« 第29回横浜マラソン | Main | 尾根緑道30k »

December 05, 2009

ただいま小休止

やっぱりレースに向けて気持ちも身体もグーーッと上げていくと、その後は一気に緩みますなぁ。

レースの後にゆっくりと音楽を聴きながらジョグするのは、言うなればご褒美みたいなものなので、あれからタイムを気にせずゆるゆると走っております。
そうしたら、速く走ってもいないのになぜか左足に違和感が勃発!

ちょうど筋肉痛がある時に階段を下りると前腿が痛いのと同じ感じ。
気がついたのが木曜日なので、まさか日曜日のレースの筋肉痛ではないだろうし。。

そんなわけで、数日様子を見るために走るのはお休み~。

12月はフルを走る脚を作ろうと思って、オーバー30kの走り込みを考えていたのだけど、考えてみればフルを走るのは多分4月のかすみがうらだし、2月の青梅に向けて1月から走り込めばいいかな?って。

まぁ、もし時間があって脚も無事治ったらやってみてもいいけど。無理はしないようにしよう。

で、ちょっと文化的な活動にいそしもうと思い、遅ればせながら映画「風が強く吹いている」を観てきた。

私は舞台の方も見ているので(舞台の感想はこちら)、本・舞台・映画の「風強」3部作を制覇したことになる。あ、あとマンガもあるんだよね。

舞台の配役があまりにもハマっていたので、映画の方に馴染めるかちょっとだけ心配だったのだけど、それは杞憂だった。
どうしてあんなにイメージにぴったりな人たちを集められるんだろう~。

特にハイジは舞台の黄川田将也くんとはまったくタイプの異なる小出恵介さんが演じていたが、どちらのタイプも捨てがたく、二通りのハイジに出会ったような気がする。黄川田くんのハイジは真面目で一本気な性格、小出くんのハイジはおおらかで、人をほっとさせる笑顔が魅力だった。

それにしても、役者さんたちの走っている姿の美しさといったら言葉を失ってしまうほど。別に陸上が得意な人たちを集めたわけでもないだろうに、全員が本当のランナーのように走っているのが圧巻だ。おそらく、かなりのトレーニングを積んでからの撮影になったのではないかと思う。

映画の方は実写だけにスケールも大きくて、小説の世界をそのまま再現したような映像の世界が楽しめた。私は作者・三浦しをんのファンなので、映画の出来が良くて本当に嬉しかった。

舞台の方も人物像が丁寧に描かれているので、できればこちらももっと多くの人に楽しんでもらえるといいな。

夏にWOWWOWで放送があったそうなのだけど、残念ながら見逃してしまった。舞台の方はDVDが出ているようです。(DVD情報はこちら

映画の方も、DVDが出たら買っちゃうかな。うーん、舞台の方と両方欲しい。

|

« 第29回横浜マラソン | Main | 尾根緑道30k »

Comments

やっぱりこれは、コメントを書かないといけませんな。
私は舞台を観にいけなかったので、映画はすぐに!飛びつきました。
原作を読んでから時間も経っていたので、むしろ新鮮な感じで溶け込めたような気がします。
やっぱりハイジが良かった♪
あっちにも書きましたが、声が良かった。
そして、皆に向けるまなざしがとても良かった。
カケルは、原作で持った印象より、子供っぽい(いえ、少年っぽい)感じを受けましたが、それはそれで良かったように思います。

私、珍しく映画館で映画を観ましたが、更に珍しくパンフレットも買いました(笑)
役者さんたち、合宿組んでトレーニング、1000km以上走りこんだらしいですよ。良く故障しなかったですね。

今、原作を読み直しているところです。
持ち歩きが重いので、文庫本を買いました(笑)。
投資しているなー。

Posted by: 海実子(みみこ) | December 05, 2009 at 23:13

>海実子さん

「風強」仲間の海実子さん、いらっしゃいませ♪♪
映画は息子と一緒に観たのですが、やはり実写は臨場感があってよかった!と大満足のようでした。
パンフレットは買わなかったのですが、後から買えばよかったな~って大後悔。今ならまだ劇場に売っているかな?
投資ついでに舞台のDVDなぞいかがでしょう(笑)
こちらのパンフレットは買ってあるので、機会があったらお見せしますね。
来年の箱根駅伝を前に、もう一度原作を読むのも良さそうですね!

Posted by: みなみ | December 06, 2009 at 00:32

ああ~、この記事を読んだらもうすぐお正月がやってくるんだとしみじみ.

今年は箱根の前に「風強」を読み直してみます.みなみさんの話を聞いていると映画もすんごく観てみたくなったなー.だけど、私のことだからきっとばたばたしているうちに逃しちゃいそうです。テレビで放映されるといいなー。

Posted by: 京丸 | December 06, 2009 at 11:47

あっ,足の痛みはその後どう?

Posted by: 京丸 | December 06, 2009 at 11:50

>京丸さん

おかげさまで、階段を下りても痛みがなくなったので大丈夫そうよ♪
ご心配おかけしました。

箱根駅伝といえば、やっぱりお正月、そしてサッポロビールでしょうかね~(笑)
そういえば、映画の中で寮の住人たちは酒盛りのとき必ずサッポロビールを飲んでいたんだけど、貧乏学生はサッポロビールは飲めないよね~。第3のビールとかチューハイじゃない?(^_^;)
しかしサッポロビールがスポンサーみたいなので、その辺は大人の事情ということで目をつぶるとするか(笑)
テレビ放送が待ち遠しいよね!

Posted by: みなみ | December 06, 2009 at 17:29

まだ見ていないんですよ~
でも、本を通勤のバスの中で読んでいて涙を堪えるのが大変だったので(^_^; 映像になるとかなりヤバイかな(^_^;;;

「風強」の映画のPRサイトで監督とハイジ、カケル、そして彼らを含む役者さんのトレーニングを指導した関東学連OBの対談ビデオがアップされています。興味深く聞けました。

アオタケの祖師谷から「原っぱ」砧公園、多摩川へというランにいらっしゃいませんか? カケルとハイジの出会いの追走の道は現実にたどれます。

Posted by: オーリンゲン | December 06, 2009 at 23:45

>オーリンゲンさん

映像、かなりヤバイと思いますよ。私も一箇所、どうしてもこらえきれずに涙腺が決壊しました。
みなさん、やっぱりかなりの指導を受けての撮影だったのですね。HP見に行ってみます!

映画の方でも本と同じ所で撮影したんでしょうか。
砧公園でもロケがあったんですか?!
ぜひ現実に辿ってみたいので、機会があったらぜひ案内してください(^^)

Posted by: みなみ | December 07, 2009 at 16:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第29回横浜マラソン | Main | 尾根緑道30k »