« 皇居レディース駅伝 | Main | 秋、深まる »

September 23, 2008

お彼岸ラン

ようやく傷の具合が回復傾向に向かい始めたみたいだ。

5日間、傷は痛いし天気は悪いし、全然走りたいと思わなかったのだけど、今日は朝からいい天気。

よし走ろう。

秋分の日、あちこちで彼岸花が咲いている。 Photo_6 この花は、桜みたいに咲く時期がずれたりしないで、必ず秋分の日に満開になるのが不思議だ。
可憐だけど、群生していてもどこか寂しげな花だと思う。

境川を上流に向かって走って行くと、今までなかったところに信号機が・・・。 Photo_8
あー、ここも~?
最近、道路を渡るところに次々と信号機が設置されていて、ちょっと不便だなと思ってしまう。
なかなかタイミングよく青にならないんだよね。

子供たちが渡るのには安心だから仕方ないか。

尾根緑道に入り、斎場まで来たところで折り返すことにした。
この辺は墓地があるので、お線香の匂いが漂ってくる。

走り始めは晴れていたのに、いつの間にか曇ってきて、サングラスをかけていると視界が暗いなと思って外す。
最近買ったオークリーのサングラス、もっとレンズを明るいものに替えた方がいいみたい。
この間転んだ時も、確か山の中でサングラスをかけていたんだった。そのせいで足元が見え難かったのかもしれない。

走っていると、転んだ時の記憶が何度もフラッシュバックしてきて、その度に身体が硬くなって小さく身震いしてしまう。
また転ばないかと身構えて、つい足元ばかり見て走ってしまった。
早く転んだショックから立ち直らないといけないな。

境川は黄花コスモスが満開。 Photo_9

秋の花はやっぱりコスモスが好き。

今日、夫と息子が富士山に登ると行って朝4時に家を出発していた。
10時過ぎにはなんともう登頂して下山しているという電話が。
息子は初めて富士山の山頂に立ててすごく嬉しかったみたいだ。
3時間半で登ってしまったせいか、ひどい頭痛に悩まされたみたいだけど。

息子が山頂から送ってくれた画像。Photo_5

私は富士山は紫外線も強いし、緑もないし、登りたい山ではないなぁと思っていたのだけど、息子が登ったらなんだか羨ましくなってしまった。
次回は一緒に登ってみようかな。

今日は結局19kmを2時間かけて走った。
いいお彼岸の一日だった。

|

« 皇居レディース駅伝 | Main | 秋、深まる »