« かすみがうらマラソン【レース運び編】 | Main | GWな日々 »

April 28, 2009

かすみがうらマラソン『大会編』

ちょっと日が経っちゃったけど、かすみがうらの続き。

かすみがうらは、今回の大会で東京、NAHAに次ぐ3番目に参加者の多い大会になったそうだ。
公式HPを見てみると、今年のエントリー数は2万4000人。
去年は参加者実数が約2万人だったから、中規模のマラソン大会の参加者分が増えたことになるわけ。

この大会は今回で19回目。
平成3年の第1回大会のときは、フルの参加者が3000人を切っていたのだから、マラソンブームを別にしても、いい大会だからこうして参加者を集めてきたのだな~と思う。

私も、この大会は好きです。
ゼッケンとチップは事前送付だし、駅から会場までが徒歩5分と便利。
会場にはコインロッカーがたくさんあって、荷物預けのストレスもないし、何より参加料が安い!(フルマラソンは4000円)

コースも前半は市街地とゆるやかなアップダウンの続く田舎道、後半は遠くに霞ヶ浦を眺めながら走る平坦な道、というワンウェイコースで、最後はゴールがどんどん近づいてくる感じがいい。
よく、ゴールが近いのに遠回りをさせられたり、一度通り過ぎて戻って来なければならなかったりするコースがあるけれど、あれはほんとイヤ。
その点、かすみがうらは陸上競技場に入ったらすぐにゴールゲートがあって、気持ちがわーっと盛り上がる。そこがいいんだな~。

給水所も十分あるし、給食もバナナや飴などが置いてあった。
私設エイドをやってくれる人もいるし、35k過ぎにある地元の方々による私設エイドはこの大会の名物になっていて、手作りの梅干や佃煮や筍の煮物まであった。(ここのエイドは給水が紙コップではなく湯のみ(笑)。湯飲みで給水したのは初めてだったな~)

応援は場所が場所なのでそう多くはないけれど、家の前に椅子を出して見物しながら応援してくれるおばあちゃんやちびっ子たちはみな熱心だ。
まぁ、こんなところをこんなに大勢の人が通ることなんて、この日を除いてはあり得ないものね。

と、いいことばかり挙げてしまったけれど、残念ながらいくつかの項目が「ランナーが多過ぎる」ことによって、ちょっとずつ魅力が損なわれてしまっている。

・せっかく駅から近いのに、ランナーの到着が集中して5分の距離が30分以上かかってしまった。

・狭い路地を走ったりする面白いコースなのに、ランナーが多すぎてストレスになった。

・給水所の数は多いのに、紙コップが足りなくなるなど、キャパシティを超えていた。

などなど・・・。

去年と比べて、今年は確かにランナー密度が高かった。市街地に出るまで、前のランナーを抜かすのに苦労したし、給水所の手前では急な進路変更をするランナーと何度も交錯しそうになってしまった。

いまやどの大会も人数が多いのは当たり前なのかもしれないけど、この大会は国際盲人大会を兼ねている。
他の大会よりも視覚障害者の数が圧倒的に多いと思うのだけど、このコースの混みようは障害者の方にとっては非常に危険なのではないかなぁ。

それに、救護所の数も少ない気がした。
私が見た限り、AEDを持って走っている自転車も見なかったし、万が一倒れてもすぐに駆けつけてくれるだけの救護員はいなかったと思う。

こういうところで倒れたら、某松○氏などは助からなかったかもしれない。

走りながら、そんなことも頭をかすめたので、あまり無理をしないで走ろうという気持ちになったことも確かだ。
自分の身は自分で守るしかない。

だから、来年は人数制限をかけてくれて、ランナーが安心して快適に走れる大会になってほしいなぁと思う。
長野は8000人でしょう? それぐらいが本当はちょうどいいのかも。というより、そこが人気の秘密でしょうね。

今年は土浦駅の近くのホテルに前泊して、当日は混雑を避けて行動することができたので、もしまた走ることがあったらまたそうするつもり。
それで少なくとも会場の混雑のストレスは回避できる。
(しかしあの会場は雨が降ったら悲惨だろうなぁ~。)

コースはちょっとチャレンジングで走り応えがあるので、いつかここでサブ4ができたら嬉しいだろうなぁ。

この大会はすごくがんばっていると思うので、心を鬼にして(?)ランナーの受付を制限して、もっともっと良い大会になってほしいなと思う。

|

« かすみがうらマラソン【レース運び編】 | Main | GWな日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« かすみがうらマラソン【レース運び編】 | Main | GWな日々 »