« 春の嵐 | Main | 青梅マラソン(スタート~折り返し) »

February 16, 2009

青梅マラソン(スタート前)

青梅マラソン、手元の時計で2時間47分52秒(ネット)で完走できました。
すごく楽しいレースでした。

数回に分けて完走記をアップします。

***

■スタート前

前日は妙にハイテンションになってしまって、早くにベッドに入ったのになかなか寝付けず・・・。
5時間ぐらいの睡眠になってしまった。

5時ごろに起きて、朝早くゴルフに出かける夫の朝食を作っていたら、左の耳の下がズキンと痛んだ。
あー嫌な痛み。
もしかしたら偏頭痛が出てしまったかも?

その後、ズキンの間隔が短くなってきてしまったので、ロキソニンとマクサルト(偏頭痛の特効薬)を飲む。
レース前に薬は飲みたくないけれど、仕方ない。

夫を送り出してから、まだ時間があるので30分ほど横になった。

どうやら頭痛は遠のいたようで、予定通り8時の電車に乗って出発。
前日24度まで上がった暖かい空気が、まだふんわりと残っている朝だった。

電車は空いていて、座ることができた。
ほっとしたのもつかの間、なんとなく体調がおかしい。
薬のせいなのか、少し貧血っぽいのか、ふらふらする感じ。

「あ、これはちょっとヤバイ」と思ったので目をつむって、身体と気持ちを落ち着かせた。
八王子で降りて、八高線に乗り換える。
ここでも座れたので、どうにか大丈夫そうな感じになった。あーよかった。

拝島で友達に会えた。青梅線は座れなかったけど、車内はガラガラだったし、みんなとおしゃべりしているうちに元気が出てきた。
9時16分に河辺に到着。
人は沢山いたけれどまだそんなに混雑はしていない。
駅を出たらなんだかお祭りムード一色で、他の大会とはやっぱり違う感じ。

受付をしてTシャツをもらって、体育館へ。
女子更衣室のロッカーを確保して(ぎりぎりまだ空きがあった)、広い体育館の更衣室で着替えることに。

ここはまだ人がまばら。
Tさんと一緒に準備をしていたら、次から次へと友達がやってきて、なんだか皆でまったりと過ごせて楽しかった。
おしゃべりしながら、自分で作ってきたおにぎりをパクつく。
何しろお昼スタートだから、絶対にお腹が空くだろうと思って必死で食べた。

あれこれ持ってきたウェアの中から、湘南国際の時に着た半袖のTシャツと七分タイツを選ぶ。
それに夏用のアームウォーマーと手袋、スキンズのハイソックスを合わせることにした。

今日は絶対に暑くなると思ったので、前の日からメダリストを薄く溶かした水をごくごく飲んでいた。当日も朝からずっと水分をこまめに補給。
なのですぐトイレに行きたくなって、3回も行ってしまった(笑)。
更衣室のすぐ前にトイレがあって、しかも空いているのでとても快適だった。

いつの間にか体育館は人で溢れて、外に出るのがとても大変な状況になっている。
入り口でナンバーカードを見せないと入れないので、この中にいるのはランナーだけなのよね・・・すごいなぁ。

トイレに行っている間にみんなはスタート地点に行ってしまったみたい。

残っていたNさんとSさんとFさんと一緒に移動する。
道路にはまるでお祭りみたいに屋台が立ち並んでいて、すごく楽しい雰囲気!
たこ焼きとか焼きそばのいい匂いが漂ってきて、思わず食べたいなぁなんて思ってしまった。

それぞれのゾーンでみんなと別れて、私はVの400~500のところに入る。
小さくだけど、スタート位置を示す看板がかろうじて見えた。
ここにも友達発見。

あれこれおしゃべりしているうちに、10秒前!と聞こえてきた。
その後は何も聞こえず(笑)。
どうやらスタートした模様。

しばらくしてから、列が少しずつ前に動き出した。

(つづく)

|

« 春の嵐 | Main | 青梅マラソン(スタート~折り返し) »