« 休肝日、途中経過 | Main | また衝動買い »

June 24, 2008

無題

左の腿に違和感を感じて、これは故障したかな~と思ってから、早2週間。
正直言って、こんなに長い故障になるとは思わなかった。

今までは、鍼で治療したり、カイロに行ったりすればなんとか走れる状態になっていたのに、今回はかれこれ2週間、症状にまったく変化がない。
良くなっている兆しが感じられないのだ。

仕方なく、走るのを休む毎日。
一番戸惑っているのは、走らないことが日常的になりつつあることだ。

いつの間にか、走るはずの時間に他の用事が入り込んできている。
家事だったり、今まで手がつけられないでいたことだったり。
それはそれで、プラスに考えることもできるのだけど、だんだん走ることが非日常的に思えてしまう。

そして、走らない毎日を心と身体が受け止め始めていて、走り出そうと言う気持ちにならなくなってきてしまった。
つまり、走らなくても平気になってきてしまったのだ。たった2週間で。

その時間は、読書や映画にすりかわったり、自転車やヨガなどで汗を流すことにすりかわったりして、走れない日々を埋めようとしている。
人間て本当によくできているんだ・・・。

そうこうするうちに、魂を揺さぶられる本に出会ったりする。

走らないと時間がたくさんあるので、娘とTSUTAYAに行ってマンガを借りたりしていたのだが、ふと目に留まって手に取った「モリのアサガオ」と言う作品には、正直打ちのめされてしまった。
刑務所の看守である主人公が、死刑囚と死刑執行の間に悩む様子が描かれている作品なのだけど、一気に読み終えた後は、夜の寝つきが悪くなるほど衝撃を受けてしまった。

自分が走れないことで悩んでいることなんて、とてもちっぽけに思えてしまった。

自分にとって、走ることって何だろう?
どうして、毎日ランニングシューズを履いて、走らなくてはと思ってしまうんだろう。

このまま、走るのをやめたらどうなるんだろう。
いつか、走れない日が来てしまったら、どうするんだろう。

多分私は、「ランナーズブルー」の真っ只中にいるのだと思う。
じたばたしない方がいいのかな?
それとも、無理にでも走ってみたほうがいいのかな?
なんでもっと気楽に考えられないんだろう?

このまま、走らない選択をすることも、ありなんじゃないかと思える毎日だ。

外は雨。ランニングとの蜜月が終わりそうな予感。

***

この日記を書いたのは実はおととい。この日記はアップするのはやめようかと思っていた。

2日経って、今日は鍼の治療に行き、先生に「大分ほぐれたから、少し走ってみてください」と言われて、ほんの3kmだけだけど、歩いたり走ったりしてみた。

脚はまだ違和感があったけれど、前よりは好転しているように感じられた。風が気持ちよくて、身体が軽かった。

走ることをやめるのは、案外簡単なことだなと思った。続けることの方が、やっぱり難しい。好きでやっていると思っていたけど、こんなにあっさりもうやめてもいいや、と思えるなんて、私とランニングの関係はまだまだ危ういものなんだ。

レースに出れば常に結果が数字になって現れるから、それがランニングを楽しくもつまらなくもしている要素になっていると思う。それに囚われるのはやめようと思っても、私にはそれはまだできないみたい。

こんな風に自問自答することがこの先、何度も何度もあるんだろうな。

|

« 休肝日、途中経過 | Main | また衝動買い »

Comments

偉そうなことを、書きます。

走ることをやめてしまっても、そこにぽっかりと穴が開いてしまうようなことは、ないと思います。
走ること以外に、優先順位は別としても、本を読むとか、買い物に行くとか、音楽を聴くとか、楽しめることをいくつも知っているからです。
意識しなくても、そういうものがゆるゆると流れ込んできて、隙間など作らずに上手に時間を作って行くのだと思います。

走れない日がきたら?
きませんよ。
だって、嫌いになって走ることから離れていたわけじゃありませんから。
みなみさんは、走ることが好きでしょう?走ることの気持ちよさを知っているでしょう?
記録に囚われないようにと思っても、記録が良くなっていくことは嬉しいし、速く走れれば気持ちいいし、やっぱりモチベーションに繋がるでしょう?
だから、みなみさんには走れない日なんて来ませんよ。
もしもそんな日が来たら、それはきっと、走ることよりも、みなみさんを虜にする「なにか」が訪れたときじゃないでしょうか。

みなみさんと一緒に走ると、走ることが楽しくて、気持ちよくて、笑顔に言葉に姿に、その気持ちがいっぱい溢れています。
一緒に走ると、こちらも楽しくなってきますよ。

不安に思ったり、難しく考えたりりすることもあるでしょうが、でもやっぱり、走ることの楽しさを知っている人は、必ず走ることに戻って行くと思いますよ。

あー。難しいこと書いちゃった。ごめんなさーい。

Posted by: 海実子(みみこ) | June 24, 2008 at 22:05

走る事、楽しいと思えるでしたら、走りましょう!

みなみさんからiPodの面白さ教えて頂きましたから~。感謝ですよー。

レースだって、良い成績とかじゃなくって、参加するお祭り感をたのしめばよいのかと!

10月の勝沼のレースとか、ワイン飲み放題大会だし、のん兵衛には良いですよ!前回は仕事で出れなかったけど、今回は絶対出る!!そして、飲む!

Posted by: くーたろう | June 25, 2008 at 01:13

最終的に、二人ともオババになっても、
どっか行こうか、んじゃ、あそこに走りに行こう♪
って言えるぐらいの、体力を維持していりゃあ、
その方法がチャリでもヨガもなんでもいいじゃ~んって。
走ることができれば、ただの山登りだって、
バスの時刻気にしなくていいし、お気楽だよ。
ね、そうしよう♪
んで、ちょっぴりきのうの自分に勝てる喜びを体感できれば、こんなに幸せなことってないよ。
走らなくてもいいけど、まったく運動しない状況にはならないでおくれ~。
オババになったときに、走りに行こうって声かけられるメンバーでいてね。
オババになったら、今以上に自由だよ~。
いっぱいいろんなところに行けるよ~。
そのためにはお金と体力じゃ♪

Posted by: とだひ | June 25, 2008 at 06:25

私は「走らない」と決めるまでは結構悶々としていたんだけれど、ひとたび「走れない」を「走らない」に決めたら憑き物が落ちたように楽になり、みなみさんと同じく走らない生活が日常化してしまいました。今は完治した後、復帰できるのか、復帰する気になれるのか少し不安にすら感じます。走っている時のあの熱い思いが、今は眩しく感じられるのよ。

こうしてあの熱く煮えたぎるような片思いの日々を思い起こすと、今の冷却期間もそれはそれで良いような気がするよ。思いが一方的で、強ければ強いほどに不幸だもんね。

確かにやめることの方が簡単かもしれないね。走らなきゃそれで済むもの。走り続けるには気持ちを向けて、身体を整えて、時間を作らなくちゃいけないし、家族の協力も必要だから難しいよね。どれかひとつでも欠けると続けられない。そして気持ちだけ高ぶってると苦しい。だから今後もこうして走れない時期がでてくるかもしれないけれど、片思いで不幸に過ごすよりは、走らない生活をそれなりに充実させる方が建設的と感じます。

走れるようになったら、今度は少しクールな恋をしようと思ってます(ほんとか!? できるんか!!??)。そのためにもこの冷却期間にも意義があると考えることにしました。

Posted by: 京丸 | June 25, 2008 at 08:34

>海実子さん

いつもいつも、私のつまらないひとり言にこんなにちゃんとコメントしてもらえて、本当に嬉しいしありがたいです。
あ~なんとお返事してよいか、うまくまとまりません。
でも、私と一緒に走っていて、海実子さんも楽しい気持ちになってくれるだなんて嬉しいなぁ~。
走ることは楽しいし、やっぱり好きだからきっとまた脚が治ればいっぱい走ってしまうかも・・・。
でも「走らなくても大丈夫」って思えたことが、少しほっとしたというか安心しました。
まだ私の頭の中はぐるぐるいろんなことが駆け巡っております。こんな私ですが、また海実子さんと一緒に走れたらいいなーって思ってます~。

>くーたろうさん

タイムにこだわらない、お祭りみたいなレースは私も大好きです。
ぶどう郷マラソンは2年連続で出ているし、今年も手賀沼を蹴ってエントリーしようと思ってました。
くーたろうさんに初めてお会いできるかなー。楽しみです。


>とだひさん

とだひさんの言う「オババ」って何歳ぐらいなの~?^^;
55歳ぐらいじゃオババとは言わないか(笑)
そうだねー、でもあと5年もしたら私はきっと今よりもっと自由な時間が増えていて、泊りがけで出掛けることもできるようになっているのね。
そう思うと、しっかり身体も鍛えていてマラソンも山走りもできなきゃつまらないよね。
はーい、その時までちゃんととだひさんに声をかけてもらえるメンバーの一人でいられるようにしておきますね。その時はよろしくです。

Posted by: みなみ | June 25, 2008 at 09:28

あ…

昨晩からコメントしようとして、この私が何を言ったら…
と書き込み躊躇してました。
私は、年中、「嫌いだと言いながら、なんで走るの?」と
自問自答。いまや、私が「走るのやめちゃう。」って言っても
誰も心配してくれやしません(笑)
最近は、もう、あれこれ考えずに、「走りたくなきゃ走らない」
「走りたくなったら走る」 実にシンプルに考えるようにしました。
そうなると、大会以外走らなくなっちゃう。
すると今度は、「なんで大会エントリーするのよー?」と悶々と。
大会は、楽しい「オマケ」も付いてくるからかな?
なぜなぜランナーだわ。

Posted by: はるま | June 25, 2008 at 09:32

>京丸さん

「冷却期間」。
ホント今がまさにそれですね~。
故障している時に走りたい思いだけが募ると、本当に苦しいしやりきれなくなっちゃうから、こうして「あ、走らなくても楽しいじゃん~」って思えると、本当に気持ちも楽だよね。
この年になって高校生みたいに熱い気持ちで記録を追い求める、っていうのもすごく魅力的だけど、一方で私の年代にふさわしいマラソンとの付き合い方も考えなきゃな~って思うんだよね。年中走ってばかりいられるわけじゃないし、それよりもっと大事にしなくてはいけないこともあるから。
いやー本当に深いスポーツです。マラソンって。
京丸さんが本当に「クールな恋」ができるかどうか、今から楽しみにしているよ~(笑)

Posted by: みなみ | June 25, 2008 at 09:38

>はるまさん

私が走ることについてあれこれ考える時、必ず、100%はるまさんのことを思い出してます。
はるまさんは走るのが嫌いと言いながら、なぜ大会だけ走るのか、それもフルやウルトラといって普通なら絶対無謀(ゴメンナサイ!)と思えるようなことをするのか、本当に謎で不思議で興味が尽きないんです。
でも、実際にはご自身でもわからないことなんですよね。
私ははるまさんが走ることについてあれこれ書いているのを読むのが好きで、いつも楽しみにしているんです。
だから、ぜひ私の戯言にもコメントもらえたら嬉しいです。
私はどちらかというと、普段走るのは好きだけどレースはあまり好きじゃないって言うはるまさんとは逆のパターンかもしれないなぁ・・・。

Posted by: みなみ | June 25, 2008 at 09:46

復活おめでとうございます。

怪我しちゃうと色々考えますよね。
そして、走らないことが日常になっていく⇒走ることが億劫になるのに、走れないストレスがある。
とにかく故障と言う事はどっちにころんでも不健康な状態なんでしょうね。

私は年をとってもホノルルに出たいと思っているから長く続けていく生涯スポーツと思っています。
かといって何か目標が無いわけでもない。
☆さんのようなランナーさんになりたいなぁ~と思っています。あ、はだしは無理ですよ(笑)

何事もメリハリが必要ですよね。

怪我して学ぶ事、考える事で1回り強くなっていると思いますよ。みなみさん。
しっかり自分と向き合う時間をとって、ランニングやほかの事を色々考えたから痛みも和らいでいったのかも知れませんね。

みなみさんの彼(ランニング)は意外と短期なのかもしれませんね(笑)
嫌いよ作戦が効いたかな?

Posted by: な | June 29, 2008 at 23:06

>なーちゃん

浮気するわよ作戦は結構効いたような気もするんですが、私自身本命を忘れることができず、結局寄りを戻した次第です^^;

あれこれ走ることについて考えるのは、故障しているときが一番多いですね。私は結局、走れる自分が好きみたいです。走れないと自分ではないような気がしてしまうの。いつまでも、どこまでも走れるような自分でいることが、私の唯一の存在証明って気がするんだよね。

まだ完全復活ではないけれど、ちょっとずつ戻ってきたのが嬉しいです。いろいろありがとうねー。

Posted by: みなみ | June 30, 2008 at 23:40

Highly energetic article, I enjoyed that a lot. Will there be a part 2?

Posted by: best dating sites | December 19, 2014 at 04:56

Greetings! Very useful advice in this particular article! It's the little changes which will make the most important changes. Many thanks for sharing!

Posted by: Best Dating sites | January 08, 2015 at 09:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 休肝日、途中経過 | Main | また衝動買い »