« お試し3ヶ月 | Main | 休肝日150日 »

January 13, 2009

マラソン準備マラソン

日曜日に立川の昭和記念公園で行われた「マラソン準備マラソン」に参加してきた。

イベントの名前の通り、マラソンに向けてのマラソン=長距離を走る練習会といったもので、1周5kmの公園内のコースを最高6周する(つまり30km)。
4分半から30秒刻みでペースメーカーが引っ張ってくれるので、確実にペースを刻んで走ることができるのが売りのようだ。

この日はお天気はよかったけれど、底冷えのする朝だった。
風がないのが幸い。
でも私は寒いのが苦手なので、これでもかというほど着込む。暑くなったらコース脇に広げたシートの上に脱いでいけばいいや。

ペースはどうしようか迷ったけれど、今日はゆっくりでもいいから30k走ることを優先しようと思い、6分のペースメーカーについて走ることにした。

スタート地点はまるでレースのようにすごい人!
一斉スタートとなるので、多少タイムロスが生じてしまった。
それを挽回するために最初の2~3kmはペースが早くなっていたけど、それはなんとなく無意味な気がした。
どうせなら、ペースメーカーごとのウェーブスタートにすればいいんじゃないかな。

ペースが落ち着いてからは、ぴたりとキロ6分で刻んでいく。
さすがペースメーカーである。
その周りはランナーが30人以上固まって走っていて、ちょっと走りにくい。
最初は後ろの方を走っていたのだけど、気がついたらじわじわと先頭近くまで上がっていて、時々隣の人とひじがぶつかったりする。

そこで2周走ったところで、集団より少し前に出てみた。
途端に視界が開けて走りやすい。
でもちらっと後ろを見たら、大きな集団が津波のように迫ってくるようでちょっと怖い。
勢い、ペースが少し上がってしまった。

だけどこの日はどうも調子がいまひとつで、思ったよりペースも上げられないし、いつまでたっても楽に走れない。
それに昭和記念公園は景色に変化がなくて、3周ですっかり飽きてしまった。
後半のアップダウンも今日は堪える。

5周めに入ったときは何とか30kmまで粘ろうと思ったのだけど、22~23kmあたりで膝が痛くなってきてしまったので、25kmでコースから外れた。
は~なんだかひどく疲れてしまった。

走っているときは身体は寒くなかったのだけど、末端が冷えてきて辛かった。
特に耳の冷たさが頭痛を誘発してしまい、帰りは本格的に痛くなってしまって大変だった(ランチでビールを飲んだせいもあるけれど)。
耳当てをするか、フリースのキャップで走ればよかったな。

私はいつも頑張りすぎると頭痛が出てしまうので、今回もちょっと頑張りすぎちゃったのかも。

でもひとりではなかなか走れない距離だし、アットホームに名前を呼んで応援してくれたりする手作り感はとても好感が持てた。

この日は帰ってからも疲れが取れず、お風呂の中でもウトウトしてしまう始末。
こんな時は風邪を引きやすくなっているかもと思い、夜は11時過ぎにさっさと寝てしまった。

寒さはこれからが本番。ちょっと先が思いやられる・・・。

|

« お試し3ヶ月 | Main | 休肝日150日 »