。
「たぶん、中高年の山歩きを始めるんじゃないかな~。縦走とかしちゃったりして」と言ったら、とだひさんも海実子さんもそれに乗ってくれて、「いいねー!いつか一緒にやろうやろう!」と盛り上がってしまった。

もちろん、まだまだランニングは続けたいけれど、こんな風にランニングの先にあるものを考えると、なんだか楽しくなるし元気が出る。こういう考え方ってきっと女性の方が得意なんじゃないかな。

とにかく私は、こんな風にランニングとの関わり方をあれこれ考えるのが好きみたいだ。

| | Comments (10)

June 12, 2008

紫陽花と花菖蒲

やっぱり脚のご機嫌がよろしくない。
走り始めに左の腿にちくちくとした痛みがある。これをかばって走っていたせいか、膝まで痛くなってきてしまった。
今週も鍼に行ったら、左の腿に固いしこりがあるらしい。長い間に蓄積された疲労だと先生は言う。週末までは走るのは控えて、ウォーキングにして下さいと言うことだった。

あーもう。
原因はわかっているのよね。マラソンシーズンも終わったことだし、ちょっとスピード練習でもやってみようかなぁと、キロ5分ペースで走ったりしていたのだ。
でもそれだけなんだよ~。キロ4分切って走りましたとか、そいういうレベルではないのに。ケアが足りなかったと言うことなのかなぁ・・・。

しかしこんなにランニングが好きで、50キロだって100キロだって走ってもいいと思っているのに(ホントか?)、頑張ると必ず故障しちゃうって言うのはまったくもって理不尽だ。好きで尽くした男に、いつも最後で裏切られちゃうようなもんである。

えーい、こうなったら浮気してやる。
ということで、昨日は久しぶりに自転車に乗ってきた。そろそろクロスバイクは卒業したいなぁと思っていたので、思い切って夫の古いドロップハンドルの自転車を借りてみる。ペダル固定は怖いので、ビンディングじゃないのに替えてもらった。

ドロップハンドルはすぐに慣れたけど、ブレーキレバーが遠くてきちんと握れない。これでは怖いので、行きがけにちばサイクルに寄ってレバーの調整をしてもらう。薄いゴムを挟んでもらったら、少し楽に握れるようになった。

行き先は相模原公園。この時期は8000株もあると言われる紫陽花が見ごろになっているはずだ。それから菖蒲園の菖蒲も咲き始めたらしい。

公園に着いて自転車を停めて散策をする。ちょっと格好が恥ずかしいけど、まぁ気にせずに。
紫陽花がきれいに咲いていた。 P1000153_3
種類もいろいろ。八重咲きの珍しい紫陽花もあった。P1000159
6月は雨が多くてうっとうしいけれど、紫陽花には曇り空や雨が似合うなと思った。P1000150

場所を移して、女子美大の近くにある菖蒲園へ。5月に来た時はまだ全然咲いていなかったのに・・・。

P1000098

こんなに見事に咲いていた! P1000168_4

菖蒲は「江戸系」「伊勢系」「肥後系」と大きく3つに分類され、さらに細かい品種が8000もあるらしい。ここの菖蒲園は1列ごとにすべて品種が異なっており、きちんと名前の表示もしてある。その名前がなかなか粋で、読んでいても楽しい。たとえば、「村雨」「小町の舞」「沖の白帆」なんていう具合である。
花の色も、濃い紫、白、淡いピンク、斑入り、など本当に多種多様だ。こんなにたくさんの菖蒲が咲いていると、ほんとうに圧巻! 今まで花が咲いている時期に来たことがなかったので、これからは毎年忘れずに見に来なくては。
まだ蕾の列もたくさんあったので、この先2週間は楽しめそうだ。P1000194_2 P1000167

相模原公園を後にして、ちょっと相模川まで行ってみようと思った。相模原は地形が階段状になっているので、川までは長い下り坂になる。ということは、帰りは上り。
途中まで下ったところで、やっぱり今日はやめておこう、と弱気になって引き返した。上りはなんとか頑張れたけど、後ろからダンプカーが煽ってくるのがメチャメチャ怖い。
ここは産業道路になっている上に、狭い2車線の道路なので、楽しくサイクリングする道ではないなー。

自転車で走って楽しい場所はいろいろあると思うけど、そこに行くまでの公道が危険だったりすると、ちょっと考えてしまう。いろいろなハードルを考えるとやっぱり自転車よりランのほうが手軽だし、安全だし、楽しいなーと思えてしまう。

なんとか無事に戻ってこれたけど、緊張のせいか肩がガチガチに凝ってしまった。ふ~怖かった。

しかしランとの微妙に不安定な関係に振り回されるのもツライから、一応自転車くんもキープで行こう(笑) とにかく安全な乗り方を覚えなくては。おりしも、funride誌が安全な乗り方について特集していたから、じっくり読んでみようっと。

| | Comments (19)

June 03, 2008

かけこみ寺

数日前から走り出すと左の腿に嫌な感じの痛みがあったので、今日は久しぶりに鍼に行ってきた。
2kmぐらい走ると気にならなくなるのだけど、もしかして肉離れの兆候だったりして・・・?

鍼は去年のNAHAマラソンで膝を痛めた時に初めて行ってみた。それまでは整体オンリーだったのだけど、鍼の先生との相性も良かったみたいで、以後何かあると鍼に行くようになった。足に痛みがあるときだけ集中して2~3回通う。そうすると、本当に治ってしまうのがすごい。
鍼ってどういうメカニズムなのかなぁ。
はっきり言って痛いし、施術の後も筋肉痛みたいに鈍い痛みが続くけど、翌日にはその痛みも消えて、徐々に違和感もなくなっていく感じ。

鍼の治療は1回1時間半ほど。脚だけじゃなく、肩・首・腰にも打ってもらう。
半年ほど前から悩んでいる四十肩の痛みも、鍼を打った後は大分軽くなる。しつこくてなかなか完治はしないのだけど。

今回の腿の痛みは、先生によると肉離れではなく、筋肉がかなり硬くなっているせいだということだった。
腰が落ちたフォームになると、腿に負担がかかる走りになってしまうらしい。
最初にウォームアップのつもりでゆっくり走ると、どうしても腰が落ちたままの走りになってしまうので、アップは早歩きにして、そのままの姿勢で走りに移行するといいとS先生に教えてもらった。

今日もイッタ~い思いをしたけれど、終わった後はなんだか筋肉がほぐれた感じが実感できた。2日もすればもっと軽くなるはず。
それにガチガチだった首の凝りも取れた。ほとんど寝違えたみたいに首が回らなかったので、楽になって嬉しい。

思わず来週の予約も入れてしまった。
困った時に駆け込める先生がいるというのは心強い。

| | Comments (9)

« May 2008 | Main | July 2008 »