« フロストバイトロードレース | Main | 尾根緑道30km »

January 21, 2009

今日の出来事

毎日飽きもせずに(いやけっこう飽きているけど)境川を走っている。

同じようなことをやっていても、毎日ちょっとした出来事があったりする。今日は嬉しいことがふたつあった。

・息子にちぎられる

最近ジョギングを始めた高校生の息子と一緒に走ってみた。
行きの5kmはのんびり走って、帰りは好きなペースで走っていいよと言ったら、とたんに4分台で走られて、あっさりちぎられてしまった。

12月に走ったときは5km27分ぐらいだったのに、今日は23分台だって。

いいなー若いのはすぐに速くなって。
いつまでも勝てる気でいた私はちょっとショック。

でも運動とは無縁の高校生活を送っていた息子が、こうしてちょっと逞しくなったのは嬉しいな。
子供の成長を邪魔しているのは、親のブレーキだったりするんだよね。

次のレースではたぶん負けちゃうなー。

・青学の陸上部と遭遇

久しぶりに青学の陸上部が境川で練習していた。

同じ境川で練習しているだけじゃなく、こんなことがあったりしたので、箱根駅伝では母校よりも青学の方を応援していたくらいなのだ。

今日は10名ほどの学生が、バラバラに走っている。

橋の欄干にもたれている原監督を発見したので、ちょっとご挨拶(^_^;)。

お会いしたのは本当に久しぶりだったけれど、一応こちらのことも覚えていてくれたみたいで、気さくにお話してくれた。

箱根は4年生が頑張ってくれたこと、でもあんなもので満足していてはダメだし、まだまだこれからだ、と・・・そんな言葉を頂いたら、なんだかますます応援に力が入ってしまいそう。

そして、「こんな境川で走っていても、箱根には行けるんですよ」と、境川ランナーには嬉しい深いお言葉も。

その間も、学生たちは黙々と走っていた。

彼らが走っている姿は本当に美しい。
学内にトラックがないので、境川が練習コースと言うのはちょっと気の毒な気もしたけれど、こうして走る姿を間近で見ることができるのは嬉しい。

原監督も本当に素敵な方だ。

来年も青学が箱根に出場できますように。

|

« フロストバイトロードレース | Main | 尾根緑道30km »