« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

境川氾濫その2

相変わらず不安定な天気が続いている。
今日も晴れたかと思うと急に大雨になったりして、天気に翻弄され続けている感じだ。

昨夜も大雨が降ったので、境川がまた氾濫するんじゃないかと心配だった。
今日もカメラを持ってどんな状況か見に行ってみた。

洪水の後はごみだらけというけれど、サイクリングロードは泥だらけ、フェンスには草と泥が絡み付いて、川岸もごみがものすごい。

Photo_5 両岸の木はなぎ倒されていて、橋の下には木が引っかかったまま。

Photo_2 かろうじて折れなかった木も、この通り。

Photo_3 フェンスがこんなになるほどに増量した境川をどうしても想像できないのだけど。Photo_4

さきほど、また神奈川県に大雨洪水警報が発令した。
もう1週間ぐらいこんな天気が続いているような気がするけど、もうカンベンしてくれ~。

そうそう、唯一良かったことといえば、この夏はあまりにも雷が多かったので(平年の3倍とか)ムスメの雷恐怖症がかなり克服されたということかな。
実際、雷恐怖症の治療法はショック療法(つまり慣れ)だと聞いたことがあるので、いい治療になったみたい。

さて夏休みももうおしまい。
明日も宿題の追い込みに付き合って、缶詰の1日になりそう。

| | Comments (5)

August 29, 2008

境川氾濫

昨日の豪雨と雷は凄まじかった。
一夜明けて、朝に娘を駅まで送ったら、川向こうの様子が変。一面泥だらけ!
むむ、これはもしかして川が溢れたのかな?

ちょっと雨が心配だったけれど、午前中は大丈夫そうだったので、境川をパトロールラン。
すぐに異変に気が付いた。

Photo フェンスに水が溢れた跡が!

草が張り付いているところまで水が上がったのがよくわかる。
もちろん、サイクリングロードは泥だらけ。

町田駅付近の川幅が狭くなっているところで氾濫したようだ。
そこから上流に向かって走っていくと、護岸工事をしたところはどうやら被害はなかった様子。
でも川原の木がすべて濁流に押し倒されていて、すべて根元から折れてしまっている。

もっと上流に行くと、やはり氾濫した跡が・・・。フェンスがなぎ倒されている所もあった。

どうやら付近の家は床下浸水程度で免れていたようだけど、川の水位があまり下がっていないので、今夜もう1度大雨が降ると大変なことになりそう。心配だな~。

Photo_2 町田駅から下流に向かったところでも10mほどフェンスが倒れていた。黄色いテープが張ってあるところなんだけど・・・わかるかな?
この写真は後から息子に撮りに行かせたんだけど、もうちょっと近くで撮って来いよー!

こんなことは、15年住んでいて初めて。
もっとも、もっと昔はしょっちゅう氾濫していて、川向こうの団地までボートを漕いで行った、なんていうこともあったらしい。

一生懸命片付けに追われる人を横目に見ながら走るのは、ちょっと不謹慎だったかな。
途中から、思いがけなくドピーカンになってしまって、久しぶりに暑さと湿気でフラフラになりながらもなぜか根性で15km走ってしまった。
熱い風が吹くと、なんだか呼吸困難になりそうな気がした。熱中症になりそうだったのかも。帰ってからも水分以外しばらく受け付けなくて、ぐったり・・・。あぶないあぶない。

全国各地で被害が出た様子。
これ以上、拡大しませんように・・・。

| | Comments (9)

August 26, 2008

エントリー完了

まだ8月だというのに、まるで9月の長雨にやられているような冴えない天気が続いている。毎朝、雨音が2度寝に誘うので、ここ数日朝ランはお休み。どうしても、起きてすぐに雨に濡れながら走る気がしないのだ。普通しないですよね?でもそんな中でも走っているランナーは沢山いるのだけど、寝起きの雨は嫌なんです。

でも涼しいと身体はやっぱり楽。夜もよく眠れる。ただお天気が・・・。このどんよりとした雨降りは、さぁ今日も張り切って走ろう~いう気持ちになかなかなれない。人間って贅沢で勝手な生き物だとつくづく思う。

でも(2回目)、今月は故障なく走れていて200km越えも目前になった。6月7月に満足に走れなかったことを思うと、痛みなく走れているだけシアワセだと思う。
涼しいので、少しずつペースを上げて走ってみたり、そろそろ秋のレースに向けてロング走もやってみようかななんて思ったり。
気が付くとまたまたラン一色の生活になってる(^-^;)。

今日、やっと東京マラソンのエントリーをした。なんとなく、日取りにこだわっていたけど、このまま忘れてしまいそうなのでエイヤと申込み。今年はもう、出たとこ勝負で。神頼みも一切なし(笑)。無欲の勝利で当たらないかしら(←これのどこが無欲?!)。

横浜マラソンもハーフに申し込んだ。こちらは早期終了になってしまうのが目に見えているので、開始早々にエントリー完了。フルの1週間前だから、散々悩んだけどハーフにしてしまった。制限時間1時間57分・・・走る段になって、やっぱり10kmにすればよかったと後悔しそうだな。

ついでに9月28日の高尾山森林さわやかマラソンというのにも勢いでエントリー。先日の陣馬山登山で子供たちがちょっと山登りの楽しさに目覚めてくれたようなので、母子3人でノルディックウォーキングの部(8km)に参加することにした。
まだ私がひとりで子供たちを山に連れて行く勇気がないので、しばらくはイベント参加で慣れていくつもり。いずれは3人であちこち山登りをできるといいな。高水三山に行きたい!

これで年内の大会の予定はほぼ決まった。

9月28日 高尾山さわやか森林マラソン(8kmウォーク)
10月 4日 小金井公園5時間走・フルマラソン大会(フル)
10月28日 甲州市勝沼ぶどう郷マラソン(10km)
11月 9日 横浜マラソン(ハーフ)
11月16日 湘南国際マラソン(フル)
12月 7日 はだの丹沢水無川マラソン(ハーフ)

うわ、けっこう盛りだくさんだな~。
家のことを考えると、1ヶ月に出る大会は2つまでにしておきたいので、このぐらいにしておこうっと。

最後に夏空が恋しくなったので、この夏行った九州の山小屋でのショット。

Img_2141 P1000524

やっぱり夏空が恋しい。

| | Comments (18)

August 24, 2008

雨の日曜日

北京オリンピックも今日でおしまい。
ここ数日、東京は8月とは思えない20度そこそこの涼しさが続いている。走るのには気持ちがいいけれど、このまま夏が終わってしまうのはちょっと寂しい気分。

今日は一日、久しぶりに雨の日曜日だった。
走るのはお休みにして、午前中は男子マラソンの中継を見て、午後は2時間もお昼寝してしまった。何も予定のない一日をぐったりとして過ごした感じ。

オリンピック観戦には連日燃えました。
昔から母がオリンピック観戦が好きで、札幌の冬季オリンピックの映像から記憶に残っている。
選手の結果に一喜一憂した母を見て育ったせいか、私もオリンピックが来るととにかくチャンネルを合わせて、その結果に一喜一憂している。

今回は女子が目覚しい活躍をしてくれて、特に女子ソフトボールの試合には心酔した。
1球1球にキャーキャー言いながら観戦する私の姿を見て、子供たちはどう思ったかな?
ちょっとは興味を持ったみたいだけど、大人になったら私みたいにオリンピック大好きになってくれるといいな。

全然話は変わって。

この夏休みから娘の側湾症のリハビリに通い始めた。
1週間に1回、車で片道45分の道のりは決して楽ではないけれど、ふと思い立って、半年以上悩まされている自分の肩(四十肩^^;)のリハビリもやってもらうことにした。

同じお医者さんに見てもらえたし、娘がリハビリをやっている間に、私も同じフロアで肩のリハビリをしている。
娘はいつまでかかるかわからないけど、私も少なくとも半年以上はかかりそうだから、まぁ本当にちょうど良かったな、と思う。

やっぱり肩は動かした方がいいそうだ。最近は走っているときも少し痛みを感じることがあるので、ひどくならないうちに治るといいのだけど。ヒアルロン酸の注射も勧められた。ちょっと怖いけど、効くのだったらやってみようかな。

新学期が始まったら、土曜日がリハビリの日になる。これは忙しいぞ~。

あーそうだ、東京マラソンもエントリーしておかないと。。
毎日、エントリーしようと思って忘れてしまう。
締切っていつだっけ?
それより、横浜マラソンと青梅マラソン。今年は受付早々にエントリーしなくちゃ。
長野マラソンも出てみたいけど、これは東京の結果次第。そのタイミングで間に合うのかな?

さて新学期まであと1週間。。。
終わってない娘の作文2本。やっぱり私が書くことになるんだろうなぁ~(毎年恒例)。

| | Comments (7)

August 20, 2008

陣馬山トレッキング

何ヶ月ぶりかで山に行ってきた。もしかして、4月の高水山以来かな?

今回は施設の子供たちと一緒に陣馬山をトレッキングするというチャリティイベントに、親子で参加してみた。一応ボランティアで子供たちのサポートをするという役目だったのだけど、要は大勢の子供たちとわいわい楽しく山に登るっていうことで、ちょっと余分に水などをリュックに入れてゆっくりゆっくり歩いた。

当日はあいにくの小雨。
前日の猛暑から一転して気温も低く、私は内心ほっとしていたのだけど、子供たちにとっては雨の登山はかなりテンションが低め。うちの子供たちも登る前から「帰りたい~」って顔してる。

それでも登り始めてみると案外楽しいことに気が付くみたい。雨もカッパを着れば全然苦にならないし、何より涼しくてとても身体が楽。
私は陣馬は初めてだったのだけど、なるほどここは走りやすそう。この日は女子マラソンの中継があったせいか、あまりランナーは見かけなかったけど、休みの日はきっとトレイルランナーで溢れているんだろうな。

30分毎に休憩を取って、マメに補給に努める。子供たち、あんまりおやつを持っていなかった・・・。こんなことなら、もっと色んなものを持ってくればよかったなぁ。山で食べるドラ焼きとかあんパンの美味しさはきっと忘れられないと思うんだよね。Sany0322

上りは一の尾根ルートを使って約2時間半で頂上に到着。回りは真っ白で何にも見えない~。残念だけど、馬のモニュメントの前でみんなで記念撮影。せっかくだから、富士山を見せてあげたかったなぁ。

茶屋の軒下を借りてそそくさと昼食を取り、とにかく寒かったので下山することになった。下りは栃谷尾根ルートで。Photo 下りがいい感じなので、思わず少し走りたくなってしまったけどガマンガマン。やっぱり山にまた走りに来たいなぁと思う。
下りで娘が膝痛を訴えてしまい、休み休み下りてきた。私も最後の方はちょっと膝がガクガクしてしまった。

下山してほどなく、土砂降りの雨になった。子供たちはこれからキャンプをするのだそうだ。うーむ、せっかくのイベントも雨ではかわいそうだなぁ。
私はドロドロの子供2人を車に積んで帰途へ。途中、すごい渋滞で眠気との闘いになってしまったけど(藤野町は遠いね)、無事に家の近所のスーパー銭湯に到着。ここで汗をスッキリ流して気持ちよく帰宅した。今回は娘ががんばって歩き通していたので、一緒にお風呂に入って「がんばったねー」って言ってあげたかったのだ。

施設の子供たちは、こういう経験をしたことがあるんだろうか・・・。あまり詳しい事情も聞けないので、なんとなく表面的に接しただけで終わってしまったのが少し悔やまれた。子供たちにとって今日がいい夏休みの思い出になってくれるといいなぁ。

| | Comments (6)

August 15, 2008

釧路湿原マラソンと道東旅行

8月もあっという間に折り返し。
今年も北へ南へ忙しい夏休みになっている。書きたいことは山ほどあるのに、時間がなくて全く更新できていなかったから、とりあえず写真だけでもアップしておこう。

7月下旬に行った母と子供を連れた道東の旅は、今思い出しても楽しい4日間だった。
3年連続で走った釧路湿原マラソンは、当日の主催者のご好意で、30kmから10kmへの種目変更をしてもらうことができた。
これで思いがけなく、息子と一緒に初めて10kmのレースを走ることができた。予想以上の息子の頑張りを見ることもできたし、沿道の人たちに手を振りながら走るレースは本当に楽しくて、走っている間じゅう感謝の気持ちで一杯になった。Photo_2

種目変更に関しては、事前に担当の方とのやり取りがあり、私も普通ならこんな無理なリクエストはしないのだけれど、ひとつには釧路湿原マラソンに対する思い入れのようなものもあり、ついつい思いをぶつけてしまったのだと思う。
とてもわがままなランナーの気持ちを汲んでくださった主催者には、本当に敬服した。この大会がこれからももっともっと発展していくことは間違いないと思うし、これからも応援し続けたいと思っている。
Sさん、本当にありがとうございました。
来年はぜひまた30kmに復活したい。 (しかし、ここだけの話、家族が一緒だと自分のレースに集中するのは無理ですね。なんだかんだと準備に追われて、走る前に疲れてしまった(笑))

ここからはフォトアルバム形式で。

マラソンの後は、さっそくレンタカーを使って道東巡りの旅に出発。まずは釧路駅前近くの和商市場で腹ごなし。どんぶりご飯を買って、好きなネタを乗せてもらう『勝手丼』は絶品! イクラしか乗ってないのは息子のです^^;。Photo_4

1泊目は阿寒湖の湖畔のホテルに宿泊。翌朝は、ホテルから程近いところのプチトレイルコースをジョグしてみた。

Photo_5 ちょっと曇っていたけれど、空気がひんやりしていて東京とは別世界。湖はどこまでも穏やかで、静かな森の中を1時間ほど走った。

2日目は知床を目指してドライブ。

「霧の摩周湖」は霧ひとつない快晴。 P1000331 ここは湖畔に下りられる場所がないらしく、高台の展望台から眺めるのみ。遊覧船も浮いていないので、人を拒絶した感じがいい。

P1000343 そしていよいよ知床へ。知床というと、海に流れ出る滝が多いことで有名なのだが、この「オシンコシンの滝」は、国道からも眺められる。

Photo_7 P1000363

知床観光のメインは、船に乗って海から断崖絶壁を眺めるクルージング。3時間コースだと半島の先端まで行けるらしいのだけど、今回は1時間コースにした。それでも十分絶景を堪能できる。残念ながら野生のクマには遭遇できなかった。

Photo_8 翌朝はウトロをジョグ。ちょっと頑張って高台まで上ってみた。遠くの半島の先が泊まっているホテルがあるところ。でもここまで3kmぐらいかな。

P1000373 そうそう、ここは世界自然遺産の中。

そうしたら・・・

Photo_9 なんと鹿に遭遇!

道路のすぐそばまで下りてきて、のんびり草なんかを食べている。最初はお互いに少しびっくりしたけれど、一向に逃げる気配もないので、沢山写真を撮ってしまった。

P1000376

でもここは、ヒグマ発生多発区域。クマさんにはあまり遭いたくないので、早々にホテルに戻った。

最終日は網走に車を走らせ、博物館・網走監獄を見学。ここが意外に面白くて、見て回るのに3時間以上かけてしまった。

Photo_10 囚人たちの入っていた房。上に脱走する者あり?!

Photo_11 この中にひとり、息子がいます。(その他は人形)

囚人服のレンタルサービスなんかがあって、息子が囚人体験してみました。でも本当になったら大変だ(笑)

北海道を満喫した4日間だった。何よりもお天気に恵まれて、母と子供たちが喜んでくれたのが嬉しかった。4日間でドライブした距離は約400km。母は私のタフさに随分びっくりしていたけど、これも日々走っているお陰かなー。

| | Comments (21)

August 08, 2008

皇居夜ラン

夏休み真っ盛り。
でものんびりしているのは子供たちばかりで、母は忙しいのなんの。
おかげさまですっかり脚も治って、ランの方はほぼ完全復活しているのだけど、ブログを更新するヒマがなくてすっかり放置してしまった。

さて何から書けばいいかな~?
釧路湿原マラソンのことも書かなきゃと思っているのだけど、とりあえず過去に遡るとなかなか進まないので、昨日のことでも。

昨日は初めて夜の皇居を走ってきた。
とある業界関係者(私は元)のみなさんの練習会に初めて参加させてもらった。
私も昔働いていたのでわかるんだけど、およそ「健康」とは程遠い職場で、徹夜とタバコの煙が常にセットになっているようなところだったのだ。マメに運動している人はほとんどいなかったと思う。
それが年月とともに、こんなに走っている人が増えただなんてはっきり言ってオドロキだ。

20ウン年ぶりにお会いする人もいて、とっても懐かしい。
総勢5名でスタートする。
夜の皇居は噂で聞いていた通り、何かの大会でもやっているのかと思うほどの賑わいだ。練習会みたいな集団もあちこちに。女性もたくさーん。
でも歩いている人がほとんどいないので、そんなに走りにくくない。

昼間の皇居は少し飽きてしまったけれど、夜の皇居は夜景もきれいで新鮮だった。
でもやっぱり、排気ガスが気になる。わざわざ皇居を走るために出向くのは、何かの集まりがあるときに限られるな~。

1周30分をちょっとだけ切るペースで2周。日が落ちてからは涼しく感じたけど、2周目はなんとなくきつかった。
元気なオジサマたちは2周目に入るとペースアップしてあっという間に見えなくなってしまった。
うーん、オジサマランナー恐るべし。

気持ちよく走り終えてランステに戻ったのがちょうど8時ごろだった。
この時間のランステはほとんどロッカーが埋まっていた。シャワーはあまり混んでいなかったけど、多分混雑のピークはもっと後なのね。

結局この日は走ったよりも打ち上げをしていた時間の方が長くて、帰ったのはほとんど午前様寸前だった。新鮮で、楽しい時間だった。
誰ひとりとしてタバコを吸う人がいなかったのが嬉しかった。

| | Comments (8)

« July 2008 | Main | September 2008 »