« October 2009 | Main | December 2009 »

November 27, 2009

トラックペース走ハーフの巻

この秋はフルマラソンを走らないことにしたので、その分ハーフのレースでタイムを出すことを意識してトレーニングをしてきた。

どんな練習をしたらハーフが速く走れるようになるのか、いろいろと模索した末にたどり着いたのが、トラックを使っての20kペース走だった。

1回目は9月28日。ペースはトラック1周2分12秒に設定した結果(キロ5分30秒ペース)、10k過ぎから早くも落ち始め、後半はキロあたり10秒ほど失速してしまった。

2回目は10月30日。気温が23度と暑い日だった。ペースは前回よりも4秒上げて1周2分08秒に設定(キロ5分20秒ペース)。この回は最後までペースを保って50周することができた。

そして3回目は11月20日に実施。気温は13度。前回よりも涼しいので、ペースは2分04秒にすることにした(キロ5分10秒ペース)。

この日もトラックを使っていたのは私だけ。
せっかくなので、20kではなくハーフの距離を走ってみることにする。トラック52と4分の3周だ。

1 2:08
2 2:08
3 2:06
4 2:07
5 2:07
6 2:07
7 2:07
8 2:05
9 2:03
10 2:03
11 2:03
12 2:03
13 2:03
14 2:05
15 2:03
16 2:02
17 2:04
18 2:03
19 2:05  ←ラップボタン押し遅れ
20 2:01
21 2:06
22 2:04
23 2:03
24 2:03
25 2:04 (10k52分05秒)
26 2:04
27 2:04
28 2:03
29 2:05
30 2:05
31 2:21  ←給水・ゼリー補給
32 2:05
33 2:04
34 2:06
35 2:05
36 2:05
37 2:05
38 2:03
39 2:04
40 2:05
41 2:06
42 2:03
43 2:05
44 2:05
45 2:07
46 2:08
47 2:10 ←脚ががくんと重くなる。
48 2:19  ←給水
49 2:10
50 2:10  (20k1時間45分04秒)
51 2:07
52 2:07
53 2:11  (ハーフ1時間51分30秒 Ave5分15秒/km)

わーなんてマニアックな練習(笑)。

このラップを見ると、最後に落ちているだけじゃなく、設定ペースに乗せるまでに3k近く走っていることがわかる。3k走ってやっとエンジンがかかってくる感じ。うすうすわかっていたけど、やっぱりスロースターターなんだ。
ということは、ハーフでもアップはしっかりやっておいた方がいいんだろうな。

後半は40周を過ぎたあたりから怪しくなってくる。

ラスト4~5kが頑張りどころだ。実際、脚も重くなって最後はタイムを上げることができなかった。

それでもハーフを止まらずに走りきれた満足感は大きかった。
実は、ラップ数は見ないようにして走っていたので、途中できちんとボタンが押せていなかった箇所が2回あった。それを見落としていたので、2周ほど多く走ってしまっていた。つまり55周してしまったというわけ。

最後に時計を確認したら、ハーフで1時間55分だったので軽くショックを受けていたのだけど、あとからじっくり検証したら1時間51分の間違いだとわかってちょっとひと安心。

とにかくトラックでペース走をやるときは、「周回数をチェックせずに、おおまかに2時間走るつもりで走る」ようにしている。
それから、途中でやめるという選択肢をきっぱりと捨てる。これでほとんど挫けずに最後まで走れるようになった。

さて、いよいよ2日後は横浜マラソンだ。

ここのハーフを走ったのは一昨年で、その前は10kに2回出たことがあったかな?
何しろ制限時間が1時間57分という厳しいレースなので(なぜハンパな57分?)、ここのハーフを走れるなんて昔の私は夢にも思っていなかった。

前回走ったときは、沢山の人が収容バスに乗せられていて、完走できただけで嬉しかったなぁ。

今回はベストを狙っていくつもり。PBは1時間49分15秒なのですが、目標は5分05秒ペースの1時間47分台。
自分の力は出し切ってこようと思います。

まーここまで石橋を叩いて練習しちゃったんだから、やるしかないよね。そして2ヵ月後の神奈川マラソンで1時間45分を切るのを目標に・・・

今の自分には、まだ手が届かない夢がひとつあるので、それを実現するために頑張ります。

| | Comments (4)

November 26, 2009

2009川崎国際多摩川マラソン

あーちょっと忙しくてバタバタしていたら、レースの報告がすっかり遅くなってしまった。

11月15日に行われた「2009川崎国際多摩川マラソン」の10kに参加してきました。
もうずいぶん日が経ってしまったので、備忘録的な記録として感想をいくつか。

会場は等々力陸上競技場。
南武線武蔵中原駅から徒歩で15分ほど。うちを出てから1時間以内で会場入りできるアクセスの良さだった。

ふつうの(観客席が芝生だったりする)トラックかな~と思って行ったら、とても立派な競技場だったのでびっくり。Photo
受付も更衣室の広さも申し分なし。
それもそのはず、運営はランナーズがやっているので、走る側は安心して参加できる。

ハーフはものすごい人数で(約4000人)、全てのランナーがスタートラインを通過するまでに5分ぐらいかかっていた。
10kは2200人ほど。それでも結構な人数だけど。

10kコースはトラックを4分の3周走ってから競技場の外へ出て、約1kで多摩沿線道路(公道)に出る。道路に上がるときに短いけれど急な坂あり。
約4kで河川敷へ下りる。2kぐらい未舗装が続く。けど、そんなに悪路ではないので大丈夫。

急な上り坂を上ってまた公道へ(2回鋭角に曲がる)。
ここから先はなだらかな下りになっている感じで、気持ちよく走れた。
折り返したらゴールはもうすぐ。
ラストの競技場ではビジョンにも写るし、まるで国立競技場を走っているような気分が味わえた。

給水所はコース上に3箇所あり、ゴール後にも用意されていた。
記録証の受け取りもスムーズ(私がゴールした地点では)。

こんな感じでまったくストレスなく参加できた大会だった。

で、走りの方はというと、前の週よりも約1分15秒縮めて48分24秒(グロス)だった(ネットは48分21秒)。
ラップタイムは1kごとにバラバラで、私の体感だと距離表示が合っていないような気が・・・(笑)。
だって、4分13秒とかありえないもの~。

前を走る女性をひとりずつ拾って、5~6人抜かしたかな?

この大会は珍しく女性も4つの年代別に分けられていて良かった。
高校生/35歳以下/36~49歳/50歳以上で、私は36~49歳部門の12位(262人中)だった。

あとからランネットで記録を見てみたら、このカテゴリーが一番速い。
35歳以下になると、私でも4位。50歳以上は50分が切れると優勝でした。
8位までが入賞なので、比較的狙いやすい大会じゃないかな?
私の年代で入賞するのは至難の業だけど・・・。

参加賞はお決まりのこんなTシャツ(笑)。 T_3

来年も出てもいいな~と思える大会でした。

(この大会になぜ「国際」がつくのかというツッコミはナシで(笑))

| | Comments (0)

November 14, 2009

10万突破と「初フル」の記録

ふと、アクセス解析を見て気がつきました。

なんと、10万アクセスを突破していました!
たぶん、昨日か一昨日だったようです。

うわ~10万かぁ~。

このブログを始めたのが2006年5月なので、もう3年半が経っているのですが、記事のアップも少ないこのブログを日々見に来てくださる方がいるというのは、ただただ嬉しい限りです。本当にありがとうございます。

**

実はこのブログを始める前に、他の日記サイトでランニングの記録をつけていた。
その頃の日記を読むと、ほとんどが故障の記録。(笑)
あっちが痛い、こっちが痛いのオンパレードだったと思う。

走り始めてから6年目ぐらいまでは、ちょっと走り過ぎるとすぐにどこかが痛くなってしまい、ランニング=故障の歴史みたいな感じだった。
いっぱい走りたいけれど、走り過ぎると故障してしまうと思って、いつもおっかなびっくり走っていたと思う。(特に膝痛とは長いお付き合いだった)

今でもきっと調子に乗って走れば故障すると思うけど、なぜかここ1~2年ぐらいはまったく故障することがなくなった。
もちろん、ちっちゃなトラブルはある。
左足が足底筋膜炎だし、日常生活で腰痛になることもあるし。

でも走れないほどの故障がない。
これは本当にありがたいことだなー。
最後に故障したのは、一昨年の6月頃。左腿の軽い肉離れだった。それを鍼で治してもらい、その後気になることがあると鍼に行くようになってからかな?故障をしなくなったのは。

もともと痛みには鈍感な方なので、少々の痛みには動じないのだが、これも案外長く走る秘訣かなと思っている。

昔はちょっとでも痛いと大騒ぎしたものだけど、最近の秘策は「忘れる」こと(笑)。これで大抵何とかなるものです。(私の場合です)

で、このブログに移行する前の記録は、実はココにあります。

2002年3月から2006年5月まで。
私の初フルは2002年12月のホノルルなのだけど、この日記を読むと走り始めたのは2001年の11月からになっている。

ということは・・・1年勘違いしていたけど、もうかれこれ8年前になるということなのか!
ちょうど11月だから、これからは9年目に突入なのね。わーびっくり。

9年目にしてまだこの程度しか走れないのかと思うと、ちょっとがっくりくるけど・・・長く続けるのが一番大事なんだからと自分を納得させよう。

そして初フルの記録はなぜかこの日記じゃないところにアップしたのだけど、さすがにそれは見当たらないなぁ。

そこで自分のPCのファイルを漁ってみた。
あ、あった!

そこで、息子の協力を得て若干編集し、サイトにアップすることに成功しました。

題して「2002年ホノルルマラソン参戦記」。

今読み返すと、こっぱずかしい文章なんですが、初フルを走ったときの感激や辛かった気持ちが蘇ります。

ちょっと長い文章なんですが、10万アクセス突破の記念に(?)もしよかったら読んでやって下さい。

これからも「みなみ風」をよろしくお願いします!

| | Comments (17)

November 13, 2009

寒い!

寒いですね~。

冷たい雨が降っていると、いかにも冬って感じがする。
この暗くて寒い冬は、イギリスのイメージ。
私はイギリスに6年間住んでいたのだけど、冬はとにかく暗かった。家に暖炉でもないと、やってられんな~って感じ。
暖炉と言っても暖炉型ガスストーブだったんですが、それをつけてぬくぬくと暖まるとちょっとだけ幸せな気持ちになったものです。

こんな寒い日に外に出るのは、ちょっと、いやかなり勇気がいるんだよね。
走ろうかやめようか、ここのところ毎日1時間ぐらい葛藤している気がする。
そんな暇があったらさっさと外に行けよーって感じだけど、家事をやりながら「どうしようかな~」って悶々としてばかり。

でも次の日の天気予報が雨だったりすると、じゃ明日休めばいいかと思って走りに出る。
で、次の日の予報が外れて曇り。翌日の天気予報は雨。なんてことになると、またまた葛藤が始まるわけで・・・(今日がこのパターン)。

なんだかんだで、今週は天気予報にだまされ続けて結構走ってしまった。
走れば絶対に満足できるし、走らなければよかったと思うことはないんだけど、外に出るまでが億劫というこの気持ち、何とかならないものかな。

毎日走っている人は、たとえ朝6時がまだ暗くて、冷たい雨が降っていても躊躇なく外に出られる人もいるというのにね。ホント尊敬します、心から。

それでも今度の日曜日は晴れらしい。
相変わらず、レースの晴天率が高いな~。自称晴れ女というのはゴーマンですが、本当にそうなんです。
雨のレースもなくはないけれど、、、第1回東京マラソンとか。
スタートからゴールまでずっと降られたレースと言うのはないんじゃないかな。

というわけで、日曜日は多摩川のレースです。
このレース、前から「国際」って付いてたっけ?(笑)

たぶん誰も知り合いに会わないと思うので、さっと行って10k走ってすぐに帰って来るつもり。
貴重な休日だから、午後は有効に使わないとね!

| | Comments (0)

November 08, 2009

誰でも参加できる秋季ランニング大会

今日は湘南でマンモス大会が華々しく開催されている一方で、多摩川ではひっそりと(?)ローカルなマラソン大会が開かれていました。

その名も「誰でも参加できる秋季ランニング大会」。

これは毎月第2日曜日に開かれている月例多摩川の秋季大会で、侮るなかれ47回の歴史を誇る「公認レース」なのです(10kのみ)。
私は10kの公認記録が欲しかったので、この大会に出てみることにしました。

最寄り駅は南武線の矢川。家からだと約1時間で到着するので、アクセスもまぁまぁ。駅から会場までは徒歩で15分ぐらいだった。

首都圏で開催されるレースは今やどこも混雑は当たり前なのだけど、今日の参加者は全種目(小学生2k、一般5k、10k)を合わせても450名ほど。
最近混雑している各地の月例よりもこぢんまりとしていたけど、スタッフの皆さんは親切だし、計測も(手動だけど)きちんとやってくれるし、とてもよかったと思う。

さてレースの方は、草ぼーぼーのトラックを2周半してから土手に駆け上がり、多摩川のサイクリングロードを関戸橋に向かって走る。
このトラックは曲者だった。一応「トラック」にはなっているけど、実際には「原っぱ」。土が柔らかい上に、足首が埋まるほど草が生えているのでなかなか前に進まず、もがきながら走ってやっとコースへ。

今日は暑いかなと思ったけど、半袖短パンでちょうどいい感じ。
コースは狭いけれど、人数も少ないのであまり気にならない。
前を走る女性ランナーにひとりずつ追いついて頑張って抜かす。序盤はそれを4~5人繰り返した。調子は悪くなかったけれど、ラップタイムが分からないのでペースが掴めず、やや慎重になってしまったかも。

5k地点で時計を見たら24分24秒だった。むむ、やっぱり最初のトラックで意外と時間がかかっていたか?

関戸橋で折り返して復路に入った。
目標は遠くに見える橋なのだけど、あまりにも遠くにありすぎて目標にしたくない感じ(笑)。
すれ違うランナーを見たり、前から勢いよく走ってくるロードバイクを避けながら、スピードが落ちないようにひたすら辛抱の走りに徹した。
前を走る女性ランナーもいなくなってしまい、気持ちが切れそうになるけれど、湘南で頑張っている友達のことを考えたりしながらゴールを目指すのみ。

ようやく中央高速の下をくぐって、ラストはあのトラックを1周と100m。
足はヨロヨロだし、ふかふかの土の上に足を取られてさっぱり前に進まない!
時計を見たら何とか50分は切れそうだったので、必死でもがきながらゴールに飛び込んだ。

タイムは49分15秒。
なんとか公認記録で50分切りができたよ~。よかったー。

ラスト1kは4分53秒ぐらいだった。
女子95人中13位。うんうん、これなら満足。

ちょっと走りにくいところもあるけれど、その名の通り誰でも気軽に参加できる大会だなと思った。
一緒に走ったTさんは、最後尾からスタートしてもロスタイムは6秒だったらしい(笑)

今季初レースとしては満足の行くものになりました。
来週はまたまた10kレース!
実は一週日程を間違えて申し込んでしまったのですが・・・(汗)。
次はもっと下流の多摩川です。こちらも初めての大会なので楽しみです。

| | Comments (2)

November 02, 2009

「1回休み」の11月

10月が終わり、11月がやってきた。

今、外に出たらいきなり寒くてびっくり!!激寒!!
車の寒暖計は9度という表示。でも身を切るような風が吹いていたから、体感は5度ぐらい?
とにかく外ではじっとしていられない寒さ。暖かい日が続いていたから、いきなりこれは堪えるなー。

10月は11日も走らない日があったわりに、距離は292kと結構がんばった。
20k以上を7回走ったのも新記録だと思う。
ブログの更新は4回(^_^;)
こちらはもう少しマメに更新しないとね・・・。

これから寒くなると走るのが億劫になる。
着替えるのも寒いし、タイツを穿いたりウインドブレーカーを着たり支度に時間もかかるし、洗濯物の量も倍増。重ね着すると走りにくいしね。

それでも、風のない晩秋の曇り空の日に走ると心が穏やかになれるし、人のいない多摩丘陵では見事な紅葉をひとり占めできる。そう思うとちょっと嬉しくなる。

去年まで、フルマラソンのレース日を中心にして、この日はロング、この日はレストなどとあれこれ考えてばかりいたのだけど、当分フルに出ないので自由に走れるのがとても楽だ。そして楽しい。
もしかして、こんな風にいつも好きなように走って、レースもその延長で走ればいいのかな?
今まで自分は教科書通りにやろうと真面目に考えすぎていたのかも。

ランニング雑誌を買うと、どのページを開いてもレースをうまく走る方法や練習法ばかりが書いてある。それを実践するのも楽しいけれど、自分のMAXの力+15分ぐらいの余裕を持ったレースの楽しみ方もありなんじゃないかな~。
そうすると、頑張ってないって思われちゃうのかもしれないし、「楽しく走れました」みたいなことを書くと、負け惜しみと取られてしまうのかもしれないけど。

去年の湘南ではかろうじてサブ4ができたけど、レースは辛いことばかりで全然楽しめなかった。
その次のかすみがうらは4時間を切れなかったけど、自分の中ではイーブンで走れたベストレースだった。
この二つは本当に対照的なレースだったんだけど、私の中ではかすみがうらの方が断然楽しくて充実した気持ちになれたレースだった。

だから、ちょっと余裕を持ってサブ4できれば言うことないんだよね。
やっぱり私の目指すところはイーブンで走ってサブ4。できれば5分ぐらいの貯金を作って。

今はいろんな人のレースの報告を楽しみにしながら、自分の気持ちを温めているところ。
長く走ることを続けるには、「1回休み」も必要だよね。

11月も楽しく走ろう。

| | Comments (12)

« October 2009 | Main | December 2009 »