« 完走しました | Main | かすみがうらマラソン『大会編』 »

April 23, 2009

かすみがうらマラソン【レース運び編】

かすみがうらは私にとって7度目のフルマラソンだったのだれど、初マラソン以来ずっとタイムを縮めてきたフルの記録が、ついに後退してしまった。

サブ4の湘南国際、去年のかすみがうらに次ぐ3番目のタイムだった。

でも内容はどうだったかというと、今までのレースの中で一番良かったのではないかと思う。

今回はサブ4は無理だろうと思っていた。
無理というより、やろうと思えばギリギリのところでやれるかもしれない。でも、気温を考えると湘南の時よりもずっと苦しいレースになることは予想がついた。
だから、後半のことを考えると怖気づいてしまって、そこまで追い込んだレースはできない、したくないと考えてしまった。

最後にボロボロになって、また足が攣って、身体にも大きなダメージを残して、それでもサブ4ができればいいけれど、もし1分とか2分オーバーしてしまったら、なんだかフルマラソンが嫌いになりそうな気がしてならなかったのだ。

暑いレースで思い出すのは、2年前のNAHAマラソン。
あの時は暑さに全然身体が慣れていなかった上、当日は23度を越える気温になってしまい、最後はとぼとぼ歩きを余儀なくされて、ゴールはしばらく動けなかったほど消耗したレースだった。
あれがずっとトラウマになっているので、どうにかその悪いイメージも払拭したい。

ならば今回は内容で勝負しようと思った。
最初から最後までイーブンペースで走ってやろうじゃないか。

イーブンで走るのはわりと得意とするところだけど、去年のかすみがうらは30kを過ぎてからは一度も5分台に戻れなかったし、湘南もラスト7kは6分すれすれのタイムに落ち込んでしまって、最近のレースは後半失速型。

前半突っ込んで、後半崩れるというのは後味が悪いので、今回は最初から慎重なペースを刻んでいくことにした。
設定タイムは5分50秒くらいか。

そして結論から言うと、今回はなんとか最後までイーブンで走ることができた。
前半・後半で見ると、なんと1秒差。

去年は30kのマットを踏んだ時に、「もう今日はダメだ」と気持ちも脚も折れてしまったけれど、今年は「まだまだ」という手ごたえがあった。

35kでも「まだ行ける」。

37kを過ぎてからはさすがにきつくて、給水所があればふらふらと吸い寄せられて立ち止まって水を飲み、そしてまた走り出す、と言う繰り返しになってしまったけれど、それでも走っているときのペースは落ちていなかったと思う。

確かに身体は激しく消耗していたし、今ここで歩けたらどんなに楽だろうとは思ったけれど、自分が走る前に想像していたよりはひどい状況ではないなと思った。
それに、ここまで身体がボロボロになることなんてフルマラソン以外ではありえないし、この状況を楽しまなくてどうする!なんて思ったり、最後はとにかく歩くもんか!ということだけ考えて走っていたような気がする。

最後の数キロは、友達が沿道で応援してくれていたり、しっかりと走っていた女性ランナーの後ろを追いかけているうちに、ゴールまでたどり着くことができた。

41kのラップが5分43秒、ラストの1.195kが6分41秒だったので、湘南や去年のかすみがうらよりもちゃんと走れていたことがわかって嬉しかった。

ゴール後は脚も攣らなかったし(着替えの時にちょっとやばかったけど)、水を飲みすぎて胃がおかしくなった以外は元気だった。

あー、やっぱりフルマラソンはこういう走りがしたいな。私には、タイム以上にものすごく満足感が大きい気がする。
身体にダメージを残さず、イーブンで4時間を切る走りをすること。
これがこれからの私のテーマになりそう。

全ラップ、あと15秒底上げしてイーブンでサブ4を目指す!

なんか目標が見つかってスッキリしたなぁ~。

走る前はあんなに嫌だったのに、我ながら現金だなぁとは思うけれど、フルマラソンはやっぱり走ってみなければわからない。
1年に何度もチャレンジできることじゃないので、後味良く終わるのって大切だと思う。
そういう意味では、記録はぱっとしなかったけど、今回はいい感じでシーズンを終わることができてよかった。

|

« 完走しました | Main | かすみがうらマラソン『大会編』 »

Comments

かすみがうら、素晴らしい走りでした。
みなみさんなりの走り方が見つかったようで、そうなるまでの努力や検証って必要だなと感じました。
ボロボロになるような走り方はしたくないですよね。
(見ているほうも辛い)
走り終わったとき、楽しかったと笑顔になれるような走りがいいです。
それは、納得いく走り方だったから、笑顔で終われるのかも知れませんが。
ゴール前の素晴らしい走り、私は目撃しましたよ~。
飛び切りの笑顔でした。

Posted by: 海実子(みみこ) | April 24, 2009 at 22:51

湘南のボロボロになったみなみちゃんも、私からはとても素敵に思えました。
あそこまで追い込めるって本当にすごいことだもの。
すごく気持ちがわかる。
追い込んだときに、目標タイムを数秒でも切れなかったら、その数秒のせいで、その後の思いというのは、天と地ほどの差があるよね。
みなみちゃんはイーブンペースをつくれるのが、最大の強みだと思う。
楽なイーブンでいつのまにか4時間きりもラクチンにいける、みなみちゃんなら、絶対できる。しかも近い未来だと思います。

Posted by: とだひ | April 25, 2009 at 08:02

みなみさん、遅くなりましたが、かすみがうらお疲れ様でした♪
きちんと声援送れずでしたが、満足のいくレース運びができたようで、良い形で今シーズンが締めくくれましたね!

タイムって一時の事ですけど、内容のよかった達成感、満足感は一生ものですよね!
このイメージをもちつつ夏はユックリマッタリ楽しく走ってくださいね♪

Posted by: な | April 26, 2009 at 20:17

ああ~、よかった。今回のレースはこれからのみなみさんのマラソンの礎となったんだね。そのくらい良い走りができた、ということなのね。しみじみ、よかった。

走る前も肩の力が抜けて、とても素敵だったな~。ゴールする時のみなみさんの飛び切りの笑顔@海実子さん を見てみたかった!

Posted by: 京丸 | April 28, 2009 at 10:41

◎お返事が遅くなりました~。

>海実子さん

応援、ありがとうございました。
かすみがうらは、どんどんゴールが迫ってくるので、ラスト2kぐらいから元気になれますね。
湘南のように、ゴールを通り過ぎてしまうのは精神的にかなりきついです。
最後に海実子さんの声が聞こえて、本当に周りの人にも「いいでしょうー!」って自慢したくなりましたよ~。
おかげで、競っていた女性をぶっちぎってしまいました(笑)
これが自分のスタイルだ、と思えるレースができてよかったです。

Posted by: みなみ | April 28, 2009 at 17:36

>とだひさん

イーブンでサブ4、いつかできるといいなぁ・・・。
湘南のようなレースも悪くないと思うのだけど、あれは本当にタイムが切れなかったときが地獄だよね^^;

追い込むレースはハーフまでかなぁ。
フルは体への負担が大きくて、最初から突っ込んで行くようなレースはできないかも、です。
(それができるとだひさんのことは、ホント尊敬しますよ~!)

Posted by: みなみ | April 28, 2009 at 17:40

>なーちゃん

大変なときに名前を呼んでくれてありがとうね~。
本当に、止まらずに行ってしまってごめんね。。。
なーちゃんの声援はしっかり届いてました。

夏の北海道に向けて、なーちゃんはそろそろ始動かな?
私はしばらくまったりオフを楽しみま~す。

Posted by: みなみ | April 28, 2009 at 17:44

>京丸さん

いや~~走る前は小心者だから怖気づいちゃって大変でした。
今回はタイムを追わなくて本当によかった。良いレースができました。
フルマラソンはしんどい、いやだって思ってきたけれど、やっと楽しめるようになったかな~~。
京丸さんの「だいじょうぶ!」がいつも支えになっているよ~。ありがとね。

Posted by: みなみ | April 28, 2009 at 17:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 完走しました | Main | かすみがうらマラソン『大会編』 »