« 多摩川散策絵図 | Main | 第31回神奈川マラソンを走ってみて »

February 02, 2009

神奈川マラソン

神奈川マラソンのハーフを走ってきた。Photo

大会は参加者が激増して、これまでとは様相が一変。
大混雑・大混乱で、2005年から参加している私にとってはまるで別の大会に来たかのようだった。

これについては、別記事で書くとしてとりあえず【レース編】。

会場がとても混雑していたので、早めに支度を整え、30分前にスタートの列に入った。寒いかなと思ったけれど、そうでもない。
高速道路の高架下なので、おりからの強風もそんなに気にならなかった。

できるだけ最初の渋滞を避けたかったので、並んだのは二つ目のブロック(1時間15~30分)のところ。
それでも、スタートラインを超えるまで2分34秒もかかってしまった。

スタートしてからほどなく道幅が狭くなるので、走路は大渋滞。
後ろから無理な追越をされたり、ゆっくり走っている人を避けるのにジグザグに走らざるを得なかったりで、なかなかリズム良く走れない。
一昨年はスタートからストレスなく走れたのに、これだけ人が増えれば無理もないけれど、ちょっと混み過ぎだな~と思う。

道路の真ん中を走っていたら、突然走路を分ける赤いパイロンが目の前に現れて、危うくぶつかるところだった。
と、すぐ横でパイロンにつまづいたランナーが転倒!
(実はこれは知り合いのランナーさんだったらしい。)

そんな混乱の中なので、しばらくは流れに逆らわず、ランナーがばらけるのを待つことにした。
あっという間に、トップの大学生集団とすれ違う。
ペタペタという足音と息遣いが市民ランナーとは違う感じ。
あまりに速くてトップの選手の大学名も見えなかった。

5kの表示が見えたので、時計を確認したらネットで26:48もかかってる。
くねくねとした工場地帯の中の道路をぐるっと回り(ここは異次元空間みたいで好き)、スタート地点の日清オイリオの前を通過して、その先にあるIHIの構内へ。

ここで10k通過。この5kは25:17と持ち直した。

折り返して再びスタート地点の方向へ戻る。
すでにトップの方をを走る選手がばらばらとゴールに飛び込んでいくのが見えた。

2周目。ちょっとダレてきて、集中が続かない感じ。
この辺から黄色いTシャツを着た女性ランナーと抜きつ抜かれつとなり、ちょっと気を抜くと前に出られるので離されないようについていった。

最後に私が前に出たらそれきりになってしまったので、またしばらく目標を失う。
15kの区間タイムは26:11。(やっぱり落ちてる。)

しかしあと6k。
なんとなく体力を温存しているような、これが精一杯のような、よくわからない走りをしてきてしまったので、ここから頑張ろうと思った。
だけど、この辺から向かい風がきつく感じるようになり、頑張りとは裏腹に身体が前に進まない。

パワージェルを摂ろうかな?と思ったけれど、今回はそんなにエネルギー切れを感じないので、補給はやめて給水もパス。

15-20kは26:07。26分切れない~。

ラスト1kは力を振り絞って走る。ここで初めて呼吸が上がった(遅すぎ?)
敷地内に入る手前で知り合いの応援を受け、前にいる人を2~3人抜いてゴール。
グロスタイムは1時間52分25秒ぐらい。
ということは、ネットで1時間49分51秒。ギリギリ110分を切れた。

残念ながらベストには届かなかったけれど、セカンドベスト。
2週間前のフロストバイトではあと4秒というところで110分が切れなかったので、ふ~っよかったぁという感じ。
2年前の神奈川マラソンで110分切りを目指していて2分オーバーに終わっていたので、やっとリベンジできた。

この日のレースは確かに風が強くて、日差しが暑かったり日陰では寒かったり、人も一杯で条件は少し悪かったと思う。
でもそれがなかったからといって、劇的にタイムが上がるとも思えない。

ハーフマラソンを10kとか5kレースみたいにもがいて走れば、もう少しタイムが縮まるかもしれないけど、そこまで追い込んだ走りはできそうにない。
最初から突っ込んでいく走り方は、潰れるのが怖いし、ボロボロになってゴールしたくないという気持ちも見え隠れして。

だけど、このタイムで最後まで失速せずに走れるようになったのは、やっぱり収穫だと思う。
ゴール後に脚が攣ることもなかった。
しばらくの間はこういうレース展開で、少しずつスピードが上がっていくのを期待するしかないかな。

といっても、今シーズンのハーフはこれでおしまい。3レース、よく頑張りました。

※次回は【神奈川マラソン・大混乱編】です。

|

« 多摩川散策絵図 | Main | 第31回神奈川マラソンを走ってみて »

Comments

改めまして。
スタート前に会いたかったけど考えてみたら連絡先がわからなかったんだよね。ものすごい人だったし。で、某誌編集長とだけ会って、スタートした。とても2時間には届かなかったけれど、なぜだか、ものすごく楽しかった。ただ、わたしは休肝日を作る気にはなれないんだよね、肝臓で死にかかった身だというのに。そのかわり、毎日お酒を飲んで、こうやって走って遊べるようになったのは神様と女房と友だちと医者のおかげですって走りながら感謝することにはしている。今度は皇居かな。

Posted by: ひなた屋 | February 02, 2009 at 21:21

>ひなた屋さん

毎日走ったりこうして大会に出られたりできるのも、健康な身体と家族の協力があってこそですよね。
私も走りながら感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思ってます。
休肝日は私も一昨年までは全く考えていませんでした。
今では週に3日ぐらいはわりと平気で休肝できるようになりました。いえ、別に自慢しているわけではありません^^;

それはそうと、次回はしっかり連絡先を交換しておきましょう!(笑)

Posted by: みなみ | February 02, 2009 at 22:36

セカンドベスト、お疲れ様でした!

最近、走ることが流行ってますから、混んできたんでしょうか。乗っかって私も参加して大丈夫かな?と思っちゃいます。

やはりレースに出る以上は、自分が満足できる記録狙いたいですねー。

Posted by: くーたろう | February 02, 2009 at 23:18

お疲れ様でした!
皆さんががんばってるのを見るとうずうずしてきました。
来年はしっかり体調を戻して参加したいです!

Posted by: よーちゃん | February 03, 2009 at 00:22

以前とは雰囲気が一変したんですか。
初めて参加の私には比較できないのですが、確かに人が溢れていましたね。
トップ集団とのすれ違いは、確かに、足音など、全く私の周囲とは別のことをしているかのような違いでしたね。
私もハーフは今シーズンの締めくくりでした。
次回までにはまた成長できるように練習を続けましょう。

Posted by: HappyWind | February 03, 2009 at 22:48

>くーたろうさん

あまりの人の多さに、この大会はいいですよ~とお勧めできなくなったのが残念です。
以前はベストを狙える穴場の大会だったんですけどねー。

あー次は青梅ですよ。。。

Posted by: みなみ | February 03, 2009 at 23:48

>よーちゃん

大きな声で名前を呼んで頂き、ありがとうございました!
やっぱり応援してもらえるのはすごく力になります。
来年はコース上でお会いできますように。

Posted by: みなみ | February 03, 2009 at 23:49

>Happy Windさん

お疲れ様でした!
初めての方は、あまりの人の多さと運営のまずさに面食らったのではないかと思います。
ゴール後の行列も頂けなかったですね。
でも以前は本当に玄人好みの穴場の大会だったんですよ~。

Posted by: みなみ | February 03, 2009 at 23:51

ほんとランナー人口の増加をひしひしと感じる今日この頃ですね。(なんつってわたしもそんなひとりなんですけど・・・)

私も次は青梅です!
そして、長野。
その次は、、、内緒です(笑)

Posted by: わたなべ | February 04, 2009 at 01:03

>ワタナベさん

むむ、長野の次もあるんですね。
もうシーズンはほぼ終わりだし・・・どこだろう?

私は今、予定しているレースが7つもあります。
多すぎ・・・(^_^;)

Posted by: みなみ | February 04, 2009 at 09:32

混雑が嫌なのは誰でも同じです。
失礼ながら、1時間49分でしか走れない方が二つ目のブロック(1時間15~30分)に並んだりするから後ろが詰まって混雑するのでは?

Posted by: 通りすがり | February 27, 2009 at 13:34

>通りすがりさん

私の記憶違いで、もっと後ろのほうに並んでいたと思います。
スタートロスが2分半ありましたので。
大変失礼いたしました。

Posted by: みなみ | February 27, 2009 at 14:22

For more than 15 years Real Bookies has therxforum.com/showthread.php?t=918640&highlight= effectively assisted bookmakers from around the world to take bets from thousands of players on the pay for each head foundation. Our cutting edge bookie software and the commitment from all of our clerks, lines people, administrators and companions have made our own price for each head sportsbook solution among the fastest growing and most dependable bookmaking provider names in the market. Word of mouth will be the number reason new therx guide agents sign up at RealBookies, which speaks to the high quality associated with service offered to both agents and their players. Upon becoming a member of the Realbookies family, you will receive your very own assistant who will be there to answer any queries you may have concerning the company as well as how to grow your business using our pay for each head sportsbook. Joining Realbookies will make your operation turn out to be par plus level the particular playing the rx industry with the biggest online video gaming companies in the world. The wagering software your players will be getting will be the same by the biggest on-line sportsbooks nowadays.

Posted by: therxforum.com | May 25, 2015 at 11:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 多摩川散策絵図 | Main | 第31回神奈川マラソンを走ってみて »