« 今日の出来事 | Main | 週末は神奈川マラソン »

January 24, 2009

尾根緑道30km

ちょっと寒さが緩んだ金曜日、今日は長く走ってみようと思ってリュックにあれこれ詰め込んで走りに出た。

30kmを目標に走るときは、単調な川沿いの往復は飽きるので、多摩丘陵の方へ脚を伸ばしてみる。

この日は尾根緑道の終点にある多摩美を目指して、ひたすら走った。
ちょうど片道15kmになるので、多摩美まで行ってしまえば嫌でも30km走ることになるのだ。

尾根緑道に来ると、いつもちょっとずつ季節が進んでいるのを発見することができる。
暮れに来たときはすっかり枯れたようになっていた木も、いつの間にか枝の節々が膨らんでいる。
紅梅がピンクの花をつけているのを見つけたときは、すっかり嬉しくなってしまった。Photo_2

菜の花もちらほらと咲き始めている。Photo_3

行きは上り基調なので、けっこうしんどい。
でもずっと上りという訳ではないし、ちょっと苦しくなったところで下りになったりするので、ちょうどいい負荷がかけられる。
青梅の練習にはうってつけかもしれない。
このコースを4月まで、ひと月に最低1回走ることが目標なのだ。

ここはとても道幅が広い上にならだかにカーブしているので、変化があって面白い。
何度走ってもどこを走っているのか、先がどうなっているのか、「あれっ?」と思うことが多い。Photo_4

10時半ごろに家を出たので、お昼を過ぎたらすっかりお腹が空いてしまった。
途中でザバスのピットインやパウンドケーキやキャラメルを摂ったりしたけれど、エネルギー切れ寸前。折り返してからは下りに助けられて何とか走る。

25kmを過ぎて境川に戻ってきた頃は、脚も疲れて気持ちも萎えてきてしまった。
仕方ないので、ここで音楽の力を借りる。

最近、なるべく音楽は聞かないで走るようにしていたのだけど、こういうときに聞く音楽は気分が一新されてかなり元気が出る。

町田のビルが見えてきた頃には、どんより曇っていた空もすっかり明るくなっていた。Photo_5

30kmは大変だけど、走り終えるとやった~という気持ちになる。
だけど、まだまだ楽には走れない。
途中で自分と向き合うのに疲れてしまったり、同じことを堂々巡りのように考えてしまったりして、一筋縄では終わらないのだ。
もちろん、あちこち痛くなって何度も止まってストレッチをしたり。

次に走るときはもうちょっと楽に走れるといいな。

風は冷たかったけど、気温が上がって身体には優しい一日だった。

|

« 今日の出来事 | Main | 週末は神奈川マラソン »