« 秋深まる多摩丘陵へ | Main | 2008年総まとめ »

December 19, 2008

第4回はだの丹沢水無川マラソン大会

はだのマラソンってもう2週間も前のレースのことになるんですけど・・・(汗)

レース当日にブログ更新する人を本当に尊敬してしまうほど、私はアップするのが遅くてお恥ずかしい限りなんですが、自分の記録のためにも一応載せておきます。

*******

12月7日に行われた「第4回はだの丹沢水無川マラソン」。

12月らしく冷え込んだけれど、風もなく快晴の青空が広がって、これ以上ないマラソン日和になった。

秦野駅で友達と合流して、シャトルバスで会場へ。
体育館の中に受付と更衣室があるので、寒さを感じずに支度をすることができてありがたかった。
トイレだと思って入ったところが穴場の更衣室で、無料のコインロッカーがあったのでそこに荷物を入れて手際よく準備完了。

ゴール地点になっているトラックを軽く1周してから、スタートの列へ。
あまり混雑していなかったので、Tさんと一緒に前の方に並ぶ。

スタートロスは10秒ほどだった。マットなし。

最初の2.5kはゆるやかな上り。入りの1kはロスを入れて5分40秒だった。
折り返すまでは少し息が上がってしまったが、折り返してからは急に楽になってスピードに乗った。
2kと3kのラップは取り忘れて、5kで4分45秒〔25分58秒〕。

やや、ちょっと飛ばしすぎ?と思ったけれど、どうせ上りでタイムが落ちるから下りは積極的に飛ばしてみることにした。

橋を渡っていよいよ山側へ入る。
最初の坂の途中で大きな声で「みなみさーん!」と呼ばれた。
びっくりして見てみると、MさんとGさんのサプライズ応援団が!
これでまたテンションが上がって、坂も何のそのでどんどん上がる。

10kを51分41秒で通過。ひょっとして110分切りを狙えるかも?

しかしまだまだ坂は続く。
14~15kのだらだらと続く坂は一番きついところだ。
さすがに脚が動かなくなってきて、ワーストラップの5分51秒まで落ちてしまう。

だけど、途中で見えた真っ白な富士山と紅葉に染まった山はそれはそれは見事だった。
この景色が見れたんだから、大変な思いをして坂を上ってきた甲斐があったというもの。

15kを1時間19分20秒で通過して、いよいよ風の吊橋が見えてきた。
言葉を失うほどの絶景!

橋を渡ったところの給水でしっかりとドリンクを飲む。
さぁいよいよここからは下り。
まだまだ元気だったので爆走するつもりだったのだけど、なんと最初の急な下りでふくらはぎに異変が。

ピクピクっと攣りそうな気配・・・。

思わず湘南の悪夢が蘇り、少しスピードを緩めてしまった。
だましだまし走ってみたけど、いつ攣ってもおかしくない感じ。
17kあたりで一度止まって屈伸してみたけど、よけい攣りそうになったので押さえ気味のまま走ることにした。

それでもラップは4分50秒ペース。
下りとはいえこの日は本当に調子が良かった。
19kめでベストラップの4分44秒が出て、20kを1時間43分39秒で通過。

ラスト1kは競技場の外周を走る。
ここは微妙に上っていて、疲れたランナーに最後のダメージを与える。
前回はすっかりこの上りにやられてしまったので、ここだけは元気に走る!と決めていた。

スピードを落とさないように気をつけて、ラスト1kは5分04秒。
競技場に入るところで110分切りを確信した。
最後はダッシュせずにゴールゲートをくぐる。

1時間49分15秒(グロスタイム)!

やった~。
ベストを3分も更新して、初の110分切り。

嬉しくて、そのままトラックをゆっくりと1周する。
気分はウイニングラン(笑)。
でも本当は止まったら足が攣りそうで怖かったから。

案の定、更衣室に戻ったらしっかりとふくらはぎが攣った。
う~ん、今回は水分もちゃんと取ったし、冷えないように気をつけていたんだけどやっぱり攣ってしまった。
たぶん、今までにないスピードに筋肉がついていけてないんだろうな。

ちょっと課題が残ってしまったけど、思いがけなくいい結果が出て嬉しかった。
何より、今回は心から楽しめたレースになって本当に満足だった。

|

« 秋深まる多摩丘陵へ | Main | 2008年総まとめ »

Comments

ハーフで110分切り、私も目標です。。
今シーズンのみなみさんは絶好調ですね!
ラクに楽しく走れたときに意外とベストって出るんですよね。マラソンって不思議。。
以前、東海大学前に住み、秦野に通勤していたので、この大会もいつか出てみたいです。

Posted by: nanalotta | December 20, 2008 at 00:32

>nanalottaさん

このレース、運営がしっかりしていてお勧めですよ。
エントリーフィーも安いのに、参加賞もいろいろもらえるてお得だし(笑)
どこかの国際マラソン大会とはエライちがいです。

坂の多さはぶどう郷並みですが、景色も楽しめるしぜひぜひ来年は走ってみてください!
都会的なnanaさんと秦野ってどうも結びつかないですが・・・^^;
私も月に1度は東海大学病院に通ってるのでこの辺はとてもなじみがあるんですよ。

Posted by: みなみ | December 20, 2008 at 07:46

次々自己ベスト更新で、すごいです!
風景もキレイだったようで良かったですね。

Posted by: よーちゃん | December 20, 2008 at 08:35

ほんと、絶景で最高のコースだったね。
起伏は、やっぱりおもしろいね。
あのとき、4分台で走っていたんだ。速いわけだよな~。
なんか、みなみちゃん、本当に絶好調。
私も真の意味での実力をつけたいな。
そっか、やっぱり攣るっていうのは、脱水だけでなく、筋肉そのものがまだまだなんだな。

Posted by: とだひ | December 20, 2008 at 17:49

マラソンって、自分の出来不出来だけでなく
いろんな条件が重なり合って、結果が出るもんなんですよね。
全てがそろっていても、周囲(家族)の状況いかんでは
うまくいかない時もあるでしょうし。
いろんなこと、折り合いつけて、頑張りましょう、これからも。

Posted by: はるま | December 21, 2008 at 08:37

>よーちゃん

今年はちょっと出来過ぎでした。
6年も走っていると、こういう年回りもあるんですねー。
風景がきれいで、走っていて癒されましたよ。


Posted by: みなみ | December 21, 2008 at 08:57

>とだひさん

最近、その道の専門の人に聞く機会があったのだけど、足の攣りはやっぱり筋肉がそのスピードに対応できていないのが大きいみたい。
普段のジョグでダッシュを入れるとか、レースで慣れていくと攣らなくなるっていう話でした。

Posted by: みなみ | December 21, 2008 at 08:59

>はるまさん

家庭の事情はとくに女性ランナーにとっては大きなファクターですよね。
ここがうまく行かないと、普段のジョギングすら楽しめなくなるし。
まして大会となると、いろいろ折り合いを付けながら参加しないといけないですしね。
これからもみんなで協力し合って(知恵を出し合って?(笑))一緒に頑張っていきたいです。

Posted by: みなみ | December 21, 2008 at 09:01

すごいですね~。110切り!
これは速いです(驚)

みなみさんに習って富士の下り、思い切り飛ばしたら
まあまあタイムが出てよかったです!

Posted by: わたなべ | December 22, 2008 at 16:04

>わたなべさん

富士のレース、どうでしたか?
先輩方の成績も気になります(笑)

Posted by: みなみ | December 24, 2008 at 22:59

どんどん早くなり成長されて羨ましいです。

攣りやすいって、私も攣りやすいです。水分が少ないだけじゃなく、元々筋肉量が多いって話も聞いたことあります。

本当のところはどうでしょうね(笑)

Posted by: くーたろう | December 25, 2008 at 00:18

>くーたろうさん

私は最近、とみに攣りやすくなった気がします。
水分不足なのか、ミネラル不足なのか・・・
何とかという漢方薬が効くらしいので、試してみようかと思ってます。

Posted by: みなみ | December 29, 2008 at 21:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋深まる多摩丘陵へ | Main | 2008年総まとめ »