January 06, 2011

浮上なるか

今日、すごく久しぶりに12kという距離を走りました。

10kはちらほら走っていたような気がするのだけど、ひとりでそれ以上距離を伸ばしたのはものすごく久しぶりだな…と思って、SportsDiaryの記録を見てみたら、なんと去年の4月のかすみがうらフル以来でした。

私はあのフルで燃え尽きた…というか、あれがぎりぎりの頑張りで、終わった途端に長いトンネルに潜り込んでしまったことに、今さらながらに気がついたのでした。

でも、3ヶ月間地下で生活していたチリの炭鉱員が地上に引き上げられたみたいに、私も今地上と連絡がついたような、そんな気持ちです。

本当にね、どうして10k以上走れないのか自分でもわからなかった。
10kという距離がとてつもなく退屈に感じたし、毎回3k走ったところで気持ちが切れて、すぐに引き返してしまうという繰り返しでした。

今日は別に気合を入れていたわけでもないし、最初は7kぐらいでいいか、って思っていたからどうして12k走れたのかわからないのだけど。
ちょっとしたきっかけも重なって、冷たい空気と青い空とか、たくさんの水鳥たちとか、時間の余裕とか、そいう言うものも大きかったようです。

でも、本当にもしかしたら今日は浮上のきっかけがつかめたかもしれない。
走っていて楽しいなと感じられたのが嬉しかった。
そして、普通に15kとか走っていた自分のことも思い出しました。

ちょうどお正月で緩んだ身体を絞りたいと思っていたので、じわじわ距離を伸ばしていこうかなと思います。
うまくいくといいな。

| | Comments (418)

January 04, 2011

12分の1の始まり

三が日が終わって、また日常が始まった。
この年になるとお正月はしんどいばかりで、あまり楽しみなこともなく、終わるといつもほっとする。
さーて、また1年頑張るぞ~。

昨日今日と10kずつ走って、今月はもう27Kも走っちゃった~(笑)
最近すごくムラがあるから、この先はわからないんだけど、今月もまずは目標100k。

それにしても、10k走るのがこんなにキツイとは。
足は大丈夫なんだけど、呼吸がきつい。もっとゆっくり走ればいいけど、スピードを緩めてもキツさは同じ。
まずは10kを難なく走れる身体に戻したいなぁ。

1年の初めはやっぱり頑張ろうという気持ちになるのがいい。
でも、ランナーはだいたい1ヶ月ごとの走行距離を目安にしているから、12回リセットのチャンスがあるんだよね。
だから、ダメだな~と思う月があっても、また来月頑張ればいいのです。

という、ゆるい言い訳を用意しておいて、と(笑)。

さて、明日は仕事始め。また時間をやりくりして、細切れに走ることにします。

| | Comments (94)

April 07, 2010

恩田川の桜

暖かい春風が戻ってきたので、散りかけた桜を見に恩田川に行ってみた。

Photo_2

うちからたった3k走ったところに恩田川の桜の名所があるのに、3年前に友達に教えてもらうまで、全然知らなかったんだよね~。
去年は桜の見頃に来れなかったので、ここを訪れるのは2年ぶり。

境川よりももっと川幅の狭い恩田川に、両側から覆いかぶさるように桜の枝が伸びている。

Photo_3

桜はちょうど盛りを過ぎた頃で、花びらがはらはらと降ってくる。
花も桜吹雪も楽しめて、本当にきれい。

ここは走って通り過ぎるのはもったいないので、ゆっくりと写真を撮りながらお散歩。ちょっと曇っているけれど、きれいな写真が撮れたかな?

Photo_6

Photo_4

川面に白い島? ではなく、これは桜の花びら。まるで絵みたい。

Photo_5

白い花と新緑の葉のコントラストが美しいこの桜は、大島桜。
私は自分の家に植えるなら、ソメイヨシノより大島桜がいいな。

帰りはJR成瀬駅から坂道を上って境川へ。
エグイ坂道があってキツかった~!

ぐるっと1周走って、約12k。
桜の季節限定の、スペシャルランコースなのでした。

| | Comments (4)

April 04, 2010

お花見ロングラン

桜が満開になった!

昨日と一昨日の嵐で散っちゃうんじゃないかと心配していたけど、咲いてすぐの桜はけっこう根性があって全然大丈夫だった。
そして今週末は絶好のお花見ラン日和。

思ったほど気温は上がらなかったけど、花曇りの空の下、かすみがうら前最後のロングランに行って来た。

どっちを向いても満開の桜がいっぱい。

Photo

Photo_7

このピンクの花が咲く木、毎年名前を調べようと思ってつい忘れてしまい、結局分からずじまい。

しかし、お花見ランという浮かれた気分とはうらはらに、足取りが重い・・・。
前回の30kランから約2週間、その間は大して走っていないし、そんなに疲れていないはずなんだけどなぁ。
今日は風もないのに、なかなか前に進んでくれない感じ。

境川を10kぐらい走ってから、尾根緑道へ。
なんだか凄い人だなぁと思ったら、今週末は「さくら祭り」が開催されていた。

Photo_5

いつも満開になる時期と微妙にずれてしまうんだけど、今年はドンピシャだったのね。

しかしあまりの混雑で走れない。おまけに屋台からはいい匂いが・・・。

花見もそこそこに何とか尾根緑道を抜けて、ひたすら多摩美を目指す。

多摩美の近くでちょっと休憩。
この辺は人もいなくて、数本の桜を独り占め。

Photo_6

16号線まで出たところで、来た道を引き返す。
ここまでで大体20k。
上りが多かったから、すでにお尻が痛い~。

帰りは大混雑の尾根緑道はパスして、急な坂道を下って境川に出た。

30kを過ぎたあたりからもうヨロヨロ。

膝もちょっと痛いし、お尻の下が痛くてたまらん。
30k以上走るのなんて本当に久しぶり(てゆーか1年ぶり??)なので、すごく懐かしい痛みなんだけど、やっぱりフルマラソンの前に40kぐらい走っておかないとダメだよな~ということを痛感した。

でも35kで家に戻って来てしまったので、もうこれ以上走る根性はなし。

ペースは大体キロ6分なんだけど、最後はもう歩いたり止まったり。
あはは~これはかすみがうらが思いやられるなぁ。

まぁいいや。それもひっくるめて、フルマラソンを楽しめばいいよね。

もうこれでロングはおしまい。
あとはちょこちょこ走ったり、友達とチューリップ畑を見に行ったりして、ひたすら疲労を抜いてストレスを抜いて、睡眠をたっぷり取るのだ。

それにしても今日はちょっと寒かった。
今年はいつまでもウインドブレーカーが活躍している。
かすみがうらの当日にいきなり20度超えとかになっちゃうと、ちょっと困るなー。

あ! それからいろいろ買いたいものもあるんだった。

ソックスにびよーんと伸びるウエストポーチに・・・本当は本番用のウェアも欲しい。
レース前の買い物もお楽しみのひとつなんだよね。

そうやってわくわくと過ごしていこう。

| | Comments (4)

March 11, 2010

日が長くなった

やっと春の日差しが戻ってきた。
お日様が出るとほっとする~。西からは桜の便りも届き始めたし、明日は一段と暖かい一日になるみたい。
もう真冬は戻ってこないよね? でもそう思うとちょっと寂しかったりして‥。


明日は息子の卒業式です。高校の卒業式って、なんかしみじみ‥あっという間の3年間でした。

息子は校歌斉唱の伴奏をすることになっているので、練習に付き合って校歌を歌っているうちに、すっかり覚えてしまいました(笑)。

娘も試験休みに入って、あとは修了式を待つばかり。

ということは、朝が余裕。しばらくは朝ラン復活できるかな?

昨日は夕方にぽっかりと30分ほど時間ができたので、ちょっと迷ったけどエイヤで5キロだけ走った。
着替えたり洗濯を考えると、30分のジョグって効率悪いなって思うんだけど、しばらくは「30分あったら5キロ走れ!」というのをモットーにすることにしよう。
毎日5キロでも30日走れば150キロだもんね。

それにしても、いつの間にかずいぶん日が長くなった。6時でもまだ明るいねー。
日が長くなると、走れる時間帯が増えるからありがたいな。


今日はいいお天気に誘われて、久々に15キロ。ペースは遅いけど、脚の調子が良いのでもう少し頑張れそうだった。

あちこちの庭先で、ミモザが見事に咲いていた。カメラを持っていけばよかったな。

今月の走行距離はこれで60キロ。折り返しの15日までに100キロ越えを目標に頑張ろう。

| | Comments (6)

December 15, 2009

尾根緑道30k

12月ももう半ば。
気ぜわしい~と言いつつ、年末進行が何も進んでいないことにア然としますが・・・。せめて年賀状ぐらい買ってこなければ。

ここ2週間は走っても10kぐらいだったので、そろそろロングを走りに行かなくちゃと思っていた。
というのも、12月27日に実はフルを走ろうと思っているので、さすがに1回ぐらいは長いのを走っておいた方がいいんじゃない?という囁きが・・・。

フルといっても所沢で行われる周回コースなので、レースではなくファンランなんだけど。でも今のままではファンランできるのは20kまでで、その後は地獄ランになっちゃいそう。
カレンダーを見たら最後に30kを走ったのはなんと2ヶ月前だった。

ということで、今日しかないかもと思い、いつもの尾根緑道~多摩美往復コースを走ることに。
ゆっくり走るつもりだったので、グローブも薄手のものじゃなくフリースで。ネックウォーマーとウインドブレーカーで防寒対策を万全に。

6分10秒ぐらいのペースで7k弱で尾根緑道に到着。
落ち葉が道を埋め尽くしていて、まるで海みたい。カメラを持ってくればよかったな。

対向から体操着を着た高校生?が走ってきたなーと思ったら、ゼッケンに「早実」と書いてある。
早実といえば男子校だと思ったけど、しばらくしてから女子も走ってきた。
歩いている子に励ましの声援を送ったりしながら走るのは楽しかった。でもすごい人数だった上に、全然避けてくれないので走りにくかったけどね~。

ちょうど1時間半で多摩美術大学に到着しここで折り返し。いつの間にかキロ6分ペースになっていたみたい。
帰りの尾根緑道は誰もいなくなっちゃって、落ち葉を踏みしめる音を楽しみながら走った。

みんなでおしゃべりしながら走るロングも楽しいけれど、ひとりで音楽も聴かず、しんとした中を走るのも好きだ。
アップダウンが続くので、少し膝が痛くなったけれど、最後まで気持ちも脚も折れることなく何とか30kを完走できた。よかったよかった。走っていた時間はちょうど3時間。休憩が合計で15分ぐらい。ちょっと休みすぎかな?でもまぁ、久しぶりだからいいよね。

フルマラソンのためのトレーニングはもう少し先にするつもりだけど、とりあえずいつでも30kを走れる脚だけは準備しておきたいなぁ。

| | Comments (4)

October 31, 2009

20kmペース走

オクトーバーランもいよいよ大詰め。

目標の250kmは達成しているけれど、最後の打ち上げ(?)にトラックを使ったペース走をすることにした。

前回ここでトラックを50周(20k)したときは、キロ5分30秒のペースを設定していたのだけど、結果は10kを過ぎてからズルズルと遅れ出し、最後までペースを維持することができなかった。

今日はキロ5分20秒でやってみることにした。
レースを走るとしたら決して無理なタイムではないと思ったし、この1ヶ月でどれぐらい進歩したかを見るには、このぐらいのタイムを設定しないといけないと思ったので。

相模原麻溝公園の中にある陸上競技場は、とても立派に整備された競技場なのだけど、いつ行っても人がいない(笑)。
今日も最初から最後まで貸切りだった。

さて、400mトラックに換算すると1周2分08秒のペースになる。
前の晩から「2分08秒、2分08秒」と暗号のようにつぶやいて頭の中にタイムをセット。

走り始めはちょっと遅かったけれど、3周めから設定タイムに乗ることができた。
ラップタイムはこんな感じ。

1 2:17
2 2:14
3 2:09
4 2:08
5 2:08
6 2:07
7 2:08
8 2:07
9 2:07
10 2:07
11 2:08
12 2:10 ←ちょっと胸が苦しくなる。
13 2:07
14 2:08
15 2:07
16 2:07
17 2:09
18 2:07
19 2:08
20 2:08
21 2:07
22 2:07
23 2:08
24 2:08
25 2:19 ←給水、ゼリー補給 (10k53分51秒)
26 2:07
27 2:08 ←水を飲んでからお腹が苦しくなる。
28 2:08
29 2:08
30 2:08
31 2:09
32 2:09
33 2:08
34 2:09
35 2:07 ←ようやく復活。
36 2:07
37 2:07
38 2:07
39 2:07
40 2:06
41 2:08
42 2:09 ←ちょっと脱水気味かな?と思う。
43 2:10
44 2:15 ←給水
45 2:08
46 2:07
47 2:10 ←脚が急に重くなる。
48 2:07 ←残り3周になって最後の踏ん張り。
49 2:06
50 2:03 (20k 1時間47分20秒 Ave.5分22秒/km)

どうにか最後まで大崩れすることなくまとめることができて、やったーてな気分だった。どうやら、1ヶ月間やってきたことは無駄ではなかったみたい。
タイムにも現れているけれど、途中で何度も楽な展開と苦しい展開が交互に出てきた。
苦しくなってもひたすらガマンすればまたいつか楽になる時が来るということを、レースのときに思い出そう。

今回、給水は止まらずに摂る方法を考えた。
ペットボトルをコース脇に置いておいて、それを拾って走りながら飲み、またポイッとコース脇に放っておく。拾うときにちょっとロスするけれど、前回は立ち止まって給水した後に完全にリズムが狂ってしまったので、今回の方法はよかったと思う。(他に人がいないからできることかもしれないけど)

トラック50周というのは、確かに走る前は気が重いけれど、やってみると思ったより簡単にできてしまうものだし、精神修行になるほど辛いものでもなかった。
あまり周回数をチェックしないのがコツかな。
逆にラスト10周になると周回数を意識しだすので、走りに集中できなくなってしまう。

路面の凹凸もないし、車も自転車も走っていないし、これだけ安全に走りに集中することができるのはトラックならではだと思う。
頭を空っぽにして走るのは本当に気持ちがいい。

50周走り切って、念入りにストレッチをして、シャワーを浴びて帰宅した。
これで利用料200円なんて安いなぁ。駐車場も無料だし。

この競技場に興味のある方はこちらをどうぞ。

| | Comments (7)

March 06, 2009

菜の花

春に三日の晴れ間なし、というけれど、先週に引き続きあまり日差しに恵まれない一週間だった。

昨日は久しぶりに朝から日差しがあったので、のんびりと尾根緑道へロングラン。
入り口の菜の花がきれいに咲いていたので、わくわくしながら走っていくと、今年も見事な黄色いじゅうたんが迎えてくれた。Photo

坂の上から見下ろすと本当にきれい。

今月末にはこんな桜と菜の花の景色が楽しめる。

去年撮った写真 Photo_4

桜の開花予想は28日だったかな。
今年も早くなるみたい。

翌日の今日は、昨日の青空がどこへいっちゃったのかと思うほどの土砂降りになってしまった。

走るのは諦めてまたまたプールへ。

今日もクロールのワンポイントレッスンを受ける。
予約も要らないし、無料だからしばらくこれで練習させてもらおう。

それにしても、クロールは難しいな~。両手を頭の上で一旦合わせて、片方ずつかいて行くのだけど、息継ぎをすると見事に沈む。なんか基本に忠実にやってみると、全然泳げない。ということは、今までかなりめちゃくちゃに泳いでいたってことなんだろうな。

週1回ではなかなかうまくならないかもしれないけど、もうちょっと辛抱して練習してみるつもり・・・。

日曜日は立川で、久々の10キロレース。
あまりにも久しぶり過ぎてレースの走り方を忘れてしまったけど、とにかく頑張ってきまーす。

| | Comments (6)

January 24, 2009

尾根緑道30km

ちょっと寒さが緩んだ金曜日、今日は長く走ってみようと思ってリュックにあれこれ詰め込んで走りに出た。

30kmを目標に走るときは、単調な川沿いの往復は飽きるので、多摩丘陵の方へ脚を伸ばしてみる。

この日は尾根緑道の終点にある多摩美を目指して、ひたすら走った。
ちょうど片道15kmになるので、多摩美まで行ってしまえば嫌でも30km走ることになるのだ。

尾根緑道に来ると、いつもちょっとずつ季節が進んでいるのを発見することができる。
暮れに来たときはすっかり枯れたようになっていた木も、いつの間にか枝の節々が膨らんでいる。
紅梅がピンクの花をつけているのを見つけたときは、すっかり嬉しくなってしまった。Photo_2

菜の花もちらほらと咲き始めている。Photo_3

行きは上り基調なので、けっこうしんどい。
でもずっと上りという訳ではないし、ちょっと苦しくなったところで下りになったりするので、ちょうどいい負荷がかけられる。
青梅の練習にはうってつけかもしれない。
このコースを4月まで、ひと月に最低1回走ることが目標なのだ。

ここはとても道幅が広い上にならだかにカーブしているので、変化があって面白い。
何度走ってもどこを走っているのか、先がどうなっているのか、「あれっ?」と思うことが多い。Photo_4

10時半ごろに家を出たので、お昼を過ぎたらすっかりお腹が空いてしまった。
途中でザバスのピットインやパウンドケーキやキャラメルを摂ったりしたけれど、エネルギー切れ寸前。折り返してからは下りに助けられて何とか走る。

25kmを過ぎて境川に戻ってきた頃は、脚も疲れて気持ちも萎えてきてしまった。
仕方ないので、ここで音楽の力を借りる。

最近、なるべく音楽は聞かないで走るようにしていたのだけど、こういうときに聞く音楽は気分が一新されてかなり元気が出る。

町田のビルが見えてきた頃には、どんより曇っていた空もすっかり明るくなっていた。Photo_5

30kmは大変だけど、走り終えるとやった~という気持ちになる。
だけど、まだまだ楽には走れない。
途中で自分と向き合うのに疲れてしまったり、同じことを堂々巡りのように考えてしまったりして、一筋縄では終わらないのだ。
もちろん、あちこち痛くなって何度も止まってストレッチをしたり。

次に走るときはもうちょっと楽に走れるといいな。

風は冷たかったけど、気温が上がって身体には優しい一日だった。

| | Comments (5)

January 21, 2009

今日の出来事

毎日飽きもせずに(いやけっこう飽きているけど)境川を走っている。

同じようなことをやっていても、毎日ちょっとした出来事があったりする。今日は嬉しいことがふたつあった。

・息子にちぎられる

最近ジョギングを始めた高校生の息子と一緒に走ってみた。
行きの5kmはのんびり走って、帰りは好きなペースで走っていいよと言ったら、とたんに4分台で走られて、あっさりちぎられてしまった。

12月に走ったときは5km27分ぐらいだったのに、今日は23分台だって。

いいなー若いのはすぐに速くなって。
いつまでも勝てる気でいた私はちょっとショック。

でも運動とは無縁の高校生活を送っていた息子が、こうしてちょっと逞しくなったのは嬉しいな。
子供の成長を邪魔しているのは、親のブレーキだったりするんだよね。

次のレースではたぶん負けちゃうなー。

・青学の陸上部と遭遇

久しぶりに青学の陸上部が境川で練習していた。

同じ境川で練習しているだけじゃなく、こんなことがあったりしたので、箱根駅伝では母校よりも青学の方を応援していたくらいなのだ。

今日は10名ほどの学生が、バラバラに走っている。

橋の欄干にもたれている原監督を発見したので、ちょっとご挨拶(^_^;)。

お会いしたのは本当に久しぶりだったけれど、一応こちらのことも覚えていてくれたみたいで、気さくにお話してくれた。

箱根は4年生が頑張ってくれたこと、でもあんなもので満足していてはダメだし、まだまだこれからだ、と・・・そんな言葉を頂いたら、なんだかますます応援に力が入ってしまいそう。

そして、「こんな境川で走っていても、箱根には行けるんですよ」と、境川ランナーには嬉しい深いお言葉も。

その間も、学生たちは黙々と走っていた。

彼らが走っている姿は本当に美しい。
学内にトラックがないので、境川が練習コースと言うのはちょっと気の毒な気もしたけれど、こうして走る姿を間近で見ることができるのは嬉しい。

原監督も本当に素敵な方だ。

来年も青学が箱根に出場できますように。

| | Comments (6)

より以前の記事一覧