« これからの予定 | Main | 「1回休み」の11月 »

October 31, 2009

20kmペース走

オクトーバーランもいよいよ大詰め。

目標の250kmは達成しているけれど、最後の打ち上げ(?)にトラックを使ったペース走をすることにした。

前回ここでトラックを50周(20k)したときは、キロ5分30秒のペースを設定していたのだけど、結果は10kを過ぎてからズルズルと遅れ出し、最後までペースを維持することができなかった。

今日はキロ5分20秒でやってみることにした。
レースを走るとしたら決して無理なタイムではないと思ったし、この1ヶ月でどれぐらい進歩したかを見るには、このぐらいのタイムを設定しないといけないと思ったので。

相模原麻溝公園の中にある陸上競技場は、とても立派に整備された競技場なのだけど、いつ行っても人がいない(笑)。
今日も最初から最後まで貸切りだった。

さて、400mトラックに換算すると1周2分08秒のペースになる。
前の晩から「2分08秒、2分08秒」と暗号のようにつぶやいて頭の中にタイムをセット。

走り始めはちょっと遅かったけれど、3周めから設定タイムに乗ることができた。
ラップタイムはこんな感じ。

1 2:17
2 2:14
3 2:09
4 2:08
5 2:08
6 2:07
7 2:08
8 2:07
9 2:07
10 2:07
11 2:08
12 2:10 ←ちょっと胸が苦しくなる。
13 2:07
14 2:08
15 2:07
16 2:07
17 2:09
18 2:07
19 2:08
20 2:08
21 2:07
22 2:07
23 2:08
24 2:08
25 2:19 ←給水、ゼリー補給 (10k53分51秒)
26 2:07
27 2:08 ←水を飲んでからお腹が苦しくなる。
28 2:08
29 2:08
30 2:08
31 2:09
32 2:09
33 2:08
34 2:09
35 2:07 ←ようやく復活。
36 2:07
37 2:07
38 2:07
39 2:07
40 2:06
41 2:08
42 2:09 ←ちょっと脱水気味かな?と思う。
43 2:10
44 2:15 ←給水
45 2:08
46 2:07
47 2:10 ←脚が急に重くなる。
48 2:07 ←残り3周になって最後の踏ん張り。
49 2:06
50 2:03 (20k 1時間47分20秒 Ave.5分22秒/km)

どうにか最後まで大崩れすることなくまとめることができて、やったーてな気分だった。どうやら、1ヶ月間やってきたことは無駄ではなかったみたい。
タイムにも現れているけれど、途中で何度も楽な展開と苦しい展開が交互に出てきた。
苦しくなってもひたすらガマンすればまたいつか楽になる時が来るということを、レースのときに思い出そう。

今回、給水は止まらずに摂る方法を考えた。
ペットボトルをコース脇に置いておいて、それを拾って走りながら飲み、またポイッとコース脇に放っておく。拾うときにちょっとロスするけれど、前回は立ち止まって給水した後に完全にリズムが狂ってしまったので、今回の方法はよかったと思う。(他に人がいないからできることかもしれないけど)

トラック50周というのは、確かに走る前は気が重いけれど、やってみると思ったより簡単にできてしまうものだし、精神修行になるほど辛いものでもなかった。
あまり周回数をチェックしないのがコツかな。
逆にラスト10周になると周回数を意識しだすので、走りに集中できなくなってしまう。

路面の凹凸もないし、車も自転車も走っていないし、これだけ安全に走りに集中することができるのはトラックならではだと思う。
頭を空っぽにして走るのは本当に気持ちがいい。

50周走り切って、念入りにストレッチをして、シャワーを浴びて帰宅した。
これで利用料200円なんて安いなぁ。駐車場も無料だし。

この競技場に興味のある方はこちらをどうぞ。

|

« これからの予定 | Main | 「1回休み」の11月 »