« 釧路湿原マラソンと道東旅行 | Main | 雨の日曜日 »

August 20, 2008

陣馬山トレッキング

何ヶ月ぶりかで山に行ってきた。もしかして、4月の高水山以来かな?

今回は施設の子供たちと一緒に陣馬山をトレッキングするというチャリティイベントに、親子で参加してみた。一応ボランティアで子供たちのサポートをするという役目だったのだけど、要は大勢の子供たちとわいわい楽しく山に登るっていうことで、ちょっと余分に水などをリュックに入れてゆっくりゆっくり歩いた。

当日はあいにくの小雨。
前日の猛暑から一転して気温も低く、私は内心ほっとしていたのだけど、子供たちにとっては雨の登山はかなりテンションが低め。うちの子供たちも登る前から「帰りたい~」って顔してる。

それでも登り始めてみると案外楽しいことに気が付くみたい。雨もカッパを着れば全然苦にならないし、何より涼しくてとても身体が楽。
私は陣馬は初めてだったのだけど、なるほどここは走りやすそう。この日は女子マラソンの中継があったせいか、あまりランナーは見かけなかったけど、休みの日はきっとトレイルランナーで溢れているんだろうな。

30分毎に休憩を取って、マメに補給に努める。子供たち、あんまりおやつを持っていなかった・・・。こんなことなら、もっと色んなものを持ってくればよかったなぁ。山で食べるドラ焼きとかあんパンの美味しさはきっと忘れられないと思うんだよね。Sany0322

上りは一の尾根ルートを使って約2時間半で頂上に到着。回りは真っ白で何にも見えない~。残念だけど、馬のモニュメントの前でみんなで記念撮影。せっかくだから、富士山を見せてあげたかったなぁ。

茶屋の軒下を借りてそそくさと昼食を取り、とにかく寒かったので下山することになった。下りは栃谷尾根ルートで。Photo 下りがいい感じなので、思わず少し走りたくなってしまったけどガマンガマン。やっぱり山にまた走りに来たいなぁと思う。
下りで娘が膝痛を訴えてしまい、休み休み下りてきた。私も最後の方はちょっと膝がガクガクしてしまった。

下山してほどなく、土砂降りの雨になった。子供たちはこれからキャンプをするのだそうだ。うーむ、せっかくのイベントも雨ではかわいそうだなぁ。
私はドロドロの子供2人を車に積んで帰途へ。途中、すごい渋滞で眠気との闘いになってしまったけど(藤野町は遠いね)、無事に家の近所のスーパー銭湯に到着。ここで汗をスッキリ流して気持ちよく帰宅した。今回は娘ががんばって歩き通していたので、一緒にお風呂に入って「がんばったねー」って言ってあげたかったのだ。

施設の子供たちは、こういう経験をしたことがあるんだろうか・・・。あまり詳しい事情も聞けないので、なんとなく表面的に接しただけで終わってしまったのが少し悔やまれた。子供たちにとって今日がいい夏休みの思い出になってくれるといいなぁ。

|

« 釧路湿原マラソンと道東旅行 | Main | 雨の日曜日 »

Comments

夏休み、満喫してますね♪ ブログにはちとご無沙汰してしまいました。

施設の子供たちがあまりおやつを持っていなくて、もっと色んなものをもってくればよかった…という一文を読んでちと涙腺がゆるみました。子供たちにはきっと、みなみさんの優しい気持ちが伝わっていると思います。夏休みの素敵な思い出になっただろうな~。

陣馬山へは高尾山から行くの? 来年あたり陣馬山トレイルに行きたいなと目論んでいたので、ぜひともご案内くださーい。

Posted by: 京丸 | August 21, 2008 at 12:56

>京丸さん

8月半ばまで本当に毎日大忙しでした~。やっと落ち着いて仕事&オリンピック観戦&宿題の尻叩きにいそしんでるよ。
私設の子供たちとどんなふうに接すればいいか、ホント難しいです。特に自分の子供が一緒だったので、どんな風に写っているのかな~と思ったり・・・。
来年はお菓子をどっさり持って行こうと思いました。
陣馬へは高尾山からも行けるけど、けっこうハードな山業になるので、藤野から上がるといいよ♪来年、ぜひ行きましょう。

Posted by: みなみ | August 21, 2008 at 14:57

お疲れさまでした~。娘さんも頑張りましたね!

私も以前、施設にいる子供たちをディズニーランドに連れて行くというボランティアをしたのですが、その時は色々な事情を背負った小さい子たちが中心で、だっこなどのスキンシップや、こういう言い方をしていいのかわかりませんが愛情に飢えているような印象でした。。

みなみさんは、愛情たっぷりの優しいお母さんオーラがたくさん出ているので、みんなもきっと心温まる素敵な時間を過ごせたと思いますよ。

Posted by: nanalotta | August 21, 2008 at 22:43

ハイ、子供の頃、登山が大嫌いでした(笑)

遠足とかで、山登るっていうと、ウザかったんですが、今となると、悪いところが抜けて、良い思い出です。

きっと、よい思い出になりますよー。

学生の頃、児童研究会みたいな部活の応援で施設のイベントに駆り出されて、子供にキックされたり虐められて…。虐められると「○○君!大丈夫!」みたいな先輩女子の励ましが嬉しくって、楽しかった思い出あります^^;

Posted by: くーたろう | August 24, 2008 at 00:35

>nanalottaさん

そうですね、年齢が小さければ小さいほど、大人の愛情に受けているような感じがしました。でも、小学校高学年ともなると、年齢のわりにとても大人っぽく、自分のことはすべて自分で解決しようとしている姿が印象的でした。
たった1日だけでは何もわからないけれど、みんな幸せになって欲しいと願った一日でした。

>くーたろうさん

はい、ご多分に漏れず私も子供の頃は山登りなんて大ッ嫌いでした。ついでに走ることも(笑)
それでも子供の頃に林間学校で登った蔵王とか、よく覚えてますね。

子供は遊ぶ時はホント容赦ないので大変です。小さい子供と遊ぶのは、結構痛い思いをしますよね^^;

Posted by: みなみ | August 24, 2008 at 12:05

naturally like your web-site but you have to check the spelling on quite a few of your posts. Many of them are rife with spelling problems and I in finding it very bothersome to inform the truth then again I'll surely come again again.

Posted by: best dating sites | January 09, 2015 at 03:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 釧路湿原マラソンと道東旅行 | Main | 雨の日曜日 »