« トラックペース走ハーフの巻 | Main | ただいま小休止 »

December 03, 2009

第29回横浜マラソン

11月29日、「第29回横浜マラソン」に参加してきました。

この秋の練習の成果を試すターゲットのレースに横浜マラソンを選んだ。その理由は、道幅が広くほぼ平坦なタイムの出やすいコースであること、ハーフの制限時間が117分と厳しいため、極端にペースの遅い人がいないこと、陸連登録者は一番前のブロックからスタートできることなどなど。
ちょっと前なら怖気づくような条件のレースなのに、今年の私はちょっと強気である。

会場にはスタート1時間半前に到着。みなとみらい線の元町・中華街駅を出ると、いきなりこんな門がお出迎え。Photo

前日までは気温が高かったが、この日はラッキーなことに最高気温が12度と冷え込んだ。ただ、走るのにはいいけれど、じっとしていると身体が冷えるので、軽くアップをして荷物を預けた後は、マックの店内でちょっと暖を取ったりしてスタートを待つ。

実は前日までちょっと緊張していたのに、当日の朝になったらなぜかとても眠い。眠くて眠くて、行きの電車の中でも座ったとたんに爆睡してしまう始末。当然身体もだるくて、内心これは参ったなと思いながら緊張もせずにスタートラインに並んでしまった。

だけど、後から考えるとこれは良かったんじゃないかと思う。気合が入り過ぎて突っ込みすぎることもなく、最初から淡々としたペースで走ることができた。
前から3列目ぐらいからスタートしたので、最初はどんどん抜かれたけれど、1kのラップは4分59秒。

今回は5分05秒で刻んで、1時間47分台前半を目標にしていたので、ほぼ予定通り。呼吸が楽な感じで5分ちょうどなら、行けるところまでこのペースで押してみることにした。

5kは25分16秒で通過。
6kに給水所があった。実は、横浜マラソンは給水が鬼門で、6kの次は16kまで給水所がない。このことを知らずに6kの給水をパスすると、エライことになってしまう。
なので、まだ喉は渇いていなかったけれど、ここでしっかりと給水しておいた。

さて、横浜マラソンはスタートが山下公園前なのでとても華やかなのだけれど、1kもしないうちに風景はとても殺風景になってしまう。
コースはほとんど工場地帯の中なので、応援してくれるのはボランティアの人たちぐらいだ。

ただ、その分走りには集中できた。
この日は1kごとの距離表示看板が向こうからどんどんやってくるという感じで、あっという間に10kを通過。時計は50分19秒。

もうひとつ気をつけなければいけないのが、道路上にある突起。センターラインが引いてあるとついその上を走りたくなってしまうのだけど、時々反射鏡の付いた突起があるので危険なのだ。なので、なるべく白線の上は走らないように注意した。

キロ5分ペースで10k以上走るのは初めてなので、どの辺で疲れてくるかな?とびくびくしていたのだけど、案の定14kで初めて5分10秒をオーバーしてしまい、ここから少しペースが乱れてしまった。

16kの給水所でパワージェルと水をしっかり飲み干す。
コップが足りなくなっていたらどうしようと思ったけれど、十分に給水は確保されていた(ただし水のみだったと思う)。

残りは5k。
まだまだ気持ちは切れていなかった。ちょっと脚はきつくなってきたけど、「キープキープ」と心の中でつぶやきながら、前を走る女性の背中を追いかける。
普段はあまり後半で女性に抜かれることはないのだけど、今回はここから2人に抜かれてしまった。私も4~5人の女性を追い抜く。

ラスト3kあたりでほぼ目標タイムで走れていることを確認し、ラスト1kは残っている力を全て出し切って走った。
大勢の観客が待つ山下埠頭へ右折した後は、すぐにゴールゲートが見えると思ったのに、こんなに遠かったかな?と思うほどゲートが先にある。47分切れるか切れないかの瀬戸際になってしまい、焦ったけれど、何とかギリギリ46分台で入ることができた。

わーやったやった。
ベストタイムを3分近く縮めたなーと思ったら、後から冷静に計算したら2分ちょっとだったのだけど、それでもグロスの1時間46分台はすごく嬉しかった。

ゴールした後はすぐに止まると足が攣りそうだったので、ゆっくりと走りながら移動。まだ元気余ってるなぁ。。でも走っているときは精一杯だったんだよね。
手が冷たかったので、近くにいた男性ランナーさんに頼んでアミノバリューのキャップを開けてもらった。空は雨が落ちてきそうな曇りだったけれど、心は安堵と嬉しさで晴れ晴れとした気持ちだった。

ラップタイム(ボタンを押すタイミングで1~3秒の誤差あり)

1  4:59
2  5:01
3  5:08
4  5:01
5  5:06 (25:16)
6  5:02 給水
7  4:59
8  4:55
9  5:00
10 5:05 (50:19)
11 5:01
12 5:10
13 5:03
14 5:13
15 5:07 (1:15:54)
16 5:17 給水、パワージェル
17 4:55
18 5:13
19 5:35 「あと2k」表示でラップ(+98m)
20 5:03
21 4:54 (1:46:53)

正式タイム 1時間46分51秒(ネットは50秒)

どうにか念願の105分が見えてきた気がするので、2月までは引き続きハーフに照準を当てて行くつもりです。次は1月のフロストバイト。105分は2月の神奈川マラソンで狙いたいなー。

|

« トラックペース走ハーフの巻 | Main | ただいま小休止 »

Comments

うわーい、見事なイーブンペース。みなみさんはスタミナがあるよね。

105分が次のターゲットの的なのだな。
私もわくわくだよ。
このまま強気でGO!!

Posted by: 京丸 | December 03, 2009 at 13:08

順調順調。
いい感じできているから、あとは、故障せずに、自分を高めていくようにして、目標に向かおう♪
みなみちゃんなら、絶対できる!

Posted by: とだひ | December 03, 2009 at 17:06

最後まで一定のペースですね~~happy01
理想的shine
晴れ晴れとした気持ちで終われるのが一番ですよね。

最後に抜いた人の中にリサ・ステッグマイヤーさんがいた?
みなみさんのちょっとあとにゴールしたみたいなのデスよ~。

Posted by: むみ | December 03, 2009 at 17:35

すごいですねー。トラックペース走の効果も、しっかり表れていますねー。
やればそれなりに効果ありというのは、励みになりますね。
神奈川マラソンも、楽しみになりますね。

Posted by: 海実子(みみこ) | December 03, 2009 at 22:29

いや~なんだかカッコイイです!文章からも、当日いかに集中していい走りができたか伝わってきますよ~

もちろん以前から努力されていますけど、最近のみなみさんは正真正銘の「ランナー」というか、アスリート!という感じがします。

私も神奈川マラソン、がんばります☆1時間50分切りたいな~なんて、こんなところで地味に宣言してみたりして。。真面目にハーフ走るのは2年ぶりくらいなんです。

Posted by: nanalotta | December 04, 2009 at 10:43

>京丸さん

自分ではスタミナがあるとは思ってないんだけどねー。
終わったあとはぐったりだし・・・
一旦ちょっと休んでから、次の目標に向かってがんばるよ~。

>むみさん

えっ、リサさんがいたんですか?!
結果を見に行ったら、どうやら私の前の女性がリサさんだったみたいですよ。
ということは、あの背中がそうだったのかな~。
気がつかなくて惜しいことをしました!

Posted by: みなみ | December 05, 2009 at 16:32

>海実子さん

どこまでやればタイムが出るのか、練習方法がわかってきたのが一番の収穫でした。
でもここまでやれば、普通は出るよねって感じです(汗)
今は反動でだら~っとしています。やっぱり気が抜ける時間も必要ですね。

>nanalottaさん

いやー私なんて全然ですよ。
アスリートなんてとんでもないです。
なんちゃって・・・とも言えないくらい。

神奈川は頑張りましょう!
今年の2月ほど人が多くなければいいのですが。
50分切り、行けますよ~~。

Posted by: みなみ | December 05, 2009 at 16:36

>とだひさん

飛ばしちゃって失礼しました(汗)
ちゃんと読んでるよ~(^-^;

故障しないのが一番大事とわかっていたのに、今ちょっと違和感アリです。
しばらくは大人しくして様子を見るね。
はだの、エントリーしなくて正解でした。

Posted by: みなみ | December 05, 2009 at 18:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« トラックペース走ハーフの巻 | Main | ただいま小休止 »